--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買っちゃった、いや、買ってもらった

2010年05月10日 05:07

5月9日、母の日の間に更新したかったんですが、今夜も娘らに添い寝して今頃起きてきたモンギーです。
「母の日」と言えばカーネーションですが、白と赤の違いってご存じでしたか?
小生は勿論知りませんでした。
ところがリンクをいただいているtoshiさんのぽちぽち歩きの日記で目から鱗のような記事があったので皆様にもお知らせしておきます。
白と赤の謎はコチラでわかります。



さて、小生の拙ブログをご覧の皆様。
皆様の中にTwitterをご存じの方、あるいはご利用の方ってどれくらいおられるのでしょうか。
巷でよく聞くTwitterですが、Twitter自身のトップページ(コチラ)に行ってもよくわかりません。
元々、英文を日本文に直訳しているからでしょうか。
意味不明な日本語が続いたりします(それはそれで面白いんですが…ww
Twitter公式ナビゲーター[ついなび]twinaviというページがあって、これから始める方にはここがわかりやすいと思います。
小生もTwitterを使ってはいますが、そんなに頻繁にはつぶやいていませんw
思い立った時につぶやく程度です。
小生のつぶやきはブログの右カラム(サイドバーとも言うんでしょうか)に表示されます。
また、Twitter自体で読んで頂けるならコチラでしょうか。
そこで8日の土曜日につぶやいた事があります(気付いてた方、おられますか?
それを悩みに悩んで、そして妻におねだりしておねだりして…。
しかも、母の日におねだりして、半ば無理矢理に買ってもらいました。

行ったのは市内日本橋にあります大阪ボンバーというお店です。

ド━(゜Д゜)━ ン !!!
100509-大阪ボンバー

ドド━━━(゜Д゜)━━━ ン !!!
100509-CX3

ドドド━━━━━(゜Д゜)━━━━━ ン !!!
100509-CX301

買っちゃってます、RICOHのCX3!
なんとなく知名度は低いメーカーですが、立派なコンデジです。
伝家の宝刀x3も勿論最高なんですが、どうしてもマクロ撮影をしてみたくなりました。
x3用にマクロレンズを買うか、携帯性も考慮してマクロ撮影のできるコンデジを買うか。
結論は後者でした。
レンズが高すぎるってのもありますが、やっぱり携帯性でしょうか。
妻は「私の(コンデジ)を使えばいい」と言い張ってましたが、「ごめんちゃい、欲しいのよ、マクロ撮影できるコンデジ…」とおねだりしました。
1㎝までマクロ撮影ができるそうです…というのも、充電したまま眠ってしまい、先にこの記事書いているからまだ触ってませんw

行く前に、下調べで必ずチェックの価格.comで、RICOHのCX3(コチラ)を見ました。
今(2010.5.10 4:44)の時点では更に最安値を更新してて(少し残念ですが)、27414円まで下がっています。
小生は27424円で購入させていただきました。
日本橋に行った時に、ジョー○ンさんも見ました。
値段は39800円でした。
全然、値段が違います。

大阪ボンバーさんで安さの秘訣を聞きました。
①広告、宣伝、一切無し。
 →その代わり、価格.comのページが宣伝になる。
②在庫を抱えない。
 →売れ筋商品をギリギリの数で仕入れる。
③お店は倉庫みたいな雰囲気。
 →押し売り接客は一切してきません。
  …というか、お店に入ってから、店員さんが出てきます。
  みんな通販での発送準備に大忙しでした。
  人件費が浮きます。
こんなツボがあるそうです。
そして、小生は一つ思い当たるお店にピーンと来ました。

…チャームです。
チャームは行ったことありませんけど、なんとなく似たような雰囲気なのではないか?と。
しかも、チャームは店頭販売は無さそうですから、さらに人件費を浮かせることが可能です。
チャームは価格.comを使わない代わりに、楽天などでも展開してます。
チャームもうまくやってるもんですね。

大阪ボンバーさんの話ですが、この世知辛い世の中にあって、なんと無料駐車場完備でした。
これには、小生、ちょっと参りました。
大阪市内で、なんて行き届いたお店なんでしょうか。
かゆいところに手が届くとはこういう事を言うのでしょうか。
素敵なお店でした(こんだけ宣伝したから、なんかくれ w

