--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2本目 行く?逝く?

2009年11月21日 08:09

いやはや三連休です。
今朝は早速里山ハイクに行きたかったんですが、結局こんな時間まで寝てしまって(-_-)zzz
やっぱ平日の疲れが余程たまっとるんでしょうなぁ。
んでもって今日は医者通院の日ですからハイクはあきらめました。
明日明後日と天気が保てばどちらかで行きたいです。

さて、現在、我が家で活躍中のタンクADA。
ここにmongyアクア(の第2ステージ)の原点があるわけですが、よくよく考えるとじっくり見れる時間がわずかしかありません(別によく考えなくても分かる)。
照明時間を正午から20時と決めているので、仕事から帰って飯喰ったりなんだりかんだりしてると見られる時間が結構少ないんです。

そこでmongy考えた。

そうだ、職場にセットしよう。
 これは賢い判断です。
早速、準備にかかりましょう。
 そうしましょう。

…と夢ばかりはふくらむが現実は問題があって当然です。
人間、何事もやろうと思うと壁が立ちはだかるものです。
当然、職場は自分だけの場所じゃないわけで、周囲の人たちの承認がります。
ところが何てことない、…あっさり承認してもらえました(えっ!?)。

確かに癒し~healing~は現代社会で大きな話題となっています。
誰もが癒されたいと望んでいる昨今、水草がワラワラと揺らめき魚やエビたちがチラチラと泳ぐ景色は、疲れきった心身を深の底からリラ~クスさせてくれます(いったい小生は誰のつもりでこんな文を書いてるんだか)。

そこで今日から始まる明日への一歩。
『2本目 行く?逝く?』第1弾
インバータ
いつ立ち上がることになるか分からん未知なる旅を始めます。
いわゆる「とりあえず安い時に買っておけ」的な立ち上げ方ですわ。
早速チャームで通常より2000円安かったインバータを購入。
これがまた対応速い!
精算すませた翌日の夜に届きました。
速すぎます。
ってか、21時10分前に届きました。
夜としては遅すぎます。
で運送屋に聞いたら「21時まではウロウロと運んでいます」とのこと。
ふ~ん、次に注文する時は覚えておこう…と。
ただこのインバータ、以前は3000円オフで売られていた時があったからちょっと後悔(ノ_・、)グスン
ま、ええんですがね。

さて、行けるか?
はたまた逝ってしまうのか?
応援のほど、よろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト

2本目 行く? 逝く? ~第2弾

2009年12月10日 22:10

モコ*モコ Happy Life」で、いつもハッピーな気分にさせてくださる庵さんから以下のようなコメントを頂きました(一部略)。

「関西でトタン屋根の室内でビーさん飼育(略)かなり厳しい(略)。
クーラーの効かない室内でクールボックス使ってもそれほど水温は下がらない気がするなぁ… 。」


や…やはり厳しいのでしょうか。
今日(例の)ムックを読んでると、一応BEEはギリギリ29℃までなら対応できる…と書かれてました。
出費がかさんでもBEEへ行くのか!
それとも逝くのか?

そうこうしてると、こんな物が届いてしまいました(笑)
JUNソイル
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


やっぱりいつものチャームで「安かったら買っとけシリーズ」の第2弾です。
前回は「2本目 行く? 逝く?」でインバータを買ってます。
その第2弾は、ご覧の通り(どこからどー見ても)ソイルです。
定価知りませんが、(確か)1300円切ってました(安いんか?)。
で、これのどこに目が行ったかと言うと、勿論エビの絵です(笑)
袋の左中腹あたりにエ…エビがいるじゃないですか!

これはかなりエビに脳みそ浸食されとるな → 

2本目 行く? 逝く? ~第3弾

2009年12月17日 21:42

091217チャーム
「2本目行く?逝く?」の第3弾は水槽台などです。
斜交い(はすか )の無いNISSOの水槽台ですが、これと今後ずっとつきあっていくことになると思います。
というのもこっちの水槽は職場tankと違って、小生の転勤と共に歩ませようと思っているからです。

まぁ、水槽台は普通なんですが、それと同梱されている商品が怪しいです。
091217チャーム02
とりあえず「安い時に買っとけ作戦」で購入されたのは、上の2点。
Tetra社のテトラP-1フィルター。
hydor社のバイオフローM。
これ、かなりエビストへの道をひた走っている気がします…、自分自身…。

