--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやくスタートライン

2010年11月02日 05:33

この↓写真、パッと見てどうでしょうか?
101101-ようやく!
モスが主役?
ツマツマレッドビーが主役?
いえ、ツマツマレッドビーは比較の為に枠に入れただけで、主役はようやく登場の稚Beeです。
ひそかにいますから一緒に楽しんで下さいm(_ _)m

嬉しいんです!

水温が若干低め設定でしたから、抱卵確認から孵化確認までの日数は少しかかったように思います。
でも逆に、低水温設定とエアの送り込みでおそらくバクちゃんたちは大丈夫かと思います。
小生にとっての、課題はここからです。
ここから成Beeになるまでが、勝負なんです(あくまで、小生にとって・・・
粉系のなどを与えて頑張りたいと思います。

こっちのお母ちゃんにも頑張ってもらいたいと思います。
101101-頼むよ!
昨夜、稚Beeに気付いて写真は撮ってたんですが、寝かしつけで寝てしまい、今頃の更新になってしまいました。
スポンサーサイト

未確認発芽物体

2010年11月02日 11:36

小松菜は本葉が出てきましたよ(^・^)

小松菜プランターの条溝から妙な芽が出てきました。
101101-小松菜01
明らかに小松菜じゃないってことがわかりますよね?

別角度から、久々にRICOHで接写マクロです!
101101-小松菜02
何かの種が飛来してきたのでしょうか?

このままこのプランターで共生させるか、別鉢に移植するか、ちょっと楽しく考えてます。

これ、何かわかる方、もしよろしければお教え下さいm(_ _)m

今日もチェックなD-tank

2010年11月03日 21:32

これはブセファランドラといって、アヌビアスのように何にでも活着する水草の根っこです。
例の黒ヒゲ苔駆除以来、ずっとD-tankに入ったままです。
101103-稚Beeとブセ根
特に溶岩石や流木とビニタイなんかで巻いたりしてませんが、その根っこに稚Beeがいるじゃないですか。
毎日、稚BeeのチェックでワクワクなD-tankですが、これ↑は昨日の様子です。
この根っこの所に3尾もチビちゃんたちがいました。

そして、これ↓は今日の様子です。
思いっきり勇気あるプレーです。
101103-勇気
モスやら先述の根っこやら細かい所ばかり見ていて、水槽中央の前面にいたなんて気付きませんでした。

今日は、合計6尾ほど確認できました。
そして粉をパラパラと・・・。

アルアナの夕焼け

2010年11月03日 23:29

今日2つめの記事upです!

小生の拙ブログにリンクいただいているごめすさんが運営されている初心者AQUAというブログがあります。
この方、ちっとも初心者じゃないんです。
大磯を使って、水草を綺麗に綺麗に育てておられまして、先日も延びすぎて水上化した記事がありました(コチラ

そのコメ内で、
「トリミングしたいと思ってます。
 取れる量はかなり多いと・・・
 ストック水槽とか無いんですよね・・・」


すかさず、
「残りは・・・・貰っちゃってもいいんですか?」
と、なんとも恥ずかしげも無く厚かましいコメを入れてしまいました。

なぜ?

なぜなら、本文中に、
「アルアナの夕焼けも水面に到達です」
と、あったからです。

アルアナの夕焼け、アルアナの夕焼け、アルアナの夕焼け、アルアナの・・・。
眩しい水草の名前が、頭の中で連呼してしまったんですm(_ _)m

それから、ごめすさんの親切丁寧な応対があり、封筒が届いたのです。
101103-すんません
中には、水草と一緒に一通のお手紙が。

「いつもお世話になってます」・・・・・?
いつもお世話になっているのは、小生の方です。

「アルアナの夕焼け、パールグラス、」・・・・・?
アルアナの夕焼けだけをお願いしていたつもりが、どうも誤解を招いてしまっていたようです。

開けてビックリ!
なんちゅ~量じゃぁ!
101103-すんません!
しかも、これだけのパールグラスを、どこに植えれば!? w

10月27日にレイアウトをちょっとイジッて、流木周辺は左からウォーターバコパ、パールグラス、アマニア・グラキリス、レインキー"リラキナ"と植えました(イジッた記事はコチラで、白濁がとれた記事はコチラ
小生ん所の環境では、バコパに若干赤みが入ります。
それが理由で、バコパ、アマニア、リラキナと赤みが「薄い」から「濃い」と配殖しました。
ですから、アルアナの夕焼けはバコパとアマニアの間がいいと思います。

大量のパールグラスは、ジッと水槽を眺めて、・・・決めました。
101103-before
↑この辺をバッサリ行って(まだバッサリは予定してませんでした)、背景に大量のパールグラスを植えてみたいと思います。

こんな感じ↓になりました。
101103-after
明日以降、照明の方へ立ち上がっていくでしょう。
パッと葉っぱが開いた状態をはやく見たいです!

ごめすさん、本当にありがとうございます!
これからもよろしくお願いします。

でも、ごめすさんだけじゃないですよね。
本当にいろんな方に支えられてアクアライフもブログもここまで来ていると思います。
何一つ恩返しができない小生が恥ずかしいですが、これからも皆さん、懲りずにお付き合い下さい。



今日、お出掛けした先の一つにホームセンターコーナンがありました。

そこで、こんなの↓を買ってきました。
101103-R1016439
前に自作をしてみようと思ってやってみたけど、結局ゴミを作っただけでした(ゴミを作る計画記事はコチラ
ですので、「自作」というのにイヤな思い出があるのですが、自分自身をさらけ出さなければ始まりません!
だから、今回も、これがゴミを作る計画記事第2弾になるかもしれませんが、何を買ったかupしておきます!

なにを作ろうとしているのか!?

ゴミを作ろうとしているのか!?

