--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F-tank立ち上げました

2011年11月05日 21:20

仮に今日立ち上げた水槽をF-tankと呼んでおきます。
このFは、まぁあえて言えばフミン酸のFということで、よろしくです。

底床のベース素材には、ひゅうが土(小粒)を2㍑用意しました(使用済み
それにピートモスを2つかみ加えて、更に(今の時点では)意味の無いテトラのイニシャルスティックを3振りほど加えました。

それを適当な(アバウトな)大きさの洗濯ネットに入れて、3~4振りしました。
111105-ひゅうが石+ピートモス+イニシャル
なんちゃってパワーサンドの出来上がりということで、次!

一番下には、ペナックP、トルマリンBC、バクター100、クリアスーパー、そしてフミンパウダーをかなりアバウトに振り振りしました。
111105-最下層
あ、いや、フミンパウダーに関してはアバウトじゃなく、これだけは測りできっちり15㌘です。

洗濯ネットに入ったなんちゃってパワーサンドを置いたんですが、もっと横長のネットの方が良かったようです。
111105-自作PS
後でソイルを足していくと、中央部分がこんもりしちゃいました(;´д`)トホホ

ここに使用済みのFULVIC soilをおよそ6㍑ほど入れました(↓この写真だけフラッシュ光ったので明るい
111105-下層
今回はレッドビーではなく水草さまたちの避難場所になれば良いので、使用済みでもいいかという判断で、次!

ペナックW、バクター100、クリアスーパー、フミンパウダー(15㌘)を振り振りしました。
111105-中層
この↑上に、FULVIC soilをまたおよそ6㍑ほどドバドバ~と入れて、適当に平らにしたら注水です。

注水は、A-tankから7㍑ほど、D-tankから14㍑ほど貰い、残りはカルキ中和した普通の水道水を入れました。
外部Fを回して水づくりですが、外部Fは酸素が入る所が少ないから普通にエアストーンでエアレーションすることにしました。
で、早速A-tankから気になる水草を持ってきたんですが、もう手遅れかもしれません。
その水草さまたちとは、あちぇさんから頂いたミクロソの数々です。
あちぇさん、ここで終わらせたらすみませんm(_ _)m
先に謝っておきますm(_ _)m

とりあえずヒーターがまだ入ってませんが、稼働中のF-tankです。
111105-R0013908
ミクロソの葉っぱの色が茶色いのが目立ちます(;´д`)トホホ

隣のD-tankと比べてみると、ソイルの盛り土具合がすごい感じですw
111105-R0013909
今日からおよそ1ヶ月はADAのカタログどおりの水換えを頑張りたいと思います。

今回立ち上げたF-tankの底床の組み合わせです。

┃          水
┠───────────────────────────────────────
┃       FULVIC soil およそ6㍑
┃      ペナックW バクター100 クリアスーパー フミンパウダー
┃     FULVIC soil およそ6㍑
┃    真似っこパワーサンド(ひゅうが土+ピートモス+イニシャルスティック)
┃   ペナックP トルマリンBC バクター100 クリアスーパー フミンパウダー
┗━底━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポンサーサイト

F-tank近況

2011年11月25日 06:57

A-tankで使っていたCO2関係器具をF-tankに持ってきております。
111123-R0014040
写真↑右の方に見えてるのがそうです。

A-tankから水草もボチボチ移動させています。
111123-R0014041
この後、グリーンロタラも持ってきたんですが、油膜がひどいです。

パンタナル・レッドモザイク・ロータスは水に敏感なようで、水槽を移すと必ず溶けます。
111124-R0014043
これ↑は葉っぱに穴がドンドン開いていってる様子ですが、他の所では茎が溶けてました。

およそ1ヶ月で珪藻類

2011年11月30日 03:12

みなさん、おはようございます。
同時にお久しぶりです。
ちーと風邪なんぞひいたりして、のんべんだらりと過ごしてました。
ちなみに小生だけでなく、下の娘あーさん、上の娘えーさんも、下痢やら発熱やらが続いてたり・・・。
そして今朝も添い寝からの今起きということで、こんな時間ですw

さて、ストック水槽というか、フミン粉を使ったF-tankですが、少し変化が出てきました。
111130-R0014067
前面ガラスに出てきた珪藻類です。

ADA冊子では1~2週間ほどで珪藻類が出てくるように書かれています。
現在で25日経過ですから時差はありましたが、想定内ので出来事です。
オトシンクルスと貝類を入れたいところです。
ちなみに油膜対策としてブラックモーリーも欲しいところです。
根茎だけからの再出発中のミクロソリウムも新芽が出てきていますよ!
現在、水草はリラキナ、グリーンロタラ、ベケッティ、ミクロソ各種、ロータス、モス3種です。