Beeには止水域を作ってはいけない、と
いうことを知っているな、こいつ…と
思われた方 ↓

2本目行く逝くB-tank

2009年12月23日 01:30

いよいよ水作りが始まりました!
本日(と言っても昨日ですが)最後の品、水槽が届きました。
すべての品を開封し、組み立てました。
水入れもしっかりと発泡トレイを敷き、貯めました。
091222btank01 091222btank02
2本目水槽、「B-tank」スタートとして記録しておきたいと思います。

 水槽:ニッソー NEWスティングレー NS-106(60*30*36)
 濾過器:エーハイム eccoコンフォートS(2232)
 ヒーター:不明
 ライト:ニッソー フラットインバーターライト600
 底床:JUN プラチナソイル ブラック スーパーパウダー8㍑
 吸水:テトラ P-1フィルター
 排水:hydor(ハイドール) バイオフローM
 水温計:現在なし
 CO2:供給予定なし
 エア:供給予定なし

091222btank03
さて、この排水パイプのバイオフローですが、とってもおもしろいです。
ゆっくりと回る動きは見ていて飽きません。
現在は、写真のように排水位置は右奥ですが、右手前に持ってこようかと早速考えています。
また、ヒーターですが、昔に使っていた物なのでキスゴムがまず硬化しているのと動作確認する必要があるので、将来的には交換するかもしれません。
もちろん、「B-tank」の名前には「Bee tank」つまりレッドビーシュリンプの意味も込めています。
この水作りを適当な頃合いまで続け、いよいよ生体の購入へと入っていきたいと思います。

応援よろしくお願いします!

待ってました!
と、思われる方
 ↓

チャームとニッソー

2009年12月28日 18:48

L字金具
先日組み立てた職場B-tankの水槽台を裏から見たところです。
L字型金具があるの、おわかりですよね。
ところがどうしたことでしょう。
このL字型金具、一つだけネジがはまりません。
やっぱり安物はイマイチなのかなぁ…とよく見てみると…。
L字金具01

L字金具02

分かっていただけます?
左の金具の穴、少しだけ小さいですよね。
よ~く見ると、左の方の穴にネジ溝が無いのがお分かりいただけますでしょうか?
ま、実際無いから台を組み立てられなかったのですけどね。
そこで小生、注文先の
チャームに問い合わせメールしてみました。
「あ~、そういうことなら直接ニッソーとのやりとりになりますが、ニッソーにお宅の住所や電話番号を教えてもいいですかね?」的なメールが来ました。
なんだか気の進まないメールですよね。
[ 続きを読む ]

またしても清水の舞台から飛び降りた!

2009年12月30日 17:34

なんてことのない水草です。
ま、お世話様のチャームでポチッとしました。
いったいどんな水草を買ったのか見てみましょう…エッ!?
アクアシステムM1-01
[ 続きを読む ]

クリプトコリネ・ベケッティ

2010年01月02日 12:08

クリプトコリネ・ベケッティ
今日の一枚はクリプトコリネ・ベケッティです。
まだ水上葉だと思います。
パイロットとして入ってもらったオトシンクルスたちも写ってます。
現在B-tankの方はM1を点けてから、水草を数種植え、パイロットフィッシュとカラーサザエに入ってもらっている状況です。
最初の水作りが肝心と聞き、入念に水を作ってってるつもりです。
オトシンクルスをパイロットに使うのにはどうかとも思いました。
というのもパイロットフィッシュが放つ糞などでバクテリアが産まれてくると思うのですが、まだ藻類が発生していないtankの中ではオトシン達が糞を出してくれるのでしょうか。
バクテリアが産まれるのかどうかも分かりません。
他のバクテリア発生の頼みはhydorのバイオフローによる空気中バクテリアの水中化を期待するのみです。

マツモ

2010年01月03日 07:20

マツモをネットで調べてみると…。

 浮漂性の水草で、水中を漂って育つ。
 砂や土に植えても、根は出ない。
 自然下では枝の変化した仮根によって着底している。
 また、浮遊しているものも多く見かける。
 水槽内では、底床に差し込んでも、漂わせても使用できる。