適当に冷やかして下さいm(_ _)m



魚の目を整形外科に行ってホジホジしてもらって来ました(ホジホジしてもらう前の記事はコチラ
101103-R1016440
やっぱり、汚い写真なので小サイズです。

(*´Д`)スキーリ

2010年11月05日 01:31

抜け殻もここまでスッキリだと気持ちいいでしょうねぇ!
101104-R1016468
今日の稚Beeチェックは11尾でした。
中には、ツマツマし始めているのもいて、ちょっとワクワクが加速中です。



リンク先を頂いてる信長さんが
『第2回気軽に楽しくやれるけどステータスは別に上がったりしないお手軽なレイアウトコンテストっぽいの~in 信長支店~』
を開催されました!
詳しくはコチラまで!
※こちらのレイアウトコンテストは終了しました。

アクアシステムM-1を釣り下げる!

2010年11月05日 02:46

リンク先を頂いてる信長さんが
『第2回気軽に楽しくやれるけどステータスは別に上がったりしないお手軽なレイアウトコンテストっぽいの~in 信長支店~』
を開催されました!
詳しくはコチラまで!

※こちらのレイアウトコンテストは終了しました。



2歳になった頃、トトロが大好きになったえーさんでしたが、最近はあまりトトロに興味がない様子でした。
そんなえーさんに、カリオストロの城を見せてみました。
101104-えーさんとルパンyo
ドンピシャで好反応ですw
改めて宮崎駿の凄さを感じました。



さて、自作というよりも工作をしました。

これ↓は、昨日(11月3日)の購入品です(写真は使い回しです
101103-R1016439
ワイヤーロープは1φをやめて、0.81φにしました(理由は後ほど・・・
サーキュラースリーブ(初めて聞いた名前でした)という長さ調整するヤツが、近所のコーナン(ホームセンター)には1φまでしかありませんでした。
だから、昨日ちょっと遠くのコーナンまで0.81φ対応のを買いに行ったんです(家族らは連れ回されたわけです

そして今日(正確には11月4日)、これら↓を近所のコーナンで買いそろえてきました。
101104-次のコーナン
0.81φで使えるかどうか確認してから、買うことにしてた品々です。
スペーシアというイレクターパイプ?(何が違うの?)の2000㎜と600㎜を200㎜と400㎜にカットしたものとそれらを繋いだりするヤツです。
片ドメサドル(初耳)、接着剤、エンドキャップ?、直角に曲げる部品と45度で繋ぐ部品、底につけるゴムキャップですね。
サドルってのをとめるネジは一応ステンレスにしておきました。

仮組みってやつですね。
101104-ハンガー01
そうです、えび彦さんの予想通り、「照明を釣っちゃおう作戦」の始まりです。
いい具合の角度にパイプも収まってます。
さらに繋いでいって、深夜のベランダに出て、接着剤をジワジワっと流し込みました。
それから暫く放置ですから、室内に戻ってきて釣る側の作業をします。

これ↓が、メタハラの現状です。
101104-ハンガー02
なかなかいい感じの角度が見つけられなくて、中途半端に首がお辞儀してしまってて、しかも水面までの距離が近すぎる!!
なんとかならんもんか?と思案してると、これまたごめすさんブログ「初心者AQUA」でイレクターパイプなるものを使ってスタンドを自作されてるのを見ました(コチラの記事
「2600円で出来んのか!?安い! ・・・どうせ俺は素人、失敗承知でやってみよう」ってなもんで、いろいろと買ってきたわけです。

まずはメタハラを釣るためのワイヤーを通さなアカンので、メタハラをドンドン解体してみました。
101104-ハンガー03
・・・と、解体に夢中で、バラバラになったメタハラ本体の裸の姿を撮り忘れましたw

ワイヤーロープが、何故1φではなく、0.81φだったかと言いますと、これ↓です!
101104-ハンガー04
アクアシステムのM-1という照明を使ってるんですが、これの屋根がパンチング加工されているんですね。
で、ズブの素人が、この穴を使って釣ってやろうと考えたんです。
前もって穴の直径を物差しで測ってみると1㎜のようです。
コーナンに行き、ジーッと1φで通るか?ワンサイズ下げた方が通るか?悩みました。
そして、店員さんにも照明の重さを話し、「0.81φでも行けるやろ!」と判断しました。
見事、貫通!
しかも、切り口がちょっとケバ立ったりして、通りにくかったので1φだったら無理でした。

メタハラの屋根の内部には、こんな風↓にかしめを作りストッパーにしました。
101104-ハンガー05
かしめも初耳単語ですわw

圧着ペンチでグイッと力一杯かしめます!
101104-ハンガー06
RICOH CX3のマクロ撮影が威力を発揮してくれてます。
この時は、奥歯に力が入りましたねぇ。
念には念を入れて、この部分に瞬間接着剤をしみこませておきました。

釣る上側に、遠くのコーナンにしか売ってなかった0.81φ対応のサーキュラースリーブを通します。
101104-ハンガー07
小っこいネジなので、眼鏡用の精密ドライバーでキュッキュと締めました(後で長さ調整するから適度にキュキュッと

では、そろそろパイプの方も接着剤が乾いた頃でしょうか?
パイプを立ててみようと思ったんですが、実はA-tankのすぐ右下には別の水槽があるんです!
それは、最近音沙汰のなかった30Cです。
これをどけなければ作業を進められません。

で、どけました。

そしたら、案の定・・・
101104-ハンガー08
この方↑以外にも、あと4尾の申し訳ない姿がありました。

閑話休題、パイプを取り付けて引っかけてみました。
101104-ハンガー09
おおぅ・・・il||li_| ̄|○il||li
悲しいかな、電源コードの重さに負けてしまってます。

楽しいかな、自作の醍醐味、これで解決!の図。
101104-ハンガー10
この洗濯ピンチ↑は、寝ていた妻から貰いました。

m「どや? 照明が上の方に上がったんやけどな。格好ええやろ?」

妻「それで?」

ま、こんなもんですかな、アッハッハ~(^◇^;) (・_・、)グスン

見事、水面から40㎝を確保しました。
101104-ハンガー12
勿論、照明のタイマーが切れた後に作業したので、点灯してません。
明日、点灯してる時の姿をはやく見てみたいです!

