FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胸騒ぎのB-tank

2010年03月06日 09:00

記録のために記しておきますと、A-tankに黒Beeを迎え入れたのは、2010年2月24日(水)でした。
この時、B-tankの赤Bee5尾もまったく動きがないので、黒Beeでも入れてみるか…と思いました。
それがこんなのです。
100306黒Bee
適当に選んで買いました。
この時、B-tank用に黒Beeを合計12尾迎え入れました。

びっくりしたのは翌日の抱卵個体発見です(2/25木)。
早すぎます。
これはどうも、前日、お店で既に交配していたようですね。
「お店での環境が良かったんやろなぁ」と何気なく思っていました。
ところが、週末を挟んで迎えた月曜日に抱卵個体発見です(3/1月)。
すごいペースやなぁ…と思って見ていた火曜日、一部の黒Beeが水槽内をフラフラし始めました。
これが「抱卵の舞」でしょうか。
翌日、またしても抱卵個体発見です(3/3水)。
合計、B-tankに抱卵個体が3尾です。
全国の抱卵マニアの方々の為に、今回の写真はすべて久々サムネイルにしてますので、クリックでドーンと拡大しますw
100306抱卵1
100306抱卵2
100306抱卵3
2枚目はピンぼけ気味、3枚目は角度厳しく、少し見えにくいですがご勘弁を…。

これで脱卵せず孵化、成長してくれれば嬉しいですね。
生存率というのが気になり始めてきました。
2/25~3/3の間の出来事ですから、水温から計算して3月21~27日の週が勝負っぽいです。
一つ気になるのは、舞の間、ジッとしていた赤Bee5尾たちはすべてメスでしょうか?
スポンサーサイト

チョ━━━━ハッピーなB-tank

2010年03月24日 11:59

Beeマニアな皆さん、また、小生のBee飼育を応援して下さっている皆さん、お待たせしました。

まずは…オメデトビーム!!(ノ・_・)‥‥…━━━━━☆ピーー

稚Bee誕生
赤矢印の先に稚Beeが見えます。
黒Beeが(かえ)りました!
以前人工孵化に挑戦した卵はカビが出てきて、残念ながら全滅しました。
しかし、オリックスの初戦を観戦してからオリックスも三連勝してくれてるし、こりゃ春が来た感じです。
あんまりよく見えませんが、こんな稚Beeがザッと10尾くらい見えます。

最近、B-tankの更新が細々となっていましたが、実は水面下で動いていたmongyファームの実態をupしたいと思います。
まずは、この稚Beeがどんなtankで孵化したか、です。
孵化育成tank
よくある安い30㎝水槽です。
ここを、小生は「孵化育成tank」と呼んでます。
今回の抱卵から、抱卵個体は全てここに移しています。
黒Beeの抱卵個体が全部で5尾います。
☆ったのが1尾いましたから、10尾購入した黒Beeのうち6尾が抱卵したことになります。

さて、この孵化育成tankの上には、ドーンと水60㎝水槽があります。
B-tankユニット
このtankの呼び名はまだ決まっていません。
孵化育成tankとこの60㎝水槽の仕様は次回upすることにします。

メインのB-tankと合わせると、合計3本の水槽が稼働中です。
なぜ、このように稼働させているかを記録しておきたいと思います。

見た目は濃い黒Beeのこの2体ですが、実は遺伝子が超高価なんです。
♂か?
黒BeeF1-03
♀です。
黒BeeF1-02
この2体は実は…。
[ 続きを読む ]

B-tankユニットのご紹介

2010年03月25日 14:41

タイトルは「金魚の糞」です。
金魚の糞
こういうのを見ると、「もうちょっと、もうちょっと…」と長い糞をするのを応援してしまいます。
皆さんは、最長何㎝の糞を見たことがありますか?



さて、B-tankユニットの記録記事です。
ユニット全景です。
B-tankユニット
左下が見苦しいのでモザイクをかけようかと思いましたが、「別にかまへんか」とさらけ出すことにしましたw
ゆくゆくは掃除、整理整頓します!
使てる添加剤とか見えるので、ちょっと恥ずかしいです。

メインのB-tankです。
メインB-tank
赤Bee5尾、黒Bee4尾、F1個体1尾の計10尾がいます。
記事up後、マツモをバッサリと引きちぎりました。

名無しのtankです。
名無しtank
60㎝フチ無し水槽に、tottoのパーフェクトフィルターを使用してます。
ストレーナーには、これまたtottoのスポンジフィルターを使って稚Bee吸い込み防止をしてます。
ライトは2灯式の普通のです。
水入れから回し始めて、まだそんなに日も経ってないので、水はできあがっていないと思います。
とりあえずtottoの濾過器を使ったのは、嫌気バクテリアで有名なE筒が目的です。
面倒くさがり屋の小生には、これくらい楽で高機能な(確かにそれだけ高かったですが)濾過器がいいんだと思います。
ユニット内で最も濾過能力の高いtankですし、ここの水を他のtankに足していくスタイルで進めたいと思っています。

左が孵化育成tankです(何度も打っているのに「深い区政」と変換して困りますw
孵化育成tank
黒Bee抱卵個体5尾(内1尾は産卵済み)、F1抱卵個体1尾の計6尾(+稚Bee)がいます。
30㎝水槽に、底面フィルターを使用しています。
ライトは2本の30㎝にまたがっています。
とりあえず、現段階では購入した黒Beeの雌雄を判別するために、抱卵個体を入れて孵化させるためだけのtankです。
余裕が出てきたら、右のtankも有効に使っていきたいと思います。

以上のようにユニットには4本の水槽があります(1本は空)。
これらの水槽をどのように使い回せばいいのか、小生にはいまいち分かりません。
どなたか、よきアドバイスをください。

ここからB-tankを復活させたい!

