FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水槽の上と中とを

2010年05月23日 16:31

今日は、雨と風のひどい大阪ですね。
そんな中、妻とえーさん、あーさんは、祖母と一緒に難波へ出掛けました。
なんでも、とある百貨店でとある地方の物産展をやっているとか…。
小生は、のんびり自宅待機としました。

A-tankの上をふと見ると、…汚い!
照明整理00
AXYのNEXUS604という照明を使用中ですが、上がフラットなため物を置きやすいんですね_(^^;)ゞイヤー
こりゃイカン…と思って見ているうちに、ある方のブログを思い出しました。
その方のブログ、その記事はコチラです。
兄貴さん、ちゃんと、4月の記事も覚えてますよ!

早速、小生も百均へ ササッ((((・_・)
照明整理01
パッパと購入です。

そして取り付けです!
照明整理02
なんか兄貴さんの方が格好いいですね…(ーー;
しかも小生、餌容器とか入れるカゴ、買い忘れてますし…w
ハサミとか中途半端~ッ、釣ってる物もショボ~イw

ま、とにかく、照明の上はかなり綺麗になりました!
照明整理03
「クリアーーーーッ!」

その後、水槽を眺めながら、またまたピンチカットごっこをしようと思いつきました。
ま、暇なんでしょうね。
で、カット後の全景です。
100523-A-tank
ヒドロコティレとミズハコベはほとんど抜き取りました。
中央左の流木はいずれ新規水槽に移動させるものです。

左から見ていきます。
100523-A-tank左
ようやくパールグラスが育ってきたといった感じでしょうか。
でも、まだまだフサフサの森にはほど遠いです。
頑張れ、パールグラス!
パールグラスの足下にミズハコベを移植しました(写真中央下
流木の分かれ目の所だけにヒドロコティレを入れました(写真右下
*ところで、なんとなく白飛びしてませんか?

次は水槽中央です。
100523-A-tank中央
流木の右側にリシアストーンごとパプアモスを置きました(写真手前
ここにあったヒドロコティレを全部抜き取ると、奥からクリプトコリネが顔を出しました(写真中央
*この写真もトニナが白飛びしてます。

水槽右側は流木の向きを変えました。
100523-A-tank右
南米産ウィローモスがよく見えます(写真右
流木の後ろにあったアンブリアとかロターラはバルデキラリスと同じ高さまでカットしました。
*この写真はマシです。

最後に、トニナがピョーンと目立って見やすい右側からの眺めです。
100523-IMG_3456
水換えは20㍑ほど行いました。
ピンチカットごっこも水換えも気持ちよかったです!

__ 最後に __
兄貴様へ。
写真使用の件、もし気に障りましたら言って下さい。
すぐに削除します。
スポンサーサイト

とりあえずトニナを・・・

2010年06月13日 21:11

前の記事の写真です。
次の材料
隠れ家には、この流木の左半分を使おうと思っていました。
ドリルで穴を開けて、ドリルウッドもどきを作ろうとしました。

しかし、ドリルが弱いのか、流木が硬すぎるのか、穴が深まりませんw
ドリルが弱い
仕方ないから、この流木での隠れ家は暫し断念です。

そこで隠れ家がわりに、A-tankからトニナ・ラーゴグランデを切って持ってきました。
D-tankにラーゴ
ちょっとした隠れ家になればいいんですけど…。
食害にあって、茎だけになってしまうかもしれません。

しかし、トニナの色は、なかなか絵になりますね。
100613-D-tank
和風な感じがします。
およそ25㍑ほど水換えをしました。
この照明は近々、A-tankに戻そうと思います。

そのA-tankですが、黒ヒゲがチラホラ出てきています。
ヘアグラに黒ヒゲ
ヘアーグラスに発生した黒ヒゲです。

アマゾンソードに発生している黒ヒゲです。
アマゾンに黒ヒゲ
さらに増えてしまうのでしょうか。

トニナを切っていて、トニナの後ろのバルデキラリスのおかしな状態を見てしまいました。
バルデの根っこが変
茎の下部分が薄茶色に変色しています。
見た目も気持ちも悪いので、差し戻ししておきました(手前のクリプトが元気です!!
もし、これがメタハラによる高水温が原因だとしたら、やはり照明を戻してみるしかありません。



【追記】
木曜日のショックに続けて、金曜日も精神的にショックな出来事がありました。
暫くブログの更新も、まばらになりそうです。

流木と水流と

2010年07月10日 16:06

水換えのやり方って皆さん、どんな感じですかね。
足し水派と水換え派がありますよね。
水換え派の方なら頻度もいろいろですよね。
毎日少量派と週1ドバッと派がありますよね。

小生は、週1に1/3ほど換える水換え週1派です。
本日も60㌢企画水槽のA-tankとD-tankを20㍑ほど、30Cを5㍑ほど換えました。

今日、D-tankで水換えしながら、2カ所いじりましたのでログしておきましょう。

1つは流木です。
今までの流木、いまいちレッドビーらに人気がないようです。
100710-スティック01
ブランチウッドです。
おそらく使わないだろうと思っていた形状の流木ですが・・・、気付いた時には買っていましたw
この複雑な形状が意外と隠れやすいかな?と思ったわけです。

この2つをビニタイでこんな感じでくっつけました。
100710-スティック02
なんか複雑な枝で、結構面倒でした。

向きを最終確認です。
100710-スティック03
この向きで使うことにしました。

モスを巻き付けました。
100710-スティック04
勿論、フレームモスを巻かなければD-tank、つまり「つながり水槽」の意味がありません!
フレームモスと南米モスを巻きました。
どんな風に育っていくかとっても楽しみです!
しかし、この枝の部分にモスを巻くのはめっちゃ面倒くさかったです。
枝の細いこと、細いこと。

