FC2ブログ

ストッキング・セパレーター

2011年02月01日 04:33

稚えびは皆さん、お好きですか?
110130-R0010834
小生は、抱卵ママの次に好きですw

ところでこの仔のママはこちら↓になります。
110130-R0010833
写真に何尾か稚えびも写ってます。

このママさん、1月6日にLOWKEYS神戸にて購入したレッドビーです(記事はコチラ
ところで、このママさんは購入してきた時から結局孵化までサテライトで過ごしてもらいました。
最初は水合わせでサテライトを使っていました。
水合わせ後、本水槽に移動させようと思っていたのですが、そのままサテライトで過ごさせました。
なぜか?
抱卵個体をサテライトに置いておくとストレスがかかるから置かない方がいいんですよね、確か。
でも、「孵化まで行くかな?」とちょっと試してみたくなったのです。
結果は孵化しましたが、目に見えないストレスはかかっていたかもしれません。
神経質なママだと落ちてしまうかもしれませんね。
また同じサテライトでも一番大きいヤツならまだしも、小生が使ったのは一番小さいヤツでした。
これはちょっと覚悟が要りました。
落ちたら元も子もないですからね。

さて、そんなサテライトは、ここ↓で別荘のように設置されてます。
110130-R0010864
D-2の横ッ面に引っ掛けてあります。

ある時、子えびがサテライトに紛れ込んでいたので、ストッキングで防御しました。
110130-R0010867
まぁ、それでも紛れ込んでくる輩がいましたけどねw

今度は本水槽に流れ出る所から、生まれた稚えびが流れ出ないようにストッキングをかませました。
110130-R0010868
大切なLOWKEYS神戸ッ子印の稚えびちゃんたちです。

同じく大切なだーさん印のレッドビーと、どこで掛け合わせましょうか。
スポンサーサイト



侘びサテ

2011年04月26日 16:42

風邪っ引きがしんどいです。
今月中旬くらいからの肋間神経痛に、今回の風邪で頭痛、咳、鼻水、喉痛と症状が出て、今日はなぜか鼻から(うみ)がツツツーッと出てきました(゜〇゜;)グェッ
大丈夫か、俺・・・。
そんな具合なんで、この記事↓は今日やったことじゃありません。



A-tankを少しトリミングなんぞやっておきました。
110425-A-tankbefore
左側のミリオフィラムとバコパ、浮き草のドワーフフロッグピットを減らしました。

ちょっと刈りすぎましたかしらw
110425-A-tankafter
グロッソがいい具合にスイッチ入ってますが、ヘアーグラスはおそらくヤマトでしょうけど根っこから抜かれている模様(;´д`)トホホ

今しがたプロフィール欄をチラッと見てみたら、意外とこの水槽はリセットから400日以上維持できていたんですね。



閑話休題。
potsuさん所で見たこの記事を見て「これやぁぁぁぁっ」と思いました。
少し前から次々と水槽を畳んでおります。
まずは30Cを畳みました
続いて侘び草tankを畳みたいと思ってました。
しかし侘び草をどこで育てようか?と思い、A-tankにサテライトをぶら下げればいいやと思っていたんです。
ところが、あのエアのポコポコ音がリビングではちょっとなぁ、と思っていた矢先、potsuさんの例の記事ですよ!
もう、目から鱗が落ちました。
GEXのコーナーパワーフィルターとか「使ってるポンプも同じやんけぇ!」と、もう「potsu様、ありがたやぁ、ありがたやぁ」状態w

で、早速やってみましたので、まずは現在の様子から見て下さい。
110425-侘びサテ01
こんな感じでA-tankに引っ掛けたサテライト侘び草を入れてます。

アクア工房いちなまさんのブログコチラの記事も参考にしましたが、potsuさんと同じ方法にしました。
110425-侘びサテ02
違うのはホースをサテライトに入れる部分ですね。

蓋をする必要がない、というか蓋をできないのでエアホースを固定させる方法、これしか思いつきませんでした。
110425-侘びサテ03
水浸し事件は以前にもありましたので、日々ヒヤヒヤしておりますw

・・・・と思ったら、ヽ(^。^)ノアレアレー?
110425-侘びサテ03-2
エアホースの跳ね返り力って結構あったりするんですね。

水を供給する側です。
110425-侘びサテ04
potsuさんは底面から導いてましたが、小生はそのまま仕様でコーナーに設置しました。

先ほどの「外れておりますがな」の恐怖ですが、実はサテライト内は一応こうして対策してあります。
110425-侘びサテ05
侘び草ベースとプラ製植木鉢で挟んで、エアホースは動きません。

コーナーパワーフィルターを使うという点では濾過器の電力は減りませんが、照明分省エネ出来ました。
それから、実は先ほどD-1を畳みました。
と言ってもD-2が稼働中ですから、レッドビー飼育活動は続いてます。
こちらは照明分、濾過器分、ヒーター分の省エネを期待です。

D-tank周辺の現在の様子。
110425-R0011599
スッキリしてきました。

今までD-1があった所(orその下の現在D-2がある所)には、なにわエビさん所で強烈にヒートアップ中のフミンパウダー仕様の新規レッドビー水槽を立ち上げようと画策中です。
いろいろと畳んでますが、要するにここら辺一帯をレッドビー飼育用水槽(60cm規格)とストック水槽の(60cm規格)の2本にしてしまおうと考えているんです。
上をレッドビーにするか下をレッドビーにするか、ちょい悩み中です。
ほんでもって、レッドビー水槽の方はフミンパウダー+ADA関連粉物+FULVIC soilでの立ち上げを考えてます。
ストック水槽の方は、自作底床ベース+FULVIC soilで行ければ!と考えてます。
その時は、この2×4材のヘンチクリンな枠ともオサラバさ、アディオ~ス!


更新情報