アクアシステムのメタハラ照明M-1を釣り下げるのにかかった費用は、こんな↓でした。
101104-ハンガー111
2640円也。
ちなみにコレだと22050円也。

アクアシステムM-1を釣り下げる!続編

2010年11月05日 22:20

「アクアシステムM-1を釣り下げる!」

前回までのあらすじ

で、撮ってみました。
101105-R1016492
なかなかいいんでないかい?(ベビーベッドは愛嬌ということで、お許し下さい
しかも、こりゃ、メンテナンスがメチャクチャしやすそ~!
オープンアクアが評価されるわけだ!と強く感じました。

ちょっとアングルを変えてみて・・・
101105-R1016493
素敵ではありますが、光合成の気泡が一気に減ってました。
水上40㎝は高すぎたでしょうか。
30㎝ぐらいがベストかもしれませんね。

液肥を添加していきたいと思います

2010年11月06日 19:01

水上40㎝が、どうも気になったので10㎝ほど下げました。
101106-R1016510
若干下げすぎたようですが・・・。
黒猫あくあさんも25㎝ほどと仰ってますから大丈夫でしょう(黒猫あくあさんのブログThe glass containerコチラ
気泡を堪能しましょうw

うん、ほどよい感じがします。
101106-R1016509
プワプワと気泡をつけてほしいです。



今日から水換えの度に、液肥を添加してみたいと思います。
コケ(藻類)が出たら、その時はその時ですw
小生自身が忘れないように記録しておきます。

左からエーハのカルキ抜き(これは液肥じゃないw)、ALAペンタガーデンFe Energyアクア濃縮タイプです。
ペンタガーデンはみゆきザンスさんのこの記事で知りました。
101106-R1016507
ペンタガーデンの希釈液を日々添加したいと思ったんですが、希釈した液は保管できないそうなので、水換え時の添加にしました。
およそ8㍑のバケツにキャップ半分ほどを入れますから4000倍ほどに希釈される計算かと思います。
そして、Fe Energyの方は、60㎝水槽に10滴と書かれてますから、そのまま10滴添加です。

バケツ水換えの2杯目は、エーハの4in1だけでします。
これで週1回およそ15㍑ほどの水換え(全体のおよそ5分の1)になります、かね?

えーさんの七五三

2010年11月07日 14:49

えーさんの七五三に行って来ました。

9月13日にロケハンと題して行ってきた所に行きました(行った記事はコチラ
しかし、実際に本番を迎えるとロケハンなんか何の意味もありませんでした。
意味があったのは道に迷わずに行けた、ってことくらいでしたw

今回撮った風景写真はほとんどが露出とホワイトバランス、失敗してます。
101107-IMG_4193
これ↑も、空が真っ白になってしまってますm(_ _)m

では、北海道の一部を中心に(そこだけ)盛り上がりつつあるえーさん萌え隊の方々の為に、数枚ご紹介したいと思います。

少し見上げる視線がやらせっぽいショットです。
101107-IMG_4091
ちょっとおしとやかに見えたりしますが・・・

実際は、こんな風に↓足をあげて、わんぱくなえーさんです。
101107-IMG_4116
「左脚のスパッツ、見えとるがなっ!!」

中で祈祷(きとう)してもらっている時のショットです。
101107-IMG_4144
遠近感、着物の柄感、雰囲気、なかなかの自己満足ショットです。

祈祷が終わりました。
101107-IMG_4155
千歳飴みたいなセットもらって、出てきたところですね。

「あ~、疲れた。終わったよ~」の図。
101107-IMG_4175
黄色が大好きなえーさん、頭につけた飾りが黄色で、えーさんらしさをアピールしてます。

露出などを失敗した風景写真ですが、モノクロ撮影したこれ↓は、まだマシですか?
101107-IMG_4196
これからも、えーさんをよろしくお願いしますm(_ _)m

三節目のピンちゃんとブセ・シンタン

2010年11月07日 21:56

トロピカポットでとても財布に痛かった水草、と言えばピンナティフィダです。
その痛かった水草がこの夏の暑さで、ほぼ全滅状態になりました。

2010年7月5日に購入しました(記事はコチラ
8月17日、宮城から帰ってきた時は辛うじて残っていました(記事はコチラ
9月11日、消えてしまいました(記事はコチラ
その日、やっつけ作業している間に、葉っぱ4枚ほど見つけました(記事はコチラ

そんな瀕死(ひんし)の状態からここまで↓復活してきてます!
101107-ピンちゃん
♪ワックワ~ク、させてよ~
現在は鉢に入れて、A-tankにいます。
鉢内のソイルはFULVIC soilですが、全体底床はアマⅡです。

ブセファランドラ・シンタンは超大物になりつつあります。
101107-ブセ02
例の黒ヒゲ苔対策以降、ずっとD-tankで生活してます。
植える位置が決まってないので浮遊状態ですが、それでも根を伸ばして溶岩石に一部活着し始めてます。
凄まじい生命力です!

グググッと寄ってみると、稚Beeがいたりします。
101107-ブセ01
可愛い!

ところで、これって、こういう↓所で切ったら株分けできるんでしょうか?
101107-ブセ011
久々に、『簡単マスター はじめての水草ガーデニング』を読んでみました。
アヌビアスの株分けの仕方が書いていたので、近々植える位置が決まればやってみたいです。
そして、地下茎を伸ばさせて、ドンドン株分けしてみたいです!