このような説明が出てきました。
これら(とこれら以外)を統合すると、マツモは葉が変化した仮根で養分を吸収すると判断しました。
それはすなわち何を意味するのかというと「水の浄化」「水質の安定」です。
さらに、水中の養分を吸収するということは藻類の発生を抑える効果もあるのではないでしょうか。
そう判断した小生は早速B-tankにマツモを導入しました。
マツモ
根が出ることは無いようですが、景観も楽しみたいので下部はソイルに差し込んでいます。

グロッソスティグマ

2010年01月04日 16:30

今日はグロッソです。
学名、Glossostigma Elatinoides(グロッソスティグマ エラティノイデス) です。

まずは今日のB-tankです。
100104B

「やってみるのみ!」の精神で、実は昨年末の12月30日から今日までずっとメタハラを点けっ放しで放置してみました。
いや、単純にグロッソの生長具合を見たかったんですけど、その中にはオトシンさん達もいたわけで…(゜゜;)\(--;)オイッ!セイブツギャクタイハンタイダ!

で、結果ですけど、まずは12月28日の様子です。
ポインセチア
12月28日の様子



次に今日の様子です。
ポインセチア
01月04日の様子


さすがメタハラ
さすがアクアシステムM1!
芽が伸びてます!

別角度からもう一枚。
-100104グロッソ
伸びてます伸びてます!
それから、背後に見える南米産ウィローモスは勿論Bee向けにこしらえたものです。
メタハラの威力、その凄さは確実に感じられ感動的な出勤初日だったのですけど、その副産物がこれです。

アオミドロ?
ウェンディロフの葉先にモヤモヤとした糸状のものが…(◎o◎)ドキッ
これが俗に言うアオミドロでしょうか。
やっぱりメタハラ5日間点けっ放しはマズかったですかねぇ…。

「この愚か者!」
 ↓

ついにB-tank解禁!

2010年01月05日 15:45

皆さん(と言ってもたぶん約十名…、しかし小生にとっては頼もしい方々ばかりですが)お待たせ致しました!
ついにB-tankにBee投入です。
オトシン
…ってオイ、オトシンがモス喰ってどーする\(--;)オイオイ

話は昨夜に遡ります……。
[ 続きを読む ]

ドワーフ・フロッグピット

2010年01月06日 18:28

ドワーフフロッグピット
今日はドワーフ・フロッグピットです。
これ、すごい勢いで増えていきます。
これも投入時との比較をしてみます。
購入は5株でした(実際は6つ位あったかも)が、今ではこの状態です。
100104フロッグ
わずか5日ばかりでこの繁殖力!
Beeよりも簡単ですね!
これは■GOOD AQUA■さん(以下■GAさん)のHPで水の浄化に良いと書かれていたので投入しました。
確かに浮き草は根が水中にドンドンと伸びますから(実際すでに5㌢以上に伸びてきてます)、水中の養分を吸収するには持ってこいですよね。
■GAさんのサイトを見ていて、最近いろいろと気にし始めているのが水の浄化作用です。
例えばグロッソです。
Beeは地面を這い(つくば)りますので、「地面になるだけ腐敗物がないようにしたい」、そう考えて根が地を這うグロッソを育てたく思いました。
つまりグロッソが地面の腐敗物(主にBeeの糞)を養分として分解してくれるのではないか?という淡い期待ですよねw
そう考えると小生の見立てでは、ミクロソリウムとクリプトは景観のみを目的としてますが、グロッソ、マツモ、それから今回のドワーフフロッグピットの3種類はあくまで水質(土壌)向上を目的としています。
ま、すべては「やってみるのみ」からスタートした浅はかな考えですけどね…_(^^;)ツ アハハ




( ¨)( ‥)( ..)( _ _)ガクーン

脱皮してました

2010年01月09日 17:25

100109-脱皮
今日は抜け殻を見ました。
抜け殻見ただけで「生きてるんだなぁ、大きくなってくれよ」と喜んでしまいますね。
脱皮は熱帯魚には無いから、小生にとってはBeeの醍醐味の一つなのかもしれません。

100109-怪しい粉
それから「怪しい粉」というのを適当に添加してみましたが、使い方(やる量とか間隔とか)よく分かりません。
使っている方おられましたら教えて下さい。
pH計でpHも計ってみました。
ph8.5ってアルカリすぎますよね…。
大丈夫なんでしょうか。