メインのA-tankで、溶けたり枯れたり無くなってしまった水草が2種類あります。
ミリオフィラム・マトグロッセンセとエウステラリス・ダッセンです。
A-tankでは「あ~ぁ」な気分だったんですが、A-tankよりも劣悪な環境で管理している職場tankで生き残っています。

生体は夏の暑さでほとんどが落ちてしまい、バコパとグロッソもなくなった職場tankの現状です。
111130-R0014062
先ほどのオトシンやモーリーと一緒にワクワクしながら考えているのが、ここ↑に何(生体)を入れるか?ですw

グリーンロターラっていいなぁ

2011年12月04日 23:07

今日は久々に梅田に出掛けて、「浪花ご馳走ビュッフェ 芋と大根」というバイキングで昼飯食ってきました。

グリーンロターラです。
111204-R0014119
小生ん家では最古参の水草です。

この水草、元気でいいなぁと思って見てました。
111204-R0014117
根っこ付近からも新芽が出てきてて(写真右の株もと)、すごく頼もしいです!

グリーンロターラの元気の良さ、いいなぁ!
明日からの仕事スタイルでも、見習おう!

ぐーたらな小生が管理してても育っているという意味では南米モスもいいスイッチの入り具合を見せております。
111204-R0014120
1~2週間後に一発目のトリミングをしたいなぁ!

それから、根茎だけになってしまったミクロソリウムの再スタートの続報です。

11月18日に根茎から新芽が出てきたんですが、これ↓が前回記事と同じ株の現在です。
111204-R0014121
コケ(藻類)の成長はスルーしていただき、立派な葉が4枚展開されてきました。

CO2添加のF-tankですから、やや環境はいいと思いますが、根茎だけになってしまった水草もしっかりと復活してくれているようです。
根茎だけになってしまっても、諦めてはいけないようですね。

サブのつもりの水槽が面白い

2011年12月12日 21:53

水草様たちの避難場所兼ストック水槽として立ち上げたF-tankが結構面白くなってきました。
111211-R0014221
これ↑が全景です。

所有している水草のほとんどを入れてあります。
フィルターは外部のみ、照明は蛍光灯を4本、CO2を添加してます。
いよいよ南米モスは今週1発目のトリミングをしたいと思います(アンブリアは既に1回ピンチカットしました
パプアモスspとプレモスの成長してる感もビンビン感じられます。
ミクロソは全ての種類で新芽が出てますが、手遅れっぽい根茎に黒ヒゲが凄い状態で着いているので、メンテナンスしたいと思います。
生体はブラックモーリーとオトシン、ヤマト、レッドラムズを入れてます。

プレモスの成長具合を間近で見てると、「おんや、もしやこれは?」という物を発見です。
111211-R0014218
こ・・・、これって、ラムズちゃんたちの卵ですか?

メインのA-tankで使用しているソイルが既に2年くらいは経過していると思います。
F-tankのソイルもユーズドとは言え、まだまだ1年も使ってません。
こうして水草の成長具合やらを見ていると、やっぱ新しいソイルは強いなぁと感じました。

水槽
 NISSO NEWスティングレー NS-106
照明(タイマーにて16~23時)20w×4灯
 NISSO カラーライト600T
 NISSO フラットインバーターライト600
濾過器
 エーハイム 2234
濾材
 忘れましたw
吸水
 特になし
出水
 エーハイム シャワーパイプ
底床
 FULVIC Soil 01 ノーマル 10㍑前後
 真似っこパワーサンド
 ペナックW ペナックP バクター100 クリアスーパー トルマリンBC フミン粉
エアレーション
 無し
CO2添加(およそ1滴/秒)
 ADA CO2スピードレギュレータ
 ミドボン AIネット製バブルカウンター 逆止弁 スピコン
ヒーター
 GEX コンパクトスリムホットパック150BLK
タイマー
 GEX アクアクロック
水槽台
 NISSO ST-602
生体
 ブラックモーリー/オトシンクルス/ヤマトヌマエビ/レッドラムズホーンスネイル
水草
 アルテルナンテル・レインキー“リラキナ”/グリーンロターラ/アマニア・グラキリス/サンパウロ・レッド・アンブリア
 ウォーターバコパ/パンタナル・レッド・モザイク・ロータス/南米産ウィローモス/パプアモスsp
 プレミアム・モス/ウォーターフェザー/フレームモス/クリプトコリネ・ベケッティ
 ブセファランドラspシンタン/ブセファランドラspクダガン/ブセファランドラspクアラクアヤン1
 ブセファランドラspムラウィ/ブセファランドラsp“The IA”
 ミクロソリウムspスモールリーフ/ミクロソリウムspフォークリーフ/ミクロソリウムspウィンドナローK
 ミクロソリウムsp十字葉/ミクロソリウムsp KIAT/ボルビティスヒューデロッティ