最後はA-tankからの画像でお別れです。
101107-これは!?
見えますでしょうか?
中央の濃いグリーン色した膜のような物が・・・!
こ・・・これは・・・・、もしかして・・・・!!

拾い物

2010年11月08日 12:24

小生は通勤で車かバイク、そして時々電車を使います。
バイクは125㏄のものでスズキのアドレスV125Gというヤツ(っぽい)です、写真↓を見る限りでは。
101108-R1016537
先日、オイル交換をずっとずーーーっとしてなかったので、購入したショップに行きました。

その時の事。
「リアタイヤの溝が無くなってきてますねぇ」
「前はどうですか?」
「前は大丈夫ですね」
「交換ていくらくらいするんですか?」
「9000円ってとこですかね。でも、それより・・・」
「?」 (・_・)......ン?
「強制保険が切れてます」
「え?4月に払うヤツ?」 (;・∀・)
「いや、それは税金です」
「ファミリー保険ってヤツ?」 (;・∀・)
「いや、それは自賠責と言って云々・・・。これ、減点6点で罰金50万ですよ」
「・・・っな!!!!!!」 ( ;Д)
すぐ24ヶ月加入しました。
いや~、焦りましたヽ(;´Д`)ノ
後、タイヤの空気圧も無いと言われました。
オイル交換を済ませ、空気圧も直してもらい、強制保険とかいうのにも入り、そしていざ走ってみると、なんとも軽快です!
こんなにもキビキビした走りができるバイクだったんだと改めて感じました。



さて、いつも通る道のことなんですが、雑草がすごかったんです。
そこを先週末、市の職員さんっぽい方が来て、雑草を刈り取って行きました。
今、非常にスッキリしてます。
スッキリしたのはいいんですが、誰かが捨てた燃えないゴミとかも見えるようになりました。
ゴミはクーラーボックスやスピーカー、ハンディ掃除機みたいな物などいろいろとありました。

そのいろいろとある中に、・・・見つけてしまったのです。
101108-R1016538
写真がある、ということは、はい、持って帰ってきてしまいました((((*´ー`) あ~ん♪
その名も、ハイパワー強力水中ポンプ「ニューチビポンプ10」!
「ハイパワー」と「強力」がかぶってますが・・・、しかもチビって!?

でも、使えるかどうか分かりません。





使えましたワーイヽ(゜∀゜)メ(゜∀゜)メ(゜∀゜)ノワーイ
101108-R1016539
しかし、気になるのは衛生面で大丈夫なのかどうか?
どんな人のお風呂の水を使っていたのか?
Bee水槽に使っても大丈夫なのかどうか?
ちょっと怖いですから、よくよく熱湯消毒などしてから使いたいと思います。
※ちなみに、この↑水槽には生体はおらず、マツモとミクロソの残骸しか入ってません。

バクちゃんと透明度

2010年11月08日 23:11

「水がピカピカ」とか「水がテカテカ」とか聞いたことありましたが、実際どれがピカピカテカテカなのかは知りません。
けど、今日、帰宅後に見たD-tankは確かに綺麗でした。
101108-R1016541
バクテリアが繁殖してくると、水が綺麗になるとどこかのサイトで読んだような気がします。
これが「ピカピカ」?「テカテカ」?なのかは分かりませんが、小生的には透明度の高い水でした。

実は☆が先週末1尾出たんですが、毎日10尾ほどの稚Beeも確認できています。
そして、動かない稚Beeが多かった先週に比べ、稚Beeたちがツマツマし始めています。
抜け殻もよく見ます。
これは一応、順調と言えるのでしょうか?
比較対象がないので、よくわかりません(~ヘ~;)ウーン

ドライヤーが降ってきた!

2010年11月09日 22:35

今日、仕事から帰ってきてあーさんの顔を見ると、なんだか・・・
101109-まるで鈍器
おでこに青あざって言うんでしょうか、あの打ち身の後に出来る青タンとか青ジとか地方によって言い方が異なるかもしれませんが、アレができてました(゜ワ゜)ギョェ
ま、本人はいたって元気でニッコニコです、ただ鼻水がひ・・・ひどい( ^ω^)ズズズ

聞くところによると、事件はココ↓で起こったそうです。
101109-再現
見えますでしょうか、ドライヤーの一部が・・・。

つたい歩きがボチボチできるあーさん
そうです、どうやらコードを引っ張り、落ちてきたドライヤーが見事おでこに痛打!
これはかなり痛かったでしょうねぇ。
頑張れあーさん!(,,゜Д゜) ガンガレ!

えーさんは、例のおえかきせんせいで、小生を描いてくれました。
ま、正確には「俺を描いてみぃ」と頼んでみました。
101109-R1016590

「その(顔の下の)長いのは首か?」

「あ~し」




話かわりますが、ブセファランドラの生長スピードっていろいろ千差万別なんでしょうか。

こちら↓は、じょえ氏からいただいたクダガンという種類なんですが、すごくゆっくりな生長な気がします。
101109-R1016550
最初は「つながり水槽 named byあちぇ氏(D-tank)」に入れていたんですが、どうも育たないのでA-tankに入れてます。
A-tank、栄養系ソイルで液肥なども充実しているかと思ったんですが・・・。

ピンちゃんから気泡が!

2010年11月11日 22:45

いよいよピンナティフィダから気泡も出てきました!
101111-R1016615
ピンちゃん、いよいよ復活でしょうか?
しかし、これって有茎草な割には茎は全然伸びませんね。
まるでロゼット型水草みたいに同じ所から出てきます。
それとも環境が悪いんでしょうかね。

A-tankに入れてあるドワーフ・フロッグピットなんですけど、可愛い芽が出てきました。
101111-R1016621
実はドワーフ・フロッグピットは3カ所にあります。
それぞれ育つスピードに差があります。
A-tank(熱帯魚と水草のメイン水槽)では、まったくと言っていいほど育ってません。
D-tank(だーさん印のBee水槽)は普通よりもやや遅く生長してます。
バケツ(ベランダでメダカ1尾)は、強烈なスピードで増殖しています。
ベランダは太陽パワーだと思うんですが、メタハラのA-tankが遅いのが「?」な感じです。
そんなA-tankのドワーフ・フロッグピットが、この↑写真のような水上に芽をチラッと出してるんですね。
可愛いですね!!