混泳に不向きでした

2010年01月17日 10:07

100111-オスラ食う
順調にをガッつくオスラです。
そして、それを狙うオトシンです。
オトシン軍団が食べ物を狙ってきたらBee達は可哀想に逃げてしまう有様です。
これではBeeたちに余計なストレスを与えてしまいますので、軍団を別のtankへ引っ越しました。
現在、B-tankにはBee達と貝のみになっています。
オトシンは混泳に向いていると書かれている書物が多く出ていますが、確かにBeeを襲う事はなくても、を襲ってしまうんですね。

皆さんにご迷惑とご心配をおかけした娘の病状ですが回復に向かいつつあります。
部屋ん中を走り回っておりますヾ(・・;)オイオイ
心配して下さって本当にありがとうございました。

立ち上げ1ヶ月の山場

2010年01月18日 20:56

100118-来てます03
今日、見ると突然来てました!
おそらくアオミドロかと思われます(綺麗に撮れてるでしょw)。
かなりフサフサしてきおります。
pHも7.7とまだまだ高い数値を出しています。
コメントでもいただいてた通り、モスも(マツモも)枯れ始めています。

では、なぜアルカリに傾いたか。
そして、なぜアオミドロが(この週末の間に)一斉に繁茂し始めたか。
今の水槽の中身を自分なりに分析してみました。
[ 続きを読む ]

3人の勇者

2010年01月19日 21:14

藻類撃退の為に早速珪藻土は除去し、次のステップを踏みました。

生物兵器の投入です。
最初の勇者は…、ハイエナ状態の奴らが帰ってきました。
そう、オトシンです。
1号が早速ガラス面の藻をペロペロしてくれてます。
勇者2号

もう一方のオトシン2号の方は、グロッソをペロペロしてます。
勇者3号
この写真、クリック拡大するとよくわかりますが、2号の糞の乗った葉っぱは綺麗です(ペロペロ後です)。
今ペロペロしてるのとか左手前の葉っぱにはモヤモヤとしたイヤ~な藻が乗ってます。
この左手前のがペロペロ後には綺麗になります。
ちなみに拡大写真はあまり長時間見ないで下さい。
昼間撮ったからレンズが写り込んでいて恥ずかしいからです。

最後の勇者は職場tankでエライことをしでかして、お仕置きtankに入れられていたこの人です。
チャームで「どんなんかなぁ?」と思って購入したアルジー・ライムシュリンプというエビです。
こいつらスゴイです。
食欲旺盛で、ハイグロフィラ・ポリスペルマとウォーター・ウィステリアの葉っぱがほぼ全部穴だらけにされました(機会があれば写真upします…機会あるかなぁ?)。
とにかくハイグロとウィステは今とても無惨な状態です。
エライことって、そういうことです。
これ以上食害されてはたまらないので、孤独と闘っているベタのいるベタtankに入れていました。
ベタも友だちができて良かったと思います。
そんなアルジーたちに思ってもないチャンスが今回の藻駆除作業です。
勇者1号
ほら、食べてますw
アルジー・ライムシュリンプ、チャームで検索すればすぐに出ると思います。
別名「ノコギリヌマエビ?」の「?」ってのが笑えます。
興味のある方は、食害覚悟でご購入下さい。

それから、今日じっくり見ていると、小っちゃい小っちゃい生き物を二種類確認しました。
それが何なのか、気になるところです。

何の問題もなーい!

2010年01月20日 14:56

例の赤いpHメーターがどこまでのもんなのかわからなかったので、TetraのTest6in1でチェックしてみました。
100120s-6in1
数値を下から見てみます。
Cl2(塩素)…0
pH(ペーハー)…6.4
KH(炭酸塩硬度)…0~3
GH(総硬度)…0
NO2(亜硝酸塩)…0~1
NO3(硝酸塩)…25
…といったところでしょうか。
こうして見てみると、どのカテゴリーにも問題は無さそうです。
ちょっと安心しました。

では、後は大繁殖した藻と枯れた水草の問題です。
これをどうしていくかですけど、今日のtankを見てみると、藻類の方はかなりサッパリスッキリしてました。
さすが勇敢な勇者たちです。
オトシン1号、2号、アルジーたちに感謝です。
もうしばらく同居してもらうことにします。
枯れた水草ももしかすると、藻におそわれた可能性があるので、現在別tank(アルジー・ライムシュリンプがうようよいるベタtank)で清掃中です。

ちなみに食害にあった水草をupしておきます(あまり見るもんでもありませんが…)。
食害

ちなみに小っちゃい小っちゃい微生物はソイルの隙間からニョロニョロと顔をのぞかせています。
いったい何なんでしょうか?

