FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝の花だより

2011年05月05日 08:00

朝ですから、気持ち良くベランダの日記を書きたいと思います。

咲いても咲いても、手荒に扱われるゼラニウムが再びの開花です。
110505-R0011739
冬が寒かったからか、5月に入ってからの開花となりました。

えーさんが「黄色いお花がいい」と言って購入したガーベラですが、花が落ちてからはずっと葉っぱだけでした。
110505-R0011740
どうやら(つぼみ)らしきものが見えます!

デンドロデンドロビウム)の、去年の、開花は・・・・なんと2月18日ですか(ブログって便利ですね
110505-R0011751
今年は今に来てようやく蕾状態です。

はやく咲いてほしいんですが、ちょっと葉っぱの状態がイマイチなところがあります。
110505-R0011752
なんなんでしょうか、切り落とした方がいいのでしょうか。

2株あるシェフレラ(カポック)の1つがヘンチクリンな枝振りを見せてますよw
110505-R0011744改
縦に伸びずに、写真のように3本の脇芽から成長しております。

小松菜を退いたプランターから、「なんじゃ、こりゃ?」。
110505-R0011746
どう見ても、妻に聞いてもジャガイモに見えるので、ちょっと植えておくことにします。
スポンサーサイト

今日のベランダだより

2011年05月19日 21:13

4月30日に蒔いたニンジンの発芽が一通り揃ったような感じです。
110519-R0011941
乱れた所から生えてきたヤツだけ間引いて、他は暫く様子見します。

中には、双葉から本葉が展開している株もあったりします。
110519-R0011936
う~ん、ニンジン!!って感じの本葉が可愛いです!

デンドロビウムは依然(つぼみ)のままですが、その数がドンドン増えてきました。
110519-R0011939
背は低く、形もいびつですが、素人なので、これで許してつかぁさいm(_ _)m

そして、更に嬉しいことに、上の写真の右側の株の根元をよ~く見てみると!!
110519-R0011938
次のバルブが展開してきてます(これは、モーレツに嬉しいで~す!!

ゼラニウムも、株の形は悪いですが、次々と開花してきました。
110519-R0011942
花付きがよくなるように、明日にでもエードポトリンでもポチョポチョしてみようと思います。

クチナシも新芽がドンドン展開し始めました(葉の色が薄いのが全て新芽ですね
110519-R0011943
去年の開花は6月27日、果たして今年はどうでしょうか。

ただ、去年の開花の時にも呟いてますが、どうも小生が手に入れたい香りはプルメリアのようです。
プルメリアも欲しくなってきました。

デンドロ開花

2011年05月24日 21:43

今朝、ちょっと忙しくしていてベランダに出られませんでした。
夕方帰ってきて、早速ベランダへ出て、ハッピー気分です(*^ー゜)v

デンドロ去年の開花は屋内管理ということもあって、2月18日でした。
110524-デンドロ!
明日の朝、もう一度朝日の中で見たいです。

知人から借りている洋ランの本を繰り返し読んでて、いつも気になるのが、洋ランの用土は何がいいのか?ってことです。
今は、バークや軽石が混ざっているグリーンメール(コーナンのオリジナルブランド?)の「洋ランの培養土」という土を使っています。
ところが、本には水苔を使っているんですよね。
鉢からあふれんばかりにリードや根が出てたら、いろいろとチャレンジしてみたいんですが、如何せんショボイので、何もできませんw
しかし、本を読んでていつも見るのは、いつかはシンビジウム!いつかは胡蝶蘭!っていう妄想です。

今朝のベランダだより

2011年05月25日 06:52

4月30日に蒔いたニンジンから、本葉が1~2枚ほど出てきたので、株もとに土寄せしました。
110525-R0012062
もう少し育成を競わせてから間引きたいと思います。

朝日を浴びるデンドロで、右の方にも蕾があって楽しみです。
110525-R001206301
これを店に飾っても風格は出ませんw

えーさんのかすみ草ですが、全然ETMKしてくれません。
110525-R0012064
小生が水やってるんですが、発芽率もいまいちです。

種の袋の裏を読んで、育苗させなきゃならんかもと思って、こんな感じ↓でやってみてるんですが、それでもいまいちです。
110525-R0012065
やっぱ育苗トレーがいるのでしょうか。

高芽

2011年06月09日 21:27

梅雨だというのにデンドロが咲いております。
110609-R0012268
デンドロの開花時期って普通は冬から5月くらいまででしょうか。

まぁ、いくら簡易温室とは言え戸外で管理したから、ちょっと錯覚しているのかもしれませんね。
今年は、時期はおかしいけど去年のへなちょこな咲き方に比べたら立派に咲いて、ちょっとは育成の腕も上がったかな?
去年は下向きに咲いたり茎がグニャグニャだったりしてたんですよねぇw
去年の開花記事の中で「本当は凛と咲いてる写真をupしたい」と書いたんですが、どうですか、今年は一応凛と咲いてますか?
来年は、世間一般で言う、いわゆる「洋ラン!」って咲き方をさせてみたいです。
あの、花がズラズラズラ~ッと縦に並んで咲いてる、あの咲き方です!!
来年は無理やな・・・、い・・・いつか!!

このデンドロビウムは、もともと妻が貰ってきた株です。
いただいた当時は、小生はこれが何なのかさえ知りませんでした。
洋ランというのも知りませんでした。
毎年咲くものだとも知りませんでした。
ところが、あるきっかけで洋ランの本をお借りして、それを参考にここまで来ました。
おそらくいただいてから、3~4年は経っていると思います。
年を重ねるごとに面白くなってきました。
そして、それは洋ランだけでなく、他の花木にも興味を持つようになりました。
それが、盆栽であったりプルメリアであったりです。
デンドロは毎年の開花が楽しみです。
プルメリアも、難易度の高い管理と、更に難易度の高い開花と、そして開花時のあの香りが楽しみです!
そして、盆栽は数年後にどんな姿にするか想像しながら芽や枝を見つめたりするのが楽しいです!!

さて、タイトルの高芽ですが、これはデンドロの管理の何かが影響して出てくる芽のことです。
そのきっかけは温度とか施肥だとか、借りた本には書かれてました。
本をいつまでも借りてないで、自分で買いたいです。
余裕があったら買いたいのはこの本↓です。
 洋ランの育て方完全ガイド (別冊NHK趣味の園芸)←クリックでAmazonへジャンプ。NHK出版のサイトはコチラ
でも買いませんw
なぜなら、デンドロ以外の洋ラン(シンビジウムやコチョウラン、カトレアなど)がいっぱい載っていて、きっと必要なのは一部だと思うからです。
だったらデンドロオンリーのこんな本↓もあるんです。
 デンドロビューム (NHK趣味の園芸・よくわかる栽培12か月)←クリックでAmazonへジャンプ。NHK出版のサイトはコチラ
でも買いませんw
だって1000円近くするかですw

あ、高芽の話ですが、実は本を借りてから一度株分けしてます。
開花していない方の株に高芽ってのが出ました。

高芽ってこんなん↓です。
110609-R0012271
すでに(この写真では)3カ所出てます。

借りた本には、ここから株を増やせると書かれてました。
というわけで、久々に3150円の送料無料の間にチャームをポチしました。
今回は、このデンドロの高芽のための2号弱の素焼き鉢や切れたT5管などを買いました。


更新情報


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。