D-tankではいよいよ稚Beeが30尾確認できました!!
(*^^)//。・:*:・゜'★,。・:*:♪・゜'☆ パチパチ
粉系の餌も一応毎日与えていますが、時々固形餌も入れます。
だいたい固形餌は成Beeが集まりますが、今日はこんな↓勇気ある稚Beeも出てきました!
101111-勇気
ピョンッと動いたのでピントがズレちゃいましたが、なかなか勇気ある稚Beeですね。



ホームセンターで、こんなの↓を見つけました。
101111-竹炭
モスとか巻くのって、ごはん用のこんな↑竹炭でもいいんですかね?
浮きそうですねぇ。
最初は浮くけど、後々沈んでくれるんでしょうかね?
明日でも買ってみようかしらん。

たまにはB-tankの状況でも・・・

2010年11月12日 15:25

たまには職場にあるB-tankでもupしておきます。

ご覧の通り、水は綺麗だと思います。
101112-R1016640
水槽
 エーハ FJ-60
照明(タイマーにて10時~17時)
 nisso カラーライト600T
濾過器
 totto パーフェクトフィルター×1基、マルチベースフィルターS×2基
吸水
 totto スポンジフィルター
底床
 プラチナソイル スーパーパウダー
ヒーター
 コンパクトスリムホットパック150BLK
タイマー
 アクアクロック

ところが出てるんですよねぇ、珪藻類orz(;゜〇゜)
101112-R1016641
ヤマトでも入れたら一発っぽいけど、「別にいいかなぁ」みたいな感覚ですorz

今年のクソ暑かった夏を見事乗り越えた奇跡の3尾を紹介しましょう!
前面に出てきた1尾です。
101112-R1016642
日の丸柄ですね。
だいぶ大きくなってきてます!

流木に乗ってた残りの2尾です。
101112-R1016644
こちらも日の丸柄ですね。

今の希望は、この3尾のうち、どれか1尾だけでも♀がいないか?ということです。

「もし雌雄そろっていれば・・・」を仮定していつも夢ポチしてます。
それは、30㎝キューブの立ち上げです。
30㎝キューブでスポンジFのみを入れて、3尾が出逢うチャンスを広げたいわけです。
ソイルは勿論FULVIC soilです。
それだけFULVIC soilをここでも使ってみたい気持ちが強いです!

年内目標150

2010年11月12日 22:20

だーさんさん!
D-tankがヤバイです!


稚えびの数がどうやら50尾を越えてます!

こっちでも稚らだけで会合してます。
101112-稚らの会合01
この↑小さいブリクサ・ポットに5尾でしょうか?

あっちでも稚らだけで会合してます。
101112-稚らの会合02
外部Fの吸水スポンジの所をよく見てみると、ここ↑だけで6尾はいますかね?

こんな感じで、今、D-tankではどこ見ても稚えびらを確認できます。
そのほとんどがツマツマしてて、(せわ)しなく動いています!
孵化直後の不安定時期を乗り越えたのでしょうか?
だとしたら、もう最高です!
だーさんさん、ありがとうございます!

中には、こんな↓いわゆるモスラチックとだーさんさんが仰るレッドビーも出てきています!
101112-モスラチック
目が紅いんですね。

そして既に、次も準備中です!
101112-次準備中
こんなママたちも5~6尾くらいはいるでしょうか。

年内目標を150と掲げてみました。

明日は楽しい水換えです!

メネデールと竹炭と・・・

2010年11月12日 23:26

ずんださんが、「小さい気泡を抱え込んでそれが段々大きくなってきて、最後に『もう無理!!抱えられないわ』と言いながら手を離」す気泡がかわいいと仰ってました。

ツツツー系、抱えられない系とやりとりをしてから、こんなの↓も見てました。
101112-気泡02
葉っぱの裏につく、ま、普通の気泡ですね(普通系? w

このロターラに付く普通系のは、結構好きです。
101112-気泡01
茎が照明に向かって一直線に伸びていき、葉っぱの裏に気泡を付ける姿は、「生きてる!」って感じがします。

そんな水草たちに、更に元気になってもらおうと液肥を買うことにしました。
行き先は、最近恒例のホームセンターコーナンですw

そして、コーナンに入って液肥を見に行こうと歩いてて、ここ↓で止まってしまいましたw
101112-リサイクル土
一度使った土をふかふかにしてくれるというリサイクル材ですね。
いろんなメーカーからいろいろ出ていました。
プランター1杯分の土をリサイクルするのに何㍑必要(何円かかる?)かが、バラバラです。
仕方ないから、すべてメモしてきました_...........¢(。。;)コソコソ
◎リーン※ラン プラ2杯分 298円 = 1杯あたり149円
グ*ー∈∂ール プラ2杯分 398円 = 1杯あたり199円
ラÅ∬レック♪ プラ5杯分 480円 = 1杯あたり96円 (おっ、最安値!?
JO∽A¶GRλS プラ2杯分 580円 =1杯あたり290円
ハξポネЮクス プラ8杯分 680円 = 1杯あたり85円 (最安値はこっちでした
今度車で行った時にでも買おうかと思います。

さてさて、購入したのはこちら↓です。
101112-液肥01-1
結局、竹炭を買いました(モスの活着が悪いらしいですが・・・
モスを巻き付けてレイアウトしたいですけど、今D-tankは調子がいいからあまりいじりたくないですね。
それから、液肥を2種類買いました。

メネデールはかなり有名な液肥でしょうか。
主に鉄分補給に使うそうですね。

もう一つは、今は恥ずかしいから伏せておきます。
なぜなら、これでググってみても、これを水草に使っておられる方がどうやらおられないようですから・・・。
では、なぜ、これを購入したか?