今日の食事風景

2010年01月22日 16:55

今日のはマンガのように読めるようにサイズを大きくしてあります(クリックしても拡大しません)。

見つめ合ってたら
ピノマルとヒノママが仲良く見つめ合って食事をしていると…


やってきて
オスラがやってきて…


追い出されました
ピノマルを追い出してました。




…この後、3人で仲良く食べてました。
周囲の水垢(みずあか)は気になさらないで下さい。

きゃっカワイイ、と
思われた方は応援ポチお願いします。
人気ブログランキングへ 

新たな濾材をゲット!

2010年01月27日 15:22

今日のネオンテトラ
今日の一枚(不定期)は職場tankのネオンテトラです(クリック拡大します)。
漆黒のバックスクリーンが綺麗ですが食害にあった水草が気分を害します。

さて昨日、本当に久々に仕事からの帰り道に寄り道をして、とあるお店に行ってきました。
で、B-tank用の濾材を購入しました(こっちは拡大する必要ないのでそのままサイズです)。
pHセレクト
その名は『ペーハーセレクト』!
酸性に下がりすぎた場合は上げてくれて、アルカリに傾いた場合は下げてくれ、おおよそ6.5(微酸性)に落ち着かせてくれる濾材だそうです。
今のB-tankの濾材はエーハのサブストをそのまま使っているので、近々交換しようと思います。
交換したらまたブログアップしたいと思います。
とりあえず今日は水換えを20㍑ほどしました。

「そのお店の事をもっと教えてくれ!」の応援ポチお願いします。
人気ブログランキングへ 

ちょっとした疑問

2010年01月28日 17:56

今日は、以前チェックしてからおよそ1週間ほど経過したのでTetraの6in1で水質チェックしてみました。
一応、記録しておきます。

Cl2(塩素)…0(変化無し)
pH(ペーハー)…6.4(変化無し)
KH(炭酸塩硬度)…0(若干↓)
GH(総硬度)…4~8(前回より↑)
NO2(亜硝酸塩)…0(前回より↓)
NO3(硝酸塩)…0~10(前回より↓)

実は、pH(ペーハー)とKH(炭酸塩硬度)はこれ以下を計ることができません。
よく考えると、これって危険ですよねw
pHがかなり酸性に傾いているのでしょうか。
前にTetra、6in1チェックをしたのが今月20日です。
それから21日に5㍑ほど足し水、22日に20㍑ほど水換え、そして27日に20㍑ほど水換えです。
1週間に1回20㍑ペースでpHが6.4以下になっているのでしょうか?
微酸性を通り越して、酸性の危険区域にまで達しているとすれば、原因は餌しか(今のところ)ありません。

もう一つの炭酸塩硬度ですが、6in1取説には「炭酸塩硬度が低くなるほど、水は酸性になりやすくなります。すなわちpH値は下がりやすくなり、不安定になります。…」とあります。
炭酸塩硬度とpHはどうやら深く関係しているようですね。
ちょっと調べてみたくなる項目です。

総硬度は若干上がっています。
6in1取説によるとカルシウム塩とマグネシウム塩の濃度を示すそうですが、これってミネラルってことでしょうか?
まったく分かりませんw
だいたい「炭酸塩硬度」も「総硬度」も両方とも「硬度」なんじゃないんですか?w

亜硝酸塩と硝酸塩は下がってますから、濾過そのものはかなり好調なようです。

トータルで考えると、とにかく、いよいよ(…と言うか買ってあるんだから、既に)ペーハーセレクトの出番のようです。
この新濾材でpHを調整してもらいたいと思います。
今日はこれをセットして、明日以降の動きに注目したいと思います。
でも、6.4以下を計測するのはどうすればいいのでしょうか?
タイトルの「ちょっとした疑問」ってこの事だったんですが、途中でパネェ疑問がパネェわきました。