南米産ウィローモスをトリミング

2011年12月13日 21:44

こんばんは。

本当にどうでもいい事なんですが、毎日、通勤で通る道にあるお宅(と言いますか・・・)の門なんですが・・・。
111213-R0014225
いつもとっても気になってしまうんです。

だって、門を開けたらいきなりブロック塀なんですもの。
111213-R0014226
事情はなんとなくわかるんですが、とりあえず気になっていつも見てしまうシーンです。



閑話休題。

現在、唯一安定している水槽がストック水槽でもあるF-tankです。
水草も元気で癒されます。
コケ(藻類)はガラス面の軽傷斑点緑藻と黒ヒゲ苔くらいで、あまり気にもなりません。
蛍光灯4灯ってのもいいんでしょうけど、CO2添加を1滴/秒でしているのも好結果をもたらしている気がします。
勿論、ソイルも比較的新しいです。
これ、CO2の添加を3滴/秒くらいにしたら、どんだけ成長するんや?と思います。
でも2滴/秒くらいならパワーアップしても面白そうです!

そんな元気なF-tankで宣言どおり南米モスのトリミングを行いました。
111213-R0014227
↑こっちがビフォー。

あんまりようわかりませんが、↓こっちがアフターです。
111213-R0014229
成長点を奪われた南米モスの、さらなるモフモフを期待します!

根茎ミクロソリウムのその後

2011年12月16日 03:31

しまったー!
添い寝で寝てしまったーッ!
・・・と言うわけで、今時分な更新ですw



根茎から出発したミクロソリウムのここ1ヶ月の経過をupしておきます。

↓過去画像です(2011年11月17日
111117-R0013984
完全な根茎状態から新芽が出てきた所です。

↓過去画像です(2011年12月04日
111204-R0014121
この株が確実に生きていることがわかりました。

↓最新画像です(2011年12月14日
111214-R0014270
さらに新芽が展開されているのはいいんですが、葉っぱの先がまだクルンと巻きになったままです。

F-tankですから照明は20w×4本でCO2添加有りですが、およそ1ヶ月で一応形にはなることがわかりました。
ミクロソとボルビがほぼ根茎のみから再出発しました。
現在、根茎から葉っぱが出てきて「おそらくこれは(種類)これやろ」って分かるヤツを備忘録しておきます。
ボルビティスは確認できました。
ミクロソはスモールリーフ、フォークリーフ、十字葉(もなんとなく)、KIATは確認できました。
ウェンディロヴとウィンドナローK(また似たようなヤツがw)が確認できてません。
↑上でupしたヤツが、そのどちらかなんです。
これ、葉っぱの先が獅子葉っぽく展開していくんでしょうか(・・Д・・)・・・ウ~ン?




サンパウロ・レッド・アンブリアって、こんだけしか赤くならないんでしょうか。
111214-R0014271
赤はやっぱ鉄分って言うから、底床の真似っこパワーサンと液肥も自作カリ水しかやってないから、アカンのかなぁ?

最近、F-tankにいる魚ちゃんのブラックモーリーの漆黒具合が好きです。
111214-R0014274
好きなんですが、唇がちょっと怖いんです。

前から見ても、やっぱりこの唇が「なんや、われ」みたいなこと言ってるみたいで怖いです。
111214-R0014281
タラコ唇が泳いでるなぁ、と思ってしまいます。

グリーンロターラ、1本だけ蛇行が激しいヤツがいますw
111214-R0014288
他のもそろそろハングオーバーしていきそうです。

今日のF-tank(2011.12.16)

2011年12月16日 23:11

今日も楽しいF-tank。
特に目新しい事は何もないけど、ちーとばかり安心して眺めてられるF-tank。

アマニア・グラキリス。
111216-R0014291
南米モスの奥、ロターラとアンブリアに挟まれた所に結構いい赤を発色して、かなり遅いペースですが一応生きてます。

ヤマトヌマエビ。
111216-R0014296
南米モス付き流木のここ↑が好きみたいで、いつもこうしてここで縦に2尾逆立ち状態で並んでます(3尾いるはずなんですがねw

ブセsp‘The IA’。
111216-R0014298
購入後ようやく一枚目の葉っぱは、淡いピンクと言うか黄色を少し混ぜたピンクと言うかそんな葉っぱでちょっと萌えw



引っ越してまだ1週間も経っていませんが、とりあえず1尾の☆も見てないD-tankです。
特に新しいこともないですが、忘れてはいけないので、とにかく1枚だけ写真upしておきます。

mongy家のレッドビーは、すべてこの子たちにかかってます。
111216-R0014289
頼むぜ~!

