FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もー全部パイロット

2009年12月18日 23:17

なんか勢いで全部入れてしまいました(写真はありません)。
結局、アカヒレ6尾、ネオン16尾、赤コリ1尾、グッピー♂1尾♀1尾、メダカ4尾、カラーサザエ3尾が入りました。
、がっついてます。
全部パイロットの場合は「パイロット」と呼んではダメなんでしょうか。
「集団パイロット」ってのも、なんとなく縁起の悪い印象ですよね。
30㎝から水をいくらか入れましたから、これでバクテリアも大繁殖することでしょう。
ここに後はランダムに混泳させていこうかと考えています。
候補に挙がっているのは、プレコ系、カラシン系、レインボー系です。

チャームの企画にホイホイと乗ってしまっている今夜の小生でした。
スポンサーサイト

クリプトコリネ・ベケッティ

2010年01月02日 12:08

クリプトコリネ・ベケッティ
今日の一枚はクリプトコリネ・ベケッティです。
まだ水上葉だと思います。
パイロットとして入ってもらったオトシンクルスたちも写ってます。
現在B-tankの方はM1を点けてから、水草を数種植え、パイロットフィッシュとカラーサザエに入ってもらっている状況です。
最初の水作りが肝心と聞き、入念に水を作ってってるつもりです。
オトシンクルスをパイロットに使うのにはどうかとも思いました。
というのもパイロットフィッシュが放つ糞などでバクテリアが産まれてくると思うのですが、まだ藻類が発生していないtankの中ではオトシン達が糞を出してくれるのでしょうか。
バクテリアが産まれるのかどうかも分かりません。
他のバクテリア発生の頼みはhydorのバイオフローによる空気中バクテリアの水中化を期待するのみです。

求む!バクテリア!

2010年06月25日 23:41

別にこんな↓写真を大判でupする必要ないんですが、設定してしまったからそのままupします_(^^;)ゞイヤー
100624結果
しかも、大判でupしてもあまり色合いが見えないという情けない状態ですみません。
とりあえずログです。
明らかにD-tankだけ数値が違いました。
硝酸塩と総硬度の数値が高かったです。

硝酸塩の問題は、やはりバクテリアの少なさでしょうか。
バクテリアを活性化させるために、何らかの手段を講じなければなりません。

総硬度の問題は、potusさんのこのコメントを参考にします。
そのコメントはMinima breeder ShirakuraさんのHPへと小生を誘います。
そのHPの中の飼育に関するQ&A「飼育編」で、以下のように書かれてました(以下一部抜粋)。

総硬度をGH3以上(理想はGH5以上)に保ってください。
理想的な水質はカルシウムやマグネシウム等のミネラル豊富に含まれる硬度の高い水質です。
また、実験水槽では総硬度GH20(1500ppm)でも繁殖していますのでレッドビーシュリンプは硬度に関してかなりの適応性をもっていると考えられます。


果たしてどうなんでしょうかw
だいたいppmって何ですか!?
ちょっとネットで勉強してみると、総溶解固形分(TDS)とか電導度とかの言葉に出くわしました。
そう言えばマーフィードコレを他の方のブログでよく見かけます。
買ってみようかしらん。

phに関しては試薬でも計ってみました。
100625-R0010589
ま、試験紙どおり6.4ってとこですか?
そう言えばマーフィードコレを他の方のブログでよく見かけます。
いやいや、NISSOこの辺も気になります。
買ってみようかしらん。

ま、いずれにせよ、今はバクテリアを活性化させるのが先ですね。



仕事の帰り道に久々に百均(ダイソー)に行ってきました。
購入したのは、この↓4点を含めて計6点でした。
百均にて
写真に写ってない2点は、メジャーとウェットティッシュ(詰め替え)です。
さて、黒い2本のアームですが、これだけで何に使うか分かる方、おられますか?
あ!何となく、説明の絵が見えてましたねw