「ま、投入前に計測するのは間違いじゃない」の応援ポチお願いします。
人気ブログランキングへ 

助けて下さ~い

2010年02月08日 21:47

皆様へ---------------
コメント記入に関して、いろいろとご不便をおかけしておりますが、何卒ご理解いただき今後とも温かく厳しいご助言をよろしくお願いします。


もう助けて下さいって感じです。
すみません、汚い写真ですけど、↓クリック&拡大して見て下さい。
何のコケ?
コケなんですよ。
しかも二種類ありますね。
1つはアオミドロってやつでしょうか(赤囲い)。
ヒョロヒョロ~ッと細長い緑色の糸状コケです。
もう1つは茶色いフサフサしたコケです(青囲い)。
どなたかコケに詳しい方、おられましたら、「種類(名前)」「発生原因」「処理方法」を教えて頂きたいです。
前にも週明けに発生しました。
どうして週明けに出てくるのか分かりません。
照明はインバータですから、それほど強くないと思いますし、照明時間も7時間(タイマー管理)です。
照明が原因とは思えません。
の食べ残しも処理しているんですけど、処理が甘いんでしょうか。
もっとシビアに処理した方がいい…とか?

とりあえず、仕方ないのでいつものオトシン軍団とアルジーラ(イム・シュリンプ)に帰ってきてもらいました。
でも、こんなに頻繁に軍団とアルジーラらの出入りが激しいと、これまたBeeたちにストレスになりはしないかと少し気になりますね。

↑2010年2月8日12時28分

【追記】2月8日21時50分
[ 続きを読む ]

ヤマトヌマエビ

2010年02月09日 14:11

とにかく今日、アルジーラを全部で6尾投下しました。
今日はずっとヤマトヌマエビ20尾840円をポチッとするかどうか考え中です。

「ポチッと逝っちゃえ!」のポチお願いします。
人気ブログランキングへ 

夢、見てみました

2010年02月12日 13:15

今日の一枚
たぶんビッグママ


これでモスがフサフサなら世に出せる写真なんでしょうねぇ(x_x)ユルシテェ!

クイズです。
この写真の中に海老さんは何尾、写っているでしょうか?

100212-B-tank
なんとなく糸状のコケ(アオミドロ?)が収まりつつあります。
なぜだかは分かりませんw
アルジーラが喰ってくれた事にしておきます。
グロッソも「絨毯!」なんてとんでもありませんが、確実に広がってます。
嬉しい床になってきました。
敷き詰められたグロッソ絨毯の上を際限ないBeeたちがワラワラと歩く事を夢見る小生です。
左に見えるマツモ団地にも1尾います。
このマツモ団地も各階にBeeがいる事を夢見る小生です。

「夢だけなら無料(ただ)」応援ポチお願いします。
人気ブログランキングへ 

海老様は何尾でしたっけ?

2010年02月15日 14:13

夢、見てみましたの時の答えをupしておきます。

クイズです。
この写真の中に海老さんは何尾、写っているでしょうか?

100212-B-tank

答え←をクリック拡大してください。

茂れ!グロッソ!

2010年02月24日 10:33

↓ちなみにこれは、今年1月4日の状態です。
-100104グロッソ

↓そして今日の状態です。
100224-茂れ!グロッソ!
徐々にですが育っていると思います。
特にピンクで囲んだ部分はフサフサとしています。
気になるのはその(ピンクとピンクの)間です。
かなり、薄いです。
ここを茂らせたいですね。
そこで、黄色で線を入れた部分を単純にハサミで切りました。
グロッソは有茎草ですから、単純な理屈がはまれば切った所から脇目が出るはずです(ピンチカットの要領)。
今日から切って、どんな風になるのかレポートします。

テトラ6in1をしてみました。
相変わらずpH値がよく分かりません。
100224-6in1

そこでスドーのphチェッカーをしてみました。
100224-phチェッカー
ますます分からなくなってしまいましたw


「phで一生、悩んでなさい」応援ポチお願いします。
人気ブログランキングへ

消えよ!コケ!