2010年06月16日 06:58

なかなか更新できそうにありません…と書きつつも、稚Beeの誕生となればわずかな隙間を狙ってログっておきたいですよね。
現在壊滅状態のB-tankです。
B-tankとは元々メインの熱帯魚とは別にBee専用に立ち上げた水槽でした(詳しい流れはコチラから)。
最初は5尾の赤Beeがいました(記事はコチラ)。
オスラ、ピノマル、ヒノママ、ファットママ、ビッグママの5尾でした。
その後、ピノマル、ファットママ、ビッグママと相次いで陥落、残されたのはオスラとヒノママでした。
ヒノママは以前一度抱卵孵化してますが、生まれたのは黒いBeeでした。
そして、今回の抱卵孵化です。

まずは生まれたての稚Beeです。
R0010369
写真ではわかりにくいんですが、赤と黒がいます(黒い方は前に生まれたやつです
そうなんです、赤の稚Beeが生まれたんです!!
ね!皆さん、これ、赤ですよね!?

赤Beeが残り2尾となっていたところ、ヒノママがバッチリやってくれました!
R0010370
パイプ部分にも赤稚Beeがいます。
赤ですよね!?ね!?
パイプの後ろでヒノママ、休憩中でしょうか。

お父ちゃんです。
R0010374
ぼやけて写っているのは、ガラス面の藻類のせいですm(_ _)m
購入から5ヶ月が経っていますが、平均寿命から考えたらまだまだ頑張ってほしいです。
ここからB-tankを復活させたいです。

こういう時に便利なのがブログなんですが、実は過去ログをさかのぼって見てみると、4月19日が抱卵確認になっています(コチラ)。
おそらくその時の子は黒い方なんでしょうね。
ワクワクドキドキの連続でLOWKEYSに行ってた頃に2回目の抱卵があったんですね。
緊張しすぎていて抱卵の確認を怠っていたようですil||li_| ̄|○il||li
折角のブログを有効利用できていない自分自身がちょっと情けない今回の孵化でしたf(^^;)

【改訂】立ち会い出産

2010年06月22日 17:13


グッと来ました。
時間があまりありません。
とりあえずupしておきます。

@2010年06月22日 05:23
_________________________


今朝、この↑記事に対して日曜日の疲れが残っているだーさんさんから以下のようなコメをいただきました。

「おはよう
 これ 結構凄い事ですよ!中々遭遇出来ないと思います。
 以前、菜都さんのblogにもUPされていましたが、良く
 このタイミングが解りましたね!」


レスとあわせて記事を改訂しておきたいと思います。
・・・というのも、この↑記事は昨夜から今朝にかけて半徹夜状態で撮影に成功しました。
だから、出勤前の動画upだけしかできなかったのです。

まず↓この写真を見て下さい(ウンチは失礼m(_ _)m
100622-R0010539
卵の色が明らかに今までと違います。
ちょっと写真じゃわかりにくいですが、青いんです。
これを見た時に、「はっ、これはもしや!!」と思いました。
他の方のブログでブラックシャドーの稚Beeを見た時、ブラックシャドーのくせにくなくて薄青かったんです。
・・・ちなみに今までは、抱卵個体もガラス前まで来て撮影できていたのに、餌投入後もこの個体はご覧のとおり、なかなかモス森から出てきません。
それも、「むむむ?」と思った理由です。
出産(孵化)前で神経質になっているのかも、と思ったのです。
その時、偶然モス森の中に白い何かを見つけました。
・・・稚Beeです。
「しまった!孵化が始まってる!」と思ったのです。
そこからは、カメラにミニ三脚つけて30Cとにらめっこですw

上の↑動画はニコニコ動画という所にupしたものです。
こちら↓はご存じYouTubeでupしたものです。
何度見てもいいものなので、upしておきます。
しかし、なんとなくこちらのエンコードした方が動きがカクカクしてますw

こうして見てみると、出産直前のお母さんのビクンッって動きが、妙にドキドキします。
何なんでしょう、この感覚は。
背筋をほとばしる緊張感みたいなのがあります。
「生きてる」っていいことですね!

それから、これ↓は生まれた直後の稚Beeちゃんです!!!
100622-R0010558
こちらはガラス前に来てくれました(*^ー゜)v
ごっつ透明ですね。
大きくなったらどんなんになるのでしょうかね。
楽しみです。
「生きてる」っていいことですね!

ちなみに、今日先ほど仕事から帰ってきて30Cを覗いてみましたが稚Bee子一人(ちびっこひとり)見あたりませんでした。
il||li_| ̄|○il||li


更新情報


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。