その理由は、これ↓です。
101112-液肥02-01
『有機酸、ビタミン、アミノ酸と各種微量要素をバランス良く含み、植物に活力を与えます。』と書かれてます。
この各種微量要素の所に惹かれてしまいました。
微量要素
ある有名メーカーの肥料の説明文を抜粋します。
「STEP1は微量元素をバランスよく配合し、新芽の展開を促します。」
「微量元素って何や?」から始まり、いろいろ検索しているうちに、今回購入した液肥に到達したわけです。
ハイポネックス活力液も候補に挙がってましたが、こっちの方がマイナーっぽくて気に入ったわけです。
ちなみにハイポネックス活力液はHPにて「鉄・カルシウム・各種活力成分・ビタミン・高純度天然糖質配合」と書かれてました。

もう一度、「成分と成長」欄を読んでみました。
『有機酸、ビタミン、アミノ酸と各種微量要素をバランス良く含み、植物に活力を与えます。』と書かれていますw
ある有名メーカーの別の肥料の説明文には、こうも書かれてます。
「天然の海藻から抽出した微量元素、ミネラル、アミノ酸など水草の育成に必要な有効成分をはじめサイトカイニンなどの植物ホルモンを含んでいます。」
アミノ酸?
なんとアミノ酸も、このマイナー液肥に含まれているじゃないですか!

微量元素にアミノ酸、そして鉄分を補給すれば、ある有名メーカーの肥料に追いつけるのではないか?
 ムリムーリ!o(゜Д゜)っ
   あらノ(´д`*)ムリ? w
ま、2~3ヶ月続けてやってみることにします。

問題は、希釈倍率ですよね。
希釈倍率を、これからベッドの中ででも計算しつつ明日の水換えを楽しみに寝たいと思いますo(^o^)oウキウキ

ちなみにペンタガーデンも続けてみようと思います。
Fe Energy(鉄分)とぐんぐんグリーンK+(カリウム)は続けるかどうするか、これも楽しみながら考えたいと思います。

竹炭にモス

2010年11月13日 12:50

今日は早速、購入した竹炭から作業してみました。

まず、煮込みですね。
101113-煮込む
グツグツと煮込んで5分ほど、浮いていた竹炭も沈みました。

次に、乗せたいモスをA-tankから取り出しました。
101113-取り出す
アクア プラス-1で購入したパプアモスspです(購入記事はコチラ
すごいボリュームです!

実はこの中にはジャイアント南米モスも入っているので、今回初めて分けました。
そして、パプアモスspだけを竹炭に乗せていきたいと思います。
乗せる前に、竹炭の表面を一応はさみでガリガリとやって傷をつけておきました。

乗せるサイズはこのサイズにちぎってみました。
101113-パプアモスsp
指の幅、程度ですね(写真撮ってる間に乾いてきた!ごめんモスちゃんm(_ _)m

んでは、D-tankにドボン!
まだ照明の時間ではないので、ちょっとだけ強制的に点けてみました。
101113-竹炭とパプアモスsp
さすが新し物好きなレッドビーですねぇ。

ところが、同じように作業したフレームモスを入れてみると・・・
101113-竹炭とフレームモス
なぜかこっちの方が、食いつきが良いみたいです。
一丁前に稚えびちゃんも寄ってきてますね。

「旨いか?そのモス、旨いか?それ、シルバルさんから頂いた貴重なモスやぞぉ」

液肥と遊んだ午後

2010年11月13日 22:35

今日の午後は液肥関係で遊んでみたと言ってもいいぐらいチマチマとしてました。
A-tankの水換えからですが、お忙しくされていたみゆきザンスさんにレクチャーしてもらいつつ希釈倍率を決めました。

添加していく液肥三銃士はこの方たち↓です。
101113-液肥の分量
右からペンタガーデン、メネデール、謎の液肥「ナッゾー」です。
 ※謎の液肥「ナッゾー」の中身についてはコチラをどうぞ
8㍑バケツにおおよそ7㍑くらい入れますから、それをベースに計算してみました。

ペンタ・・・キャップ半分(2ml) → 3500倍
メネデー・・・キャップ1杯(10ml) → 700倍
ナッゾー・・・1目盛り分(5ml) → 1400倍

それぞれ、水槽容量(57㍑)で換算してみます。

ペンタ・・・28500倍
メネデー・・・5700倍
ナッゾー・・・11400倍

はてさて、どんな結末を数ヶ月後に・・・いやいや、もしかしたら明日の朝にはコケ(藻類)だらけになってたりして・・・。
ま、それはそれで記事にできますね_(^^;)ツ アハハ


101113-カージ01
   ※本文の内容とは関係ありません。

水換えは今週もA-tank、D-tankともにバケツ2杯分をしました。
ですので、およそ15㍑というところでしょうか。

途中、A-tankのバックスクリーンの一部が気になりました。
それは背面ガラスとバックスクリーンの間に水をこぼしてしまったような跡があった所でした。
では、拭いてあげようと思い、バックスクリーンをとってみました。
あら、不思議、なかなかイケメンなA-tankですね。
101113-ホワイトバック
配線関係を隠さなければなりませんが、これはこれでいいかも!
かなり涼しげなイメージで、夏場の水槽にはバックスクリーン無しもいいですね。
これ見て、黒猫あくあさんの、この記事ラストの写真を思い出しました。
素敵さ加減が全然追いつけませんけどね・・・(´▽`*)アハハ