そうそう、これです。
百均01
ベランダの壁に引っかけるグッズです。
今までゼラニウムとカランコエを同じ鉢で育ててました。
しかしゼラニウムが大きくなりすぎて、カランコエがいつも日陰でした。
可愛そうなので鉢を別々にして、ゼラニウムは空いていた(死んでいた?)四角プランターに入れたわけです。
このベランダ、東向きなので午前中にお天道様と向き合える時間を増やそうとこの位置にしてみたわけです。

ワイヤーカゴは、以前水槽まわりをスッキリさせようと思った時に買い忘れていたヤツです(記事はコチラ)。
百均02
うむ、まぁまぁじゃ。

最後のは、根腐れ防止ネットというものです。
百均03
これを何に使うか?
おおよその検討はつきますね。
・・・そう、その通りです。
でも、今日はしません。
なぜなら、今日は眠たいからです。
そう、今日2010年6月25日は、朝方にビッグイベントがありましたね。
小生は、あの瞬間瞬間をきっと汗でぼとぼとなシルバルさんと、携帯を使ってプチチャットみたいな感じで大いに盛り上がっておりましたw

Beeのお引っ越し

2010年10月23日 11:31

現行D-tankからレッドビーらのお引っ越しです。

まずはすくい上げてみました(30分くらいかかりました
何尾いますかね?
写真で数えてみて下さい(小生は面倒くさがりだから写真では数えてません
101023-R1016298
一応、すくう時に数えたは77尾いましたが、自信はありません。
すくってる時に、いつのまにか「あれ?今ので53?54?」みたいなことになりましたから・・・・(´▽`*)アハハ
ま、どちらにせよ70尾はいるでしょう。
これって、小生的にとってはかなり多いです。
だーさんさん、ありがとうございます!

点滴方式で水合わせで、エアレーションをかけておきます。
101023-R1016305
点滴をしている間に、水槽自体の水も現行から種水としてドンドン加えていきました。

その間に、外部フィルターの吸水スポンジを準備しました。
101023-R1016311
外部フィルターは現行でも使っているエーハの2234を使いますが、今回は底面をやめます。
そこで用意したのが、Nanoスポンジフィルターマルチ(XXS)ってやつです。
これに、L型ホースコネクター12/16φ用(NHE-φ12)というのをつなげました。
※今、このホースコネクターをチャームでチェックしたら、取り扱い終了になってました(一応ココ

サクッと繋いで、フィルターを作動させました。
101023-R1016312
フィルター内には、いい具合にバクテリアもわいているでしょうから、そのままとりあえず循環開始です。
シャワーパイプは奥のガラス面に少しだけ向けて、水面上に出し、ここからもエアを取り込みます。

ニチドウのマルチ水温計のメモリー機能を見てみると、最低が20℃台まで行ってました。
この際ですから、ヒーターも繋いでおきたいと思います。
101023-R1016313
例のリコールから送られてきたデュアルセーフシリーズのICオートヒーターDS150です。

とりあえず装着しました。
101023-R1016315
設定温度は22℃にしておきました。

今、小生の背後で、こんな↓具合です。
101023-R1016314
水合わせも、かれこれ2時間になりますかね。

バクちゃんと透明度

2010年11月08日 23:11

「水がピカピカ」とか「水がテカテカ」とか聞いたことありましたが、実際どれがピカピカテカテカなのかは知りません。
けど、今日、帰宅後に見たD-tankは確かに綺麗でした。
101108-R1016541
バクテリアが繁殖してくると、水が綺麗になるとどこかのサイトで読んだような気がします。
これが「ピカピカ」?「テカテカ」?なのかは分かりませんが、小生的には透明度の高い水でした。

実は☆が先週末1尾出たんですが、毎日10尾ほどの稚Beeも確認できています。
そして、動かない稚Beeが多かった先週に比べ、稚Beeたちがツマツマし始めています。
抜け殻もよく見ます。
これは一応、順調と言えるのでしょうか?
比較対象がないので、よくわかりません(~ヘ~;)ウーン


更新情報


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。