さて次は、このカメラに合う入れ物と液晶保護フィルムを狙いますよぉ。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

練習中ですが…

2010年05月12日 04:50

今夜も添い寝から今時分目覚めてきたモンギーです。
前記事でコメをたくさん頂き、意外とマクロ撮影に皆さん興味がおありなんだと気付かされました。
それで…ってわけではありませんが、数枚練習中の写真をupしておきます。

ガラス面の汚れも見えてしまっています。
100511-RIMG0012
 RICOH CX3
 レンズ:4.9-52.5(28-300)mm F3.5-5.6 シャッター速度:1/36秒 絞り:F3.7 ISO感度:1532
 モード:マクロ撮影

ISO感度が高いですね。
明るい所と暗い所のギャップがきついです。
説明書によるとダイナミックレンジダブルショットモードという、こういうギャップを補正してくれる機能があるそうです。
まだ、使ったことはありません。
ちなみにダイナミックレンジダブルショットモードについて、RICOHの公式ページで「Photo Style 実験室」という所で(使用機種はCX1ですが)わかりやすく説明してくれています(コチラ!)。
簡単に言うと、連続撮影して暗い所を少し明るく、明るい所を少し暗く、撮影して勝手に合成してくれる機能です。
勿論、連続撮影ですから、実は動く生体撮影には不向きですw

こっちの↓写真はロータスの葉の下で明るいからかISOが低めです。
100511-RIMG0013
 RICOH CX3
 レンズ:4.9-52.5(28-300)mm F3.5-5.6 シャッター速度:1/36秒 絞り:F3.7 ISO感度:295
 モード:マクロ撮影

アマゾニアⅡから出てきている屑がよく見えてしまいますねぇ…(^^;ゞ

A-tankにて爆殖中のミナミヌマエビも撮ってみました。
100511-RIMG0016
 RICOH CX3
 レンズ:4.9-52.5(28-300)mm F3.5-5.6 シャッター速度:1/36秒 絞り:F3.7 ISO感度:238
 モード:マクロ撮影
____________________________________

昨日の晩ご飯はちょっとリッチなお店に行きました。
いきなり外観です。
100511-RIMG0020
 RICOH CX3
 モード:オート撮影モード

お店の名前は「手造りハンバーグの店」というそのまんまの名前のお店ですw
値段は、リッチというだけのことはある値段です。
しかし、それを上回る味です。

ハンバーグステーキセットです。
100511-RIMG0023
 RICOH CX3
 モード:オート撮影モード

あふれんばかりの肉汁がよだれを呼びます。
このハンバーグ、ソースらしきものは見えませんが、味はしっかりあって醤油ベースのたれがポイントで甘いんです。

小松菜を与えました

2010年05月16日 23:48

日曜午後は、お出掛けしてきました。

お出掛け前に、30Cに自家製小松菜(冷凍)を与えました。
30C小松菜02
 RICOH CX3
 レンズ:4.9-52.5(28-300)mm F3.5-5.6 シャッター速度:1/64秒 絞り:F4.5 ISO感度:1083
 モード:マクロ撮影

ケンカみたいなのを展開してました。
30C小松菜04
 RICOH CX3
 レンズ:4.9-52.5(28-300)mm F3.5-5.6 シャッター速度:1/52秒 絞り:F4.3 ISO感度:591
 モード:マクロ撮影

どこにでもいますね、登りたがり屋さん。
炭火焼?
30C小松菜03
 RICOH CX3
 レンズ:4.9-52.5(28-300)mm F3.5-5.6 シャッター速度:1/52秒 絞り:F4.3 ISO感度:238
 モード:マクロ撮影

そうです、焼き鳥の串を使っています。
可愛いでしょ?
30C小松菜01
 Canon EOS Kiss X3
 レンズ:EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS シャッター速度:1/83秒 絞り:F6.4 ISO感度:1600

RICOHCX3では1:1という画像サイズがあります。
このスクエアタイプのカットはキューブ水槽を写すにはちょうど良いかもしれません。
早速、設定して撮ってみました。
100516-RIMG0016
 RICOH CX3
 レンズ:4.9-52.5(28-300)mm F3.5-5.6 シャッター速度:1/32秒 絞り:F3.5 ISO感度:141

さすが1:1、すっぽり収まってますね。
これで風景とか撮るのは、どこで切ればいいのか、なかなか難しそうです!