で、この後、まだバックスクリーンは貼り直していません。
え?綺麗から?
違います。
面倒くさかったからですw


101113-カージ02
   ※本文の内容とは関係ありません。

D-tankの水換えをした時に、ちょっと流木の位置などを変えました。
水換え時に、外部F内を掃除しましたが、A-tankに比べて汚れが全然でした。
やはりスポンジFとの併用は効果絶大のようです(個人差あり
101113-D-tank近辺
このD-tankのすぐ左に30Cを置いてます。
さらにその左にあるのは・・・・侘び草ですね。
実は侘び草を持っていたんですが(買った記事はコチラ)、この夏の暑さでもうほぼダメになっています。


101113-カージ03
   ※本文の内容とは関係ありません。

今日の午後、液肥関係で遊んでみたと冒頭で書きましたのは、この侘び草についてです。
先述のペンタ、メネデー、ナッゾーに加えて、ハイポネ原液も足して、こんな↓液肥を作ってみました。
101113-侘び草と液肥
なんとなく、ある有名メーカーの液肥を薄味にしたような色合いになりました。
しかし、実は入れた後で気付いたんですが、メネデーは希釈すると保存が利かないから失敗ですね。
ま、いいんです、元々はベランダの緑に希釈液肥を与えて、その残りをこのボトルに入れただけですから・・・w
しかし、侘び草が見事にスカスカになってしまってるでしょうヽ(´Д`;)ノアゥア...
この自作液肥薄味を毎日ワンプッシュくらいで与えてみて、効果あればラッキーって感じです。

クリスマス・ローズ2つ目の新芽

2010年11月14日 14:08

クリスマス・ローズ、今季2個目の新芽です。
101114-クリロー01
ところが、この新芽、ちょっと違うんです。

この新芽の根元を見て下さい。
101114-クリロー02
なんかタケノコみたいになっています。

別角度から同じのをじっくり見てみて下さい。
101114-クリロー03
もしかして花芽?
・・・だったら、嬉しいんですが。
ルーバルさん、どんなもんでしょうか?

オトたんの隠れ家

2010年11月14日 20:28

A-tankにはオトシンクルスもいるはずなんですが、なかなかお目にかかれません。
先日、ふと照明の消えた後の夜中に、水槽の前面に出てきているオトたんを見かけました。
夜行性になってしまったのかどうかは知りませんが、昼間は本当に見れなくなりました。

いったいどこにいるんやろう?と探してみると・・・いました、いました!
101114-オトたんのねぐら01
3尾のオトたんが見えました。

これ、どこか分かります?

そそ、この吸水スポンジの奥側ですね。
101114-オトたんのねぐら02
しかも、その底の方にいたんですw
どうして、底がいいのか知りませんが、ちょっと3尾で密会みたいで可愛かったです。



イスなんぞに座って、A-tankを撮ってのんびりしてました。
101114-A-tank
前にも書きましたが、黒猫あくあさんのこの記事ラストの写真みたく格好良く撮れるかなぁ?なんて遊んでました(無理に決まってんですけどね・・・(´▽`*)アハハ

そしたら、・・・やっぱり来ました、久々の彼女ですw

えーさん登場!
101114-A-tankえーさん
「撮って、撮って」とうるさいもんですから、撮っておきましたw



D-tankのレッドビーたちには小松菜をあげました。
101114-小松菜
一年ほど前に収穫した冷凍ものにも関わらず、食べてくれるので嬉しいですねぇ。

・・・っと、おおっ!!

稚えびも頑張っとるじゃないですか!
101114-稚だって!
粉系の餌だけじゃ物足りなくなってきたようですね。
成長してくれて嬉しいです!

小さなハートが出てきました

2010年11月15日 22:13

一つ前の記事の主人公は一応オトシンクルスという熱帯魚でした。
意外だったのが、いただいたコメントの中にオトたんに触れたものは一個もなかったのが、むしろ面白かったです(笑)
いえいえ、これは催促とか嫌味を言ってるわけではありません。
コメントを頂く事自体が素敵ですから。
ただ、もしオトたんが字を読めたら「(T^T)クゥー」みたいな顔するのかな?と面白かったんですw



今日は葉っぱネタです。
今朝、出勤前に照明点く前のA-tankを見てましたら、変な所から根っこみたいなのがニョキと出てました。
メタハラの電源を出勤前からパチパチと点けてすぐ切るのが嫌だったので、とりあえず出勤しました。

帰宅後、見てみると、どうも変な所から出ていたのは根っこではなく、葉っぱだとわかりました。
それがこれ↓です。
101115-小さい葉っぱ
どの葉っぱのことか、分かります?

そうそう、そうです。
流木の下の、ライトの影の中のヤツです。

ジャジャーン!
101115-この葉は!
なんと、ハート型!!

ハート型と言えば、睡蓮系!
A-tankで睡蓮系と言えば、言わずもがな、この夏、水面到達するのではないか!?と思われたあの水草です。

!!  ココで買いました!

もう一度、最初の写真を見て下さい。
101115-ランナー予想
こんな感じ↑で、地下でランナーを伸ばしたんでしょうかね。
嬉しいですねぇ。
これが根付けば、株が全部で4つになります。



D-tankからは、最近、好きなヒゲです。
101115-R1016758
透明部分でピーンとしている所ではなく、目から前に向かってニョキッとつきだした白い部分です。
なんか、ここばかり見てしまいます。
そして、ここが立派な三段になってたり、色が濃く乗ってたりすると格好いいなと思うようになってきました。
これが、お気に入りが出てきたってことなんでしょうか?
※この部分については、なにわエビさんから貴重なお話を伺っております。
なにわエビさん、ありがとうございましたm(_ _)m