もはやメインより楽しい(かも)F-tank

2011年12月19日 21:55

瀕死のプレモスが(CO2のおかげか?)奇跡的に復活してきました。
111219-R0014316
毎日見てても、ちょっとスイッチ入った感がします。

そこで、このプレモスをうまいこと、こっちのクダガン溶岩石に侵略させたいと思います。
111219-R00143180
果たしてうまく行きますでしょうか!?

パプアモスspは、竹炭に残っていたのこりかすモスを、流木に追加巻きしました。
111219-R0014329
この流木の手前、ピントがあっている所が今回新たに巻き足したところです。

↓ご覧のように、奥の方の以前巻いた所は、スイッチが入っているようです。
111219-R0014328
手前の巻き足した所のペースでトリミングをしていきたいと思います。

あまりmongy家のtankでは目立ってませんが、唯一のクリプトも元気が出てきたようです。
111219-R0014333
新芽も放射線状に出てきて、特に若い新芽は今の環境だと緑とピンクのグラデーション(葉脈沿いにピンク、それに虎模様的に緑)が出て、とっても綺麗です。

そして、ついに!!
111219-R0014337
経過upしているミクロソのその後ですが、ついに!!

獅子葉っぽい展開が!!
111219-R0014336
この獅子葉がナローっぽい葉っぱの先に展開されれば、こちらが確実にウィンドナローKということになります!

黒ヒゲに竹酢液を。

2011年12月21日 21:08

ずんださんが黒ヒゲ駆除の記事をupされてましたので、ちと小生も久々に竹酢液をかけてみることにしました。
小生は過去に竹酢液でブセなどにまとわりつく黒ヒゲの駆除に一応成功しています。
スプレー式の竹酢液をかけて赤くなって、サイアミなどが興味を持っていたんですが、駆除には至りませんでした(コチラ
そこで、別の生物兵器レッドビーに思いを託しました(コチラ
見事レッドビーが駆除してくれました(コチラ
ま、今回はその期待のレッドビーが数少なくなってしまってますので、巨艦ヤマトに期待です。

今回の対象はミクロソ溶岩石を苗床にしている黒ヒゲ軍団です。
111220-黒ヒゲ01
Roots店主様から聞いた「黒ヒゲが発生しても水草に影響が無いなら、結構放置です」的な感覚を小生も持ち始めてますが(駆除が面倒くさいからw)、見栄えはあまりよろしくないので竹酢液攻撃です。

今回も、去年使った100均の竹酢液を使いました(コチラの記事内に写真あり
水槽から出して、適当なトレーの上でスプレーを5~6回ほどシュッシュと シュッシュー( ・_・)r鹵~<巛巛巛
水槽にそのまま入れました。

前回ほどではないですが、赤く染まりました。
111220-黒ヒゲ03
さて、ヤマトが食ってくれるのか?

ちなみに、この辺↓なんとなく染まり具合が弱いので、100均のシリマー(注射器)で原液を直接噴射しておきました。
111220-黒ヒゲ0201
メラメラ~と原液が出てきているのが見えます。

よくある方法は絵筆なんかに竹酢液(木酢液)を付けて、水槽から出して塗り塗りでしょうか(フィ※ンギットとか?
小生ん所の竹酢液では直接スプレーしても、シリマーでスポット攻撃しても同じようです。
ただ、前回は臭いを気にしてベランダでしましたが、今回は寒いので室内でしたもんだから、臭いがずーっと漂ってます。
ホントーに、臭い!!
耐えられない臭いじゃないですが、ここは注意が必要ですねw
ところで、この赤く染まるのとか、同じ竹酢液でも効果がまちまちなんでしょうか。
先述のずんださん所では染まらなかったそうです。
何が違うんでしょうね。



水槽に手を突っ込んで黒ヒゲ駆除とかしてたので、他にもちょっといじってみました。
ブセです。
前から気になっていたのが、本当に「葉っぱ2~3枚で根茎を切って新芽が出るのか?」ってことでした。

2~3枚は怖いので、5~6枚で切って新芽が出たら株分けできますよね。
111220-ブセ01
とりあえず新しい根っこが活着もしている様子の、この↑シンタンでを切ってみることにします。

カットした部分はここ↓です。
111220-ブセ0201
さて、成長点を奪われたブセは根性を見せるのでしょうか?