さて、D-tankに入れてみましょう。
前から入っていた流木を2つとも取り出して、中央にデ~ンと・・・・



あ~(゜.゜;



100710-スティック05
バッチリ浮いてまぁすw
ぎゃははははははは _(__)ノ彡☆ばんばん!
やってしまいました。
そう言えば、流木を水に浸けてませんでしたわ。

il||li_| ̄|○il||li


さ、気を取り直して、もう1つの変更点に着手です。
用意しましたのは、これです。
100710-シャワーパ
はい、シャワーパイプです。
レッドビーたちが酸欠にならないように・・・と、ディフューザーをつけてましたが、水流が強すぎるように感じてました。
本来、レッドビーにはどのような水流がいいのでしょうか。
強い水流でしょうか、それとも緩い水流でしょうか。
小生は今回、エアをとるか、弱水流をとるか、で弱水流を選択してみました。

バケツ3杯分の水を抜いてから、シャワーパイプを着けてみました。
100710-水換え01モザ
シャワーパイプの出水の穴は、奥のガラス面に向けておきました。
この時に、流木の上に溶岩石を2個置いて浮き防止をしました。
来ました、えーさんですw
ガラスに手をやって、何をしているんでしょうかw

「自分でやる!」の図です。
100710-水換え02
ほほう、感心です。
あちぇさん!えーさん、水換えの手伝いをやってくれましたよw

水換え完了です。
100710-水換え03
昼間は写り込みが多くてちょっといやですね。
フィルター作動させてから気付いたのは、油膜ができることですね。
穴をガラスに向けてますから、水面の波打ちも全くありません。
これじゃ、油膜がすぐにできてしまいます。
油膜は害じゃないですが、見た目も悪いし光量を落としたりしますから、どちらかと言えば嫌いです。
ま、そのうち出水穴を斜め上に向けますかね。



取り出した流木は30Cに放り込みました。
100710-フレーム01
モスにマツモに、生い茂っていますね。

フレームモスは、こんな具合です。
100710-フレーム02
しっかりと立ってきています。
そして、稚Beeらがフレームモスの中でツマツマしてます。
この30Cは超の付くほど弱水流です。
それが、今回の水流を変更してみようと思ったきっかけでもあります。

A-tankはボチボチリセットですねぇ

2010年10月10日 03:51

A-tankが汚いです。
奥のガラスには何やら埃のような物が付着し、水草もヨレヨレです。
101009-A-tank01
ここら辺をちょっとマシにしようと簡単な作業をしました。

その作業の際、D-tankから水草を(まずは2種類)移植しました。
新D-tankは流木やら活着系だけでやりたいと思っているので、有茎草を避難(移動)させたいんですね。
現行D-tankに入っている有茎草は次の7種類です。
エウステラリス・ダッセン、サンパウロ・レッドアンブリア、アマニア・グラキリス、ミリオフィラム・マトグロッセンセ、、オーストラリアン・クラススラ、ブリクサ・ロングリーフ、グロッソスティグマ。
その内の、アマニアとミリオフィラムを移動しました。

作業後、こんな感じになりました。
101009-A-tank02
左奥で赤紫色に見えるのがリラキナです。
その右はロターラ・ゾーンでインディカとGロターラが混在してます。
細い葉がチラッと見えているのがミリオフィラムです。
流木の左となりがアマニアです。
アマニアは、水中葉でほのかに赤くなっているのが嬉しいです。

埃みたいなのの完全撤去はできませんでした。
黒ヒゲ苔(藻類)も未だ手つかずです。
あまり綺麗になったとは言えない、今回の作業でしたw
落ち着いたら完全リセットが必要ですね。

ちょっと上から撮ってみたり・・・
101009-R1016011
水面の揺らめきが邪魔してますねw



今日は水換え等もしました。

A-tankはおよそ20㍑水換えしました。
黒ヒゲ苔の対策の一つに水換えもあるそうですから、これから少し頻繁にやってみたいと思います。

D-tankはおよそ15㍑水換えしました。
立ち上げから一度もしてなかった外部Fの掃除もしました。
フィルターの底に泥があったのですが、おそらく砕けたソイルかと思います。
ウールパッドを交換し、再スタートしたら水の勢いが強烈になりましたw

30Cまでやる元気は、ありませんでした。

炭酸ジュース

2010年10月10日 22:10

今日は梅田まで家族でお出掛けしてました。

帰宅して、A-tankを見てました。
101010-R1016024
埃みたいなのは落ち着いていました。

気泡、気泡と小生もミーハーに騒いでますが、さすがに↓これは、何とも言いようがありません。
101010-R1016026
まるで炭酸ジュースです。
ま、確かに炭酸を充填してはいるんですが・・・あまり見栄えがいいもんでもありません(;´д`)トホホ

この↓流木の下側ぐらいの気泡が可愛いですよね。
101010-R1016029
でも、光が当たっている側の黒ヒゲ苔が気になります。

黒ヒゲ苔との闘いは、まだ始まったばかりです。
今日も帰宅後、バケツ1杯(およそ8㍑)の水換えをしました。
負けずに水換えをし続けたい!そんな気持ちだけは持っている一応現在のmongyでしたw

(備忘録1)昨日サボった30Cはおよそ8㍑水換えしました。

(備忘録2)昨日書き忘れましたが、D-tankのクーラーを昨日(2010.10.9)撤去しました。

(備忘録3)午前中は出掛けて無理でしたから、夜に10年10月10日10(22)時10分upを狙いましたw


更新情報


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。