2010年02月26日 10:28

どこかのサイト(あちこち飛びすぎて忘れました、すみません)で、「水草の栄養吸収>エビの繁殖力>コケの繁殖力」というパワーバランスを読みました。
小生も「これだ!」と思いました。

皆様からいただいたコメントでから学びます。

①直射日光当たっていませんか?byマルビえび彦さん
夕日は当たりませんが、朝日が当たっていました。

②栄養分が多いって理由もあるかもですby兄貴さん
「富栄養化」という言葉を聞いたことがあります。
富栄養化-Wikipedia」によると「富栄養化は公害や環境問題」と書かれていました。
嗚呼、思い当たる節が…。

まず①の解決策です。
目隠しスクリーン
配置には気を遣っていたつもりでしたが、日光(朝日)が左側から入ってくるので、バックスクリーンを応急処置的に貼りました。
「応急処置的に」と書いたのは、いずれプラスチックダンボール(通称プラダン)やカラーボードが必要になるかもしれないからです。
プラダンはみゆきザンスさんきもたんさんの意見にもあったので頭に置いておきます。

次に②です。
思い当たるのは、の残骸です。
小生、これを掬いだしていませんでした…反省(・・;)
を言い訳をすると、形状や硬さも影響あったかもしれません。
要するに掬いにくいを使っていた、ということです。
そこで「型くずれしない、掬いやすい」+「おいしい」を求めて旅に出ます(これは嘘
投入」→「ツマツマ」→「程よい時間で撤去」をくり返してみます。

まずはこの二箇条から実行してきたいと思います。

せっかく写真撮ったし、最近Bee出てきてなかったので「ツマツマオスラ」ですw
餌食えオスラ!
掬いにくい餌をツマツマしてますw


「相変わらず分析好きね」応援ポチお願いします。
人気ブログランキングへ

胸騒ぎのB-tank

2010年03月06日 09:00

記録のために記しておきますと、A-tankに黒Beeを迎え入れたのは、2010年2月24日(水)でした。
この時、B-tankの赤Bee5尾もまったく動きがないので、黒Beeでも入れてみるか…と思いました。
それがこんなのです。
100306黒Bee
適当に選んで買いました。
この時、B-tank用に黒Beeを合計12尾迎え入れました。

びっくりしたのは翌日の抱卵個体発見です(2/25木)。
早すぎます。
これはどうも、前日、お店で既に交配していたようですね。
「お店での環境が良かったんやろなぁ」と何気なく思っていました。
ところが、週末を挟んで迎えた月曜日に抱卵個体発見です(3/1月)。
すごいペースやなぁ…と思って見ていた火曜日、一部の黒Beeが水槽内をフラフラし始めました。
これが「抱卵の舞」でしょうか。
翌日、またしても抱卵個体発見です(3/3水)。
合計、B-tankに抱卵個体が3尾です。
全国の抱卵マニアの方々の為に、今回の写真はすべて久々サムネイルにしてますので、クリックでドーンと拡大しますw
100306抱卵1
100306抱卵2
100306抱卵3
2枚目はピンぼけ気味、3枚目は角度厳しく、少し見えにくいですがご勘弁を…。

これで脱卵せず孵化、成長してくれれば嬉しいですね。
生存率というのが気になり始めてきました。
2/25~3/3の間の出来事ですから、水温から計算して3月21~27日の週が勝負っぽいです。
一つ気になるのは、舞の間、ジッとしていた赤Bee5尾たちはすべてメスでしょうか?

君らは何エビですか?

2010年03月11日 11:27

久々B-tankのupです。
前からの居住者として赤Beeが5尾いました。
オスラ、ピノマル、ヒノママ、ビッグママ、ファットママの5人です。
そこへ12尾の黒Beeが来てくれました。
すかさず抱卵してました。
今、B-tankには赤と黒の2種類が住んでいるんですが、ふと見ると違うエビが見えました。
100308-何エビ?
写真中央に見えますでしょうか。
こんなのが計6尾います。
ちょうど餌食べてる赤Beeと黒Beeが見えるのでサイズもわかると思いますが、小さいです。
アルジーラが一時期いましたが、抱卵していた様子はありません。
いったいこのエビたちは何エビなんでしょうね。
そして、どこから生まれてきたんでしょうね。