そんな感じで、ミクロソ触ったりブセ触ったり、他にも配置変えたりしました。
111220-F-tank01
これ↑、いじる前のF-tank全景です。

で、こっち↓いじった後の全景です。
111220-F-tank02
やっぱりここに、灼熱地獄の職場でなぜか生き残ったミリオフィラムとダッセンを持って帰ってきたいと思う毎日です。

シャキシャキ感のある根っこ

2011年12月29日 21:29

F-tankの水草を少しトリミングしたりしました。

これ↓、やる前です。
111229-R0014484
アンブリアとロターラが元気いいので、特にアンブリアは本数も減らそうと思いました。

これ↓、やった後です。
111229-R0014488
有茎草は根元つまんでバイブ効かせて抜いて、良さげな株の先だけを切って植え直しました。

抜いてて見つけたのが、この↓アンブリアが匍匐している!という事実w
111229-R0014486
根っこも元気良くて、シャキシャキしてそうですねぇ!!

プレモスも先日買った溶岩石(赤)にちょっとだけ巻いてみました。
111229-R0014491
Rootsで溶岩石の赤を買う時、「赤の上に緑を乗せてみたいなぁ」と思っていたのでとりあえずやってみた、の図ですw

ストック水槽で進めているF-tankですが、結構こっちがホント、面白いです。

こいつぁ春から縁起が良い

2012年01月05日 22:53

これ↓は昨年12月21日の画像です(過去日記より
111220-ブセ0201
ブセspシンタンの株を増やそうってんで、切ってみたわけです。

そして、これ↓が今日の画像です。
120105-R0014547
昨日まではちょろすぎて根っこかな?と思っていたんですが、そうじゃなかったようです!

可愛い新芽が出てきてます!
120105-R0014548
ブセが根性を見せてくれました!

魚魚ッとオトシン

2012年01月08日 14:25

昨日チャームより届いた品の中にオトシンクルスがいます。
F-tankではメンテンスフィッシュとして、D-tankでは珪藻類駆除コケ取り部隊として、来ていただきました。

ほいで昨日、こんな感じ↓で、頑張っとるよ~みたいな写真を撮ろうとして水槽を覗いてました。
120108-R0014599
来たばかりの新人オトシンはちょこまかちょこまかとよく動きます。

D-tankには初めてのお越しだったんですが、F-tankには前からの先住オトシンがいます。
F-tankを覗いて、まぁなんともガラス前面で落ち着いた先住オトシンがいました。

そこでマクロで寄ってパチリ!
120108-R0014605
ちびえびさんのこの記事のオトシンを思い出しましたよ。

シンタン根性

2012年01月14日 01:45

脇芽から株を増やしていこう!ってことでブセspシンタンにハサミを入れたのが昨年末12/21でした。
111220-ブセ0201
↑過去画像の使い回しです。

そして今月の5日およそ1週間ほど前、脇芽が出て\(^-^)/バンザーイとかやっていたら、さらにシンタンが根性を見せ始めているではありませんか!

この写真↓の○で囲んだところが全て脇芽ではないでしょうか!!
120113-R0014710
すごい根性で、ここまでやられたら飼育管理者としても気を引き締めて育ててやらねば!と思ってしまいます。

F-tankの近況

2012年01月28日 17:00

何なんでしょう、先日テイラーズで購入してきたレッドラムズたちが結構なペースで落ちます。
120128-R0014774
最初購入してきた親個体の1尾はだいぶ前に落ちて、これ↑はもう片方の親です。

他の所にも子どもたちの殻だけがこうしてポツポツと。
120128-R0014777
レッドラムズの落ちる原因て、空腹?ph?汚れ?どんなんがあるんでしょうか?

