FC2ブログ

オーストラリア・ドワーフ・ヒドロコテリ

2010年03月09日 13:47

娘との会話     
100309-IMG_1816.jpg
モ「お、ええのん、持ってるやん。おむすびまん?」
娘「ちがうよ、カード!」

 ・
 ・
 ・

こんにちは、モンギーです。
アクアプラス1での購入水草を紹介します。
オーストラリア・ドワーフ・ヒドロコテリ
オーストラリア・ドワーフ・ヒドロコテリ


地を這う前景向きの水草です。
泉店長の話では、グロッソよりも簡単だと聞きました。
ではでは…ということで購入です。
ちょっとクローバーっぽい葉が可愛いです。

それからグロッソの成長報告です。
スタート。
グロッソスタート!
1週目。
100301グロッソ
2週目。
100309-IMG_1813.jpg
確実に1週間で双葉が1節ずつ生長しているようです。
アマゾニア、ネクサス604、エココン2232、CO2無、肥料無で、この状態です。
肥料とCO2を添加していくとどうなるんでしょうか、ちょっと試してみたいです。

CO2の導入

2010年03月16日 23:00

グロッソスティグマの経過です(しつこいようですが、自分の為に「スタート」から…)。

スタート。
グロッソスタート!

1週目。
100301グロッソ

2週目。
100309-IMG_1813.jpg

3週目。
100316-グロッソ
しっかりと根付き始めているようです。
では、ここからCO2をいよいよ添加していこうと思います。

肥料CO2か悩みましたが、肥料は単純にコケ(藻類)の原因になりやすいのでCO2を先に導入してみます。
備忘録で残しておきますが、肥料は鉄分とカリウムだけをいずれ添加する予定です。

さて…、ドーンッ!
CO202
チャームでこのセットが1万円切ってた時にポチッとしておきました。

更に続けて、はい、ドドドーンッ!
100316-電磁弁
電磁弁と(すったもんだの挙げ句に買った)タップを使用します。

(中略)

100316-CO2気泡
来ました。
ツツツツーッといった感じで気泡が天高く舞い上がって…ん?
舞い上がってって良いんでしょうか?
水にフニャフニャ~と溶け込んでいく位のスピードなんじゃないんですか?
詳しい方、教えて下さいm(_ _)m
今、1滴/1~2秒といった感じです。

グロッソが、ここからどのように絨毯化するのか見てみたいものですね。

CO2元日の全景としてupしておこうと思います。
100316-A-tank全景

半リセットのB-tank

2010年04月30日 20:38

______________________________________________

前半は自分自身のための記録です。
______________________________________________

今日B-tankを半リセットしました。
旧tankでのアオミドロの攻撃が止まらないからです。
さっさとやったから写真はありません。

①用意した別水槽(同じ型)にソイル(マスターソイル・スーパーパウダー)を敷きました。
②フィルター(エココン)を止めて、吸水側のホースから水をバケツに汲み出しました。
 吸水側にはP-1があるのでアオミドロの侵入は無いと信じてます(・_・)......ン~?
③その水を新tankに注ぎ、それを繰り返しました(・・◣д◢)・・オリャ
④赤Bee3尾とF1の計4尾を移動させました( -_-)ソ~ットね
 同じ水を使ってるので水合わせはしてません。
⑤フィルターはtottoを使用しました。
 クサ━━━━━(`Д´)━━━━━ッ!!!
 なぜか稼働当初メチャクチャ異臭がひどかったので活性炭を入れました。
⑥旧tankの水草はアオミドロで全滅でした。
 il||li_| ̄|○il||li
⑦そんな中、なんとか使えそうなのを選りました。
 グロッソ1株、クリプト1株、ピグミー1株だけでした(ToT)ダ-
 それでもアオミドロが付いてたので頑張って取り除きました。
 流木についているモス類はあきらめて旧tankに入れたままです。
 グロッソなどはすべて撤去しました。
⑧その後、旧tankは段ボールで遮光しました。