淡路島!

2010年06月05日 23:34

さて、溜まっていた記事を今夜は更に2つupしておきます。

6月2~3日と淡路島へ行ってきました。
出張のような、そうでないような、そんな訳で RICOH CX3 をフル活用し写真をパチパチと撮ってきました。

前半はミニチュアライズ撮影です。

100603淡路島01
淡路サービスエリアにて撮影しました。
SA内にある観覧車と明石海峡大橋が見えますが、やはり大空が上に広がるとミニチュアライズ撮影での効果は減っています。

100603淡路島02
大鳴門橋です。
ここは高速道路をまたげるポイントがあって、そこから撮影してみました。

100603淡路島03
大鳴門橋(四国側)の下です。
渦の道というスポットの入口付近から撮影しました。
写真の上に空があっても半分ほどだとミニチュア感が感じられます。

100603淡路島05
これも大鳴門橋です。
四国側からの撮影です。
比較的おもしろい写真だと思います。



ここからはハイコントラスト白黒撮影モードです。

100603淡路島04
一つ前と同じ付近からの大鳴門橋です。
空を広く撮ることを意識して撮影してみました。

100603淡路島06
しつこいですが、同じく大鳴門橋です。
こういう鉄骨撮影も面白いかと思って撮ってみました。
まぁまぁ「ふ~ん」ってところでしょうかw

100603淡路島10
これは大鳴門橋付近のトンネルです。
手すりが無ければ雰囲気のあるいい写真になったかもしれませんね。

100603淡路島14
淡路島牧場という所にも行きました。

100603淡路島15
淡路島牧場の案内所事務室です。
見た目が古そうだったのでハイコントラスト白黒で撮影すると面白いかなと思って撮ってみました。

100603淡路島11
同じく案内所事務室です。
これは「文字撮影モード」で撮ってみました。
コントラストが更に激しくなって・・・と言うよりも、もはや漫画の一コマみたいになってます。
これはこれで面白いです。

ハイコントラスト白黒撮影モードを続けます。
100603淡路島16
一番最初の淡路サービスエリアにある観覧車です。
いい雰囲気が出ました。

100603淡路島17
観覧車を別角度から撮影してみました。
真っ昼間なのに、どす黒い雰囲気が出ました。
昭和50年代の暗いドラマみたいで好きです。

ハイコントラスト白黒撮影モードは、鉄骨や住宅など無機質な物を撮影すると面白いようです。
そんな印象を受けました。

ド迫力ラムさん!

2010年07月26日 21:46

なかなかまぁまぁな写真が撮れました。
100725-ラム01
ペットバルーンのリニューアル時にいただいたラムさんですね。
RICOHCX3で狙いました。
モードはマクロ撮影にし、ズームで少し寄って、シャッター半押しでピントを合わせたまま、ラムさんの動きに着いていきました。
そして、「ここか!?」と思ったところで、シャッター全押し!
それを何回も何回もチャレンジして、これが限界でした。
狙いやすいラムさんでこれですが、いつかはラスボラさんで粘ってみたいです!

水草屋Rootsで購入したブセファランドラ・シンタンに新芽が出ました(中央の白い芽
100725-ブセ・シンタン
生長が遅い分、若干珪藻類っぽいモヤモヤが付いてますが、気にせず行きましょう_(^^;)ツ アハハ

ホームセンターコーナンで、こんなのを見つけ、ついつい買ってしまいました。
100725-ビオトープの液肥
399円でした。
裏書きです。

《ビオトープの液肥》は、水生植物の生育に必要なリンサンとカリと微量要素をバランスよく配合し、アオコ・藻の発生の原因となるチッソは含まない肥料です。(以下略)


この「チッソは含まない」というところに惹かれて衝動買いしてしまいました。
これこそ、どぶに捨てる買い方ですね\(__ ) ハンセィ
素人なんです・・・ゆ、許して下さい。


更新情報


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。