水草は相変わらず比較的安定しています。
120128-R0014785
クリプトコリネ・ベケッティです。

グリーン・ロターラが水面到達前にハングオーバーし始めました。
120128-R0014786
なんでか理由がわかりません。

ブセspバタン・カワのこの妖艶(ようえん)な葉っぱをご堪能下さい。
120128-R0014792
クダガンの色も凄いなぁと思いましたが、バタン・カワのマジョーラぽい色もすごい強烈です。

写真ではあまり目立ちませんが、相変わらず黒ヒゲの猛威が強烈です。
昨夜、ブセは黒ヒゲに覆われてきている古葉をできるだけカットしました。
クダガンの一部は根っこだけのような感じにもなりましたが、これもここから再生するか見守りたいと思います。
F-tankの照明は蛍光灯4灯なんですが、一度これらすべてをリセットしてみたいなぁとも考えてます。
使いたいのは決まってますが、やっぱり先に工具かなぁ?なんて思ったりして、PCモニター、Web見てニヤニヤしてます。
あ、今はニヤニヤしてるだけです。

F-tankを少しメンテナンス

2012年01月30日 17:00

少しF-tankにハサミを入れたりしたので、upしておきます。
120130-R0014822
右側がどちらかと言えば「頂き物」ゾーン、左側が「行き場の無い、けどなぜか愛しちゃう=捨てられない=ストック」ゾーンw

そんな「ストック」ゾーンに、職場で元気をなくしていた水草を持ち帰ってきました。
120130-R0014814
エウステラリス・ダッセンです。

ミリオフィラム・マトグロッセンセです。
120130-R0014815
この2種類は、確か「自宅で元気一杯」→「職場に寄付」→「自宅のは枯れて職場のだけ生き残った」→「職場のも元気がなくなってきた」ってパターンの水草です。

グリーンロターラとアンブリアの足下に植えました。
120130-R0014832
ついでに、アマニアやリラキナをカットしたり、配置もすこし換えて1枚目のような状態になりました。

中央でデーンと構える流木の南米モスも少し育っていたので、左サイドを中心にカットしてみました。
120130-R0014828
右側にピーンと伸びていってるのも南米モスなんでしょうか、なんか違う気がするんですが。

育っているとは言え、所々に見えます茶色っぽいのとかが嫌で、そういう所が綺麗になったらいいのにな、と思うmongyです。

やっぱミリオフィラム好きだわ~

2012年02月09日 17:00

たまには水草のことでもupしておきます。

職場から持って帰ってきたミリオフィラムですけど、自宅水槽の水に馴染んだのか新芽が出てきたようです。
120208-R001495501
この↑薄ピンクの丸で囲んだあたり新芽っぽくて、やっぱりこの葉の形、好きだなぁ~。

ウィンドナローKだけじゃないんですが、1~2種ほどのミクロソの先端がこのように↓白化現象っぽくなってます。
120208-R0014956
なんかのバランスがおかしいんでしょうか?

こちら↓はスモールリーフですかね。
120208-R0014957
小ぶりですけどなんか勇ましく見えて、結構好きです。

最後にクダガンの捨てようか?と思っていた黒ヒゲ付きの葉っぱ2枚の茎部分をソイルに埋めておいたんですが。
120208-R0014958
まだ確認できませんが、な~んかアヤシイ感じのするものが・・・・。

ブセにだけ春が来たのかなぁ

2012年02月17日 17:00

完全に落ち目路線のレッドビー飼育と違って、ブセは新芽が次々と展開してきました(あ~春なんかなぁ

バタン・カワです。
120215-バタンカワ01
買った時から根茎の長いヤツだったんですが、そこからグググッと新芽が出てきました。

寄って見てみると、どうやら5つほど芽が出てきてるようです。
120215-バタンカワ02
溶岩石の向こう側にも1芽見えました。

1月14日にupしたシンタンのその後です。
120215-シンタン
シンタン長者になれたら、ついでに奥に見えてるプレモス長者にもなりたい気分です。

葉っぱ2枚の根っこだけ突っ込んでいたクダガンからも新芽です。
120215-クダガン
2つは確実っぽいです。

蛍光灯は20w4本ですが、CO2をガンガン焚いてる水槽です。

クダガンとプレモスと

2012年02月29日 17:00

こちら、不安いっぱいのD-tank。
120222-R0015202
もうエビちゃんたちは10尾もいないことでしょう・・・・(;´д`)トホホ

こちら、そこそこ安心して見てられるF-tank。
120222-R0015198
職場で瀕死状態だったミリオフィラムやらダッセンやらも、そこそこ伸びてきました。

そんな中で、元株ブセspクダガンのカットを、悩むってほど悩んでないけど、ちと考えております。
120222-R0015196
じょえさんにいただいたクダガンは、その時行ったお店で買った溶岩石にまき、プレモスを乗っけてます。

ちょっとわかりにくいので、背景を消しました。
120222-R001519601
↑こうして、頂き物のクダガンプレモスを綺麗に盛ってみてはいかがかと、考えております。

※コンデジが逝っちゃう前に撮影していた画像です。

バタン・カワに春が来たよ

2012年03月19日 21:01

最近、アクア関連のupがなかったので「水槽を畳んだのでは?」ということになってもいけないのでupです。

水草と黒ヒゲが元気なF-tankです。
120318-F-tank
ちょっとだけいじってみました。

いじり後。
120318-F-tank0
あんまり変わってませんねw

一番手前にあるプレモスは綺麗に育ってて気持ちいいです。
120318-プレモス
これって中の方から枯れてくるんでしょうか?