赤Beeは1尾が☆となり、残りは4尾です。
1尾が☆になった理由もわかりました。
フィルターがA-tankと同じ状況、すなわちゴミだらけでした。
うまく濾過できていなかったようです(ごめんなさい、エビさんたち…m(_ _)m
残り4尾のうち1尾が抱卵中で、抱卵中のは旧tankにいます。
移動させない方がいいかな?と判断しました。
うまく行けば産卵後に移動させます。
新たに設置した場所は若干部屋の奥側なので直射日光から遠くはなりました。
移動させた後、新tankをくまなく見てアオミドロがわずかでも無いかチェックしたつもりです。

GW明けに、新tankでアオミドロが発生していないか、Beeの調子と共にチェックします。
また、遮光した旧tankでアオミドロが減っていることを望みます。

______________________________________________

しょーもない記録におつき合い頂きすみません。
後半は写真付きの若干マシな記録です。
______________________________________________

素敵な気泡群です。
100430-ミクロソリウム
ウェンディロヴってこんなに光合成するんですか?
よく知りませんが、左の方を漂っている気泡は紛れもなくCO2です。
綺麗ですねぇ。
拡散筒、綺麗にして良かったぁと思った瞬間でした。

自宅にあるA-tankと30Cのツーショットをレタッチソフトで加工してみました。
100430-二つのtank
特に意味はありません。
単なる記録画像…ならぬ、記憶画像ですw

小躍りする発見

2010年05月08日 12:56

以前↓こんな本を買ったとupしました。 コチラ>>
100322-IMG_0001
午前中、この本を読んでいると何だか無性に水草を切りたくなりました。
今回切られる対象水草はロターラ・バルデキラリス君です。

写真↓のように、シュパ~ッと切りました。
100508-カット
なぜか?
手前のトニナ・ラーゴグランデを目立たせるためです。
しかし、この角度だと目立っているんですが、前から全景を見るとイマイチです。

これが全景です(~ヘ~;)ウーン
100508-A-tank全景
あんまり目立ってません(;´д`)トホホ
逆に浮いた感じになってます。

「浮いた」と言えば、ミズハコベが浮遊しかけていましたw
100508-ミズハコベ浮遊
全景の左下にあるミズハコベです。
辛うじて根っこの先端でくっついている、といった感じですw

視線を右下に向けて、ヘアーグラスの育ち具合をチェックしてみました。
100508-黒稚Bee01
…ん?
何か見えませんか?
おっ?
おおー!?
[ 続きを読む ]

グロッソとヘアーグラスの水上化

2011年03月10日 18:26

最近、かなり忙しくなってきています。
皆さまのブログに伺えなくて、きっとRSS溜まりまくってますm(_ _)m
この忙しいのも今月かぎりにしてほしいと思ってますが、どうでしょうか・・・
皆さま、見捨てずにこれからもよろしくお願いしますm(_ _)m



ミドボン、残量減りませんので、最近はガンガンとCO2を添加しています!

その甲斐あってか、ロターラも炭酸ジュースみたいですw
110310-ロターラ
ロターラだけでなくA-tankにある他の水草たちも、ガンガン元気です。

今はリセット待ちのA-tankですが、水草は伸び放題に伸びていて、それはそれで楽しいです。
底床掃除ついでに抜いてしまった水草らが水槽内で浮遊していたんですが、それが今、面白いことになってきました。
抜いたまま、浮遊させていた水草はグロッソヘアーグラスなどなんです。

先日見てみると、それらが水上化し始めてますw
110310-水上化中
有茎草で、水位が下がって頂芽が水面の上に出たことはありましたが、それは水上化したことには勿論なりませんよね。

水槽を俯瞰してみると、他の水草の伸び放題具合もよくわかると思います。
110310-俯瞰
んで、↑この写真の右側で囲ったところに水上化ゾーンがあります。

水槽を前面から見ても、伸び具合がわかります。
110310-A-tank
赤の丸ん所に、水上群生が浮いてます。

左の有茎草の下部が完全に陰と化してます。
勿論、そこには陰生植物が頑張っております(ウェンディロヴやピンナティフィダです

ところで、この水上化の群生は厳密には浮遊しているわけではなく、ヒータのコードに引っかかってるんです。
110310-コードに引っかかって
よく見えませんが、グロッソヘアーグラス、アマニア、ヨークロが引っかかってます。

面白いなぁと思うのは、グロッソヘアーグラスが水中に根をドンドン伸ばしていって、水中から養分を摂取しているのが伺えるからです。
グロッソってとっても丈夫な水草なんですね!


更新情報