ショックなB-tank

2010年03月18日 12:34

めっちゃショックです。

ショック過ぎて、あまり「続き」は読まない方がいいかもしれません…。


[ 続きを読む ]

チョ━━━━ハッピーなB-tank

2010年03月24日 11:59

Beeマニアな皆さん、また、小生のBee飼育を応援して下さっている皆さん、お待たせしました。

まずは…オメデトビーム!!(ノ・_・)‥‥…━━━━━☆ピーー

稚Bee誕生
赤矢印の先に稚Beeが見えます。
黒Beeが(かえ)りました!
以前人工孵化に挑戦した卵はカビが出てきて、残念ながら全滅しました。
しかし、オリックスの初戦を観戦してからオリックスも三連勝してくれてるし、こりゃ春が来た感じです。
あんまりよく見えませんが、こんな稚Beeがザッと10尾くらい見えます。

最近、B-tankの更新が細々となっていましたが、実は水面下で動いていたmongyファームの実態をupしたいと思います。
まずは、この稚Beeがどんなtankで孵化したか、です。
孵化育成tank
よくある安い30㎝水槽です。
ここを、小生は「孵化育成tank」と呼んでます。
今回の抱卵から、抱卵個体は全てここに移しています。
黒Beeの抱卵個体が全部で5尾います。
☆ったのが1尾いましたから、10尾購入した黒Beeのうち6尾が抱卵したことになります。

さて、この孵化育成tankの上には、ドーンと水60㎝水槽があります。
B-tankユニット
このtankの呼び名はまだ決まっていません。
孵化育成tankとこの60㎝水槽の仕様は次回upすることにします。

メインのB-tankと合わせると、合計3本の水槽が稼働中です。
なぜ、このように稼働させているかを記録しておきたいと思います。

見た目は濃い黒Beeのこの2体ですが、実は遺伝子が超高価なんです。
♂か?
黒BeeF1-03
♀です。
黒BeeF1-02
この2体は実は…。
[ 続きを読む ]

B-tankユニットのご紹介

2010年03月25日 14:41

タイトルは「金魚の糞」です。
金魚の糞
こういうのを見ると、「もうちょっと、もうちょっと…」と長い糞をするのを応援してしまいます。
皆さんは、最長何㎝の糞を見たことがありますか?



さて、B-tankユニットの記録記事です。
ユニット全景です。
B-tankユニット
左下が見苦しいのでモザイクをかけようかと思いましたが、「別にかまへんか」とさらけ出すことにしましたw
ゆくゆくは掃除、整理整頓します!
使てる添加剤とか見えるので、ちょっと恥ずかしいです。

メインのB-tankです。
メインB-tank
赤Bee5尾、黒Bee4尾、F1個体1尾の計10尾がいます。
記事up後、マツモをバッサリと引きちぎりました。

名無しのtankです。
名無しtank
60㎝フチ無し水槽に、tottoのパーフェクトフィルターを使用してます。
ストレーナーには、これまたtottoのスポンジフィルターを使って稚Bee吸い込み防止をしてます。
ライトは2灯式の普通のです。
水入れから回し始めて、まだそんなに日も経ってないので、水はできあがっていないと思います。
とりあえずtottoの濾過器を使ったのは、嫌気バクテリアで有名なE筒が目的です。
面倒くさがり屋の小生には、これくらい楽で高機能な(確かにそれだけ高かったですが)濾過器がいいんだと思います。
ユニット内で最も濾過能力の高いtankですし、ここの水を他のtankに足していくスタイルで進めたいと思っています。

左が孵化育成tankです(何度も打っているのに「深い区政」と変換して困りますw
孵化育成tank
黒Bee抱卵個体5尾(内1尾は産卵済み)、F1抱卵個体1尾の計6尾(+稚Bee)がいます。
30㎝水槽に、底面フィルターを使用しています。
ライトは2本の30㎝にまたがっています。
とりあえず、現段階では購入した黒Beeの雌雄を判別するために、抱卵個体を入れて孵化させるためだけのtankです。
余裕が出てきたら、右のtankも有効に使っていきたいと思います。

以上のようにユニットには4本の水槽があります(1本は空)。
これらの水槽をどのように使い回せばいいのか、小生にはいまいち分かりません。
どなたか、よきアドバイスをください。


更新情報


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。