ブセspバタン・カワに花芽がつきました!
120316-011
久しぶりにmongy家で見るブセの水中花で、めちゃくちゃ楽しみです!!

クリプト・ベケッティなんですけど、パッと見は調子いいんですが、ところどころおかしいのお気づきになります?
120318-クリプト2
先日見つけて、ちょっと気持ち悪いのでザザッと撤去はしたんですけど、なんか変な葉っぱがありますでしょ。

これこれ↓、こんな感じで溶けてるんです。
120318-クリプト1
全体を見ると調子いいんですが、クリプトが溶けるって確か移植直後によく起こるって聞いたんですけど、これ、何なんでしょう。

レッドビーと水草の現状

2012年09月26日 03:51

また…ですねぇ、皆さんのRSS(367記事溜まってます)にも行けない日々が続いております。
すみませんm(_ _)m
拙ブログもですねぇ、なんともおよそ1ヶ月ほど放置状態でしたねぇm(_ _)m
とりあえず、また、現状の報告だけでもしておきたいと思います。

こちら↓D-tank。
120926-R0016078
見事に何を飼育しているのかよく分からない程の水槽になっておりますねw

こちら↓F-tank(ストック)。
120926-R0016077
ようやくメイン水槽(A-tank)から生体も移動させました。

メインのA-tankは茂み化していたリラキナをすべて捨てました。
ミクロソのホンナローも一部をF-tankに移動させましたが、かなりやられていてボロボロと崩れるパーツが多かったです。
ブセは元気ですが、黒ヒゲも同様に元気です。
ブセはもうどれがどれかわからんくなりました(ってか名前も一部忘れましたw
A-tankでリラキナ撤去したら、下の方からロータスが出てきました。
てっきり枯れていたと思っていたロータスが1株だけ生存していたので移動させました(↑上写真では一番左下

パンタナル・レッドモザイク・ロータス↓
120926-R0016062
CO2添加で葉裏に気泡があり、表のレッドモザイクが透けて見えて綺麗だったのでパチリ!

F-tankの一番右下にはプレモスがあったのですが、写真の通りほぼ跡形もありません。
中央にこんもりしているのはウォーターフェザー。
こちらは夏を乗り切って、最近では生長の勢いも加速し始めてます。

ウォーターフェザー↓
120926-R0016059
一部黒ヒゲが残っていたり、枯れかけた色合いが残っていて綺麗とは言えません。

近日中、余裕があればメインのA-tankの現状でもupしたいと思います。
と言っても写真も撮ってないのですがねw

ブセと気泡

2012年09月28日 22:18

いや~レッドモザイクがかなり小ぶりで、紅い斑点も結構お気に入りな形で見ててあきないです。
120928-R0016091
一時期化け物みたいなサイズになったこともあるんですが、このままのサイズを維持してほしいです。

こちらはブセ(おそらくムラウィ)の開花直前ですけど、この気泡はいったいどこから?中から!?
120928-R0016085
こ~ゆ~の、な~んか、ええわぁ。

涼しさでスイッチオンかな

2012年10月13日 21:04

なんと珍しくも連日更新ですw

こちら↓おそらくバタン・カワの開花かと思います。
121013-R0016126
TheIAと隣同士で置いていたら、どっちがどっちかわかんなくなってしまいました(;´д`)トホホ

先日開花したムラウィも花芽を3つ付けて好調です。
121013-R0016129
他にもシンタンにも花芽が見えます。

ホントかけら程度だけ残っていたプレモスに変化が見られます!!
121013-R0016127
なんとな~く、生長スイッチ、入ったかも(*^ー゚)v

隣のD-tankではレッドビーが3尾ほど、軽~く小躍りしております。

光合成絶好調!黒ヒゲも好調!

2012年12月06日 14:04

F-tankですが、この小さい泡、ぜ~んぶ光合成による気泡のようです。
121205-R0016369
奥の方なので、どの葉から出てくるのかよく分かりませんが、心地良い感じです。

一方、こうして↓溜まって、溜まってェって感じの気泡もポワッと感があって良い感じです。
121205-R0016372.
CO2パワー、恐るべし!ですね。

黒ヒゲも好調ですが、ブセの花芽もドンドコ出てきてます。

ようやく水槽を1本に。

2013年04月27日 22:16

久しぶりのアクアネタです。
2本ならんでたD-tankとF-tankですが、D-tankの方に残っていた水草をすべてとりあえずF-tankに移動させました。
その際、F-tankにあった水草も少し整理しました。
まぁ、なんというか、放置プレイもいいところ・・・と言った感じです(;´д`)トホホ

ボルビティス(すぐに名前が出てこなかった・・・)も、手の平2枚分くらいにまで成長してました。
130427-R0016700
こんなの見たら、欲しい人とかいるのかなぁ?と思ったり。

アマゾンソードもええ加減、飽きるぐらいの大きさにまで肥大してしてしまってますがw
130427-R0016701
こちらは手の平3枚分はあろうかと・・・・植え場所もないので残念ながら(いや、意外とあっさり)廃棄しました。

で、現在はF-tankにすべて水草が入って、稼働しているのもこれ1本という状態です。
130427-R0016705
中央のが元気もりもりなボルビティスですが、他にもブセは開花しまくってますし、どこに生き残っていたかプレモスもそこそこ育ってました。

熱が冷めるとこうなるの図

2013年09月08日 21:48

タイトルに「熱冷め」とあるように、ま~、よくもこれだけ放置したもんだ、って感じです。
130908-R0017612
水草ちゃん、魚ちゃんたち、ごめんなさい。

秋になったので、本当だったら「そろそろやるか!」って言いたいんだけど、結局、今日は濾過機を掃除しただけ。
照明もほとんど点けてなかったので有茎草はまぁほぼ全滅。
ブセ(きっと一部だね)が右サイド、ミクロソ(確実に一部だね)が左サイドに残っただけ。
モス(コケ)関係は、ウォーターフェザーと、たぶん南米モスっぽいのが少しありそう。
とりあえずアクアの報告でした。
[ 続きを読む ]

きったな~い水槽

2013年12月29日 14:01

今、唯一mon家で稼働中のF-tankでについてupしておきます。
元々は水草ストック水槽だっただけに、ストックだけ(・・)を稼働中ってなんか変な言い方ですなぁ。
で、しかも、ずっと放置中。

まずはブセファランドラの杜、右側から。
131229-IMG_71591
EF24-105mm F4L IS USM
Av優先 1/8 F11.0 補正-1 ISO1600(オート) 焦点距離45mm WB:AWB PS:シャープネス7、コントラスト1

中央付近、気温が下がってきて元気になってるだけのミクロソリウム団。
131229-IMG_71621
EF24-105mm F4L IS USM
Tv優先 1/60 F4.0 補正-1 ISO800 焦点距離50mm WB:AWB PS:シャープネス7、コントラスト1

モス、ボルビティスらがカオスな左側は、この後ろ側にアマゾンソードと1種類の有茎草を先ほど発見(まだ生きていたのか!
131229-IMG_71871
EF24-105mm F4L IS USM
Av優先 1/8 F8.0 補正-1 ISO800 焦点距離35mm WB:AWB PS:シャープネス7、コントラスト1

一時期、大繁茂しプレゼント企画までやっていたウェンディロヴもいたりして、懐かしい~!
131229-IMG_71881
EF24-105mm F4L IS USM
Av優先 1/60 F4.0 補正-1 ISO1600(オート) 焦点距離73mm WB:AWB PS:シャープネス7、コントラスト1

ブラックファントム・テトラは、好きな魚の1種で、シャッタースピード優先でパチリッ!
131229-IMG_7181
EF24-105mm F4L IS USM
Tv優先 1/60 F4.0 補正0 ISO800 焦点距離105mm WB:AWB PS:シャープネス7、コントラスト1(クリック拡大あり

お見せしたくない全景です(トホホ~
131229-IMG_71921
EF24-105mm F4L IS USM
Av優先 1/15 F8.0 補正-1 ISO1600(オート) 焦点距離24mm WB:AWB PS:シャープネス7、コントラスト1

プラグイン、プロフィールver3欄でA-tank稼働に向けて、自らに発破をかけてましたが全く腰が上がりません。
A-tank稼働の日付を変更する必要が出てきました。


更新情報


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。