ピンちゃんスイッチオーン

2010年11月17日 02:51

寝かしつけてたら、自爆した・・・そして、今頃更新・・・なmongyです。
皆さん、こんばんは (。・_・。)ノ

さてさて、水草の嬉しいお話が続きますよ!
どうやらピンちゃん、スイッチが入ったようです!
見てやって下さい。

これ↓が、今日現在のピンナティフィダです!
101116-ピンちゃん02
忘れないために、「1枚目、2枚目・・・」とか書いておきましたw

こうして見てみると、3枚目から明らかに大きさが違うのが分かりますよねぇ。
この夏の暑さと、お出掛けでの放置状態から一度は溶けて無くなったと思っていたピンちゃんですが、9月11日に端切れを見つけました(記事はコチラ
101116-R1011879
深夜に、ちょっとこんな↑感じにノスタルジック加工しちゃったりして・・・(´∀`*)ウフフ

けど、このノスタルジックな写真でも見えますように、実は端切れ株は2つあったんです。
しかし、1つはダメだったんです。
だから、この残った唯一の株は貴重なんです・・・(;´Д`)ウウッ…

これ↓は水槽の左サイドなんですけど、ちょっと存在感も出てきました?
101116-A-tank左サイド
「水面(波紋)、綺麗なぁ」(^。^ *)ウットリ

ドワーフ・フロッグピットの根

2010年11月18日 03:48

アマゾン・フロッグピットという浮き草をよく聞きますが、小生はドワーフ・フロッグピットを浮かせてます。
ところが、この水草の生長も千差万別で面白いです。

今、A-tank(アマゾニア・メタハラ・CO2添加)、D-tank(FULVIC soil・T5管×2・CO2無し)、ベランダバケツ(太陽光・ベア底・CO2自然界)の3カ所に浮かせてます。
D-tankのが最も綺麗に成長し、条件的には程よいと思われるA-tankのはショボイです。

これがD-tankのドワーフです。
101117-R1016770
根っこがかなり伸びてきて、とっても綺麗です。

A-tankのは、どこにあるのかも分かりにくいので丸で囲っておきました。
101117-R1016771
やっぱりショボイです。
ショボイと浮く位置も、(自ら!?)移動するのでしょうかww
D-tankの立派なのは照明の真下でスポットライトを浴び、A-tankのは水槽の最も暗い隅っこであたかもいじけているようです(笑)
ちなみにベランダバケツは、この秋口まで調子良かったですが、気温が下がってから葉が小さくなってきました。
そろそろ限界でしょうかね。

ところで、このD-tank(1枚目の写真)の根っこ、とっても長いじゃないですか。
これは要するに、水中の富栄養分を吸い取ってくれているってことですかね。
だとするとA-tankの黒ヒゲ苔なども理由がわかる気がします。

水草の順調な育成

水中の富栄養分を吸収

コケ(藻類)の発生を軽減

水草の順調な育成





と、良い循環が進みそうです。
A-tankの黒ヒゲ苔は、以前のように繁殖は進んでません。
・・・と言うことは、後は水草のスイッチが入れば・・・そう願っています。

簡易温室を買いました

2010年11月18日 22:16

ミリオフィラム・マトグロッセンセです。
101118-R1016782
どこかのサイトで、葉の付け根に花が咲くと読んだ記憶があります。
勿論、これは水中ですから花は咲かないと思いますが、何となく名残っぽいのが見えます。
これが水上だとこの部分に花が付くのでしょうか。
頂芽部分がなんとなく赤みを帯びてます。
強い照明下では、若干赤くなるのでしょうか。
それとも、メネデーの結果なのでしょうか。



こんばんは。

今日、mongy御用達のホームセンターコーナンに、またまた行ってきました。

購入品は、この二つ↓です。
101118-R1016776
液肥を買った時(コチラ)にチェックしておいたリサイクル土と簡易温室です。

リサイクル土はボチボチ使っていきますが、簡易温室は明日にでも組み立てようと思います。
2段タイプが1480円で、1件目では売り切れでした。
ちなみに3段タイプも売り切れてました。
近隣のコーナンに行ったら、どちらもありました。
3段タイプ1980円にしました。
これからの時期、室内管理したい植物があるんですが、今シーズンは無理っぽいので簡易温室を買いました。

液とか粉とかが好きな小生

2010年11月18日 23:00

雄みちのくずんださんのブログ「BEEな日々」で、こんなコメントを頂いていたmongyですw

mongyさん

なんかとかとかスキですねぇ
あまり踊らされないようにね
いいものを厳選してくださいね 参考にさせていただきますので

  ↑引用クリックで、該当記事に飛べますm(_ _)m

いや、ずんださんに的確に指摘されてしまいました!!
そうなんです、小生はとかとかが、実は好きなんです。
特にレッドビー飼育を初めてから顕著ですw
もう、ホント、このコメントを貰った時、「いや~バレてしまったぁ!」とそんな気分でした(/ω\)ハズカシーィ
なんと申しましょうか、「実験」と言うと生体に申し訳ないんですが、そんな変態的な欲望がありますm(_ _)m
水槽に粉を振りかけたり、液体を投入したりして変化が・・・、そんな人工的な作業がちょっと好きだったりします。

そんな小生が、とあるアクアショップで、またまた新たな液体に手を出してしまいましたw
101117-R1016769
AXIZ製、WATER SUPPLE(ウォーターサプリ) エビ(シュリンプ・ヌマエビ)用 500mlです。
勿論、フルボ酸って所に惹かれてしまいましたw

フルボ酸・キトサン・海洋性珪藻土 強化配合! ・・・だそうです。
ちょっと裏書きでもコピペってみましょう。

フルボ酸】強化配合
フルボ酸は、生物の細胞の活性化をおこない、細胞膜の浸透性を高め、栄養素を円滑に取り込ませて、細胞増殖を促進させる効果や、毒素を排出する効果などがあると言われています。
【キトサン】
キトサンは、自然界に広く分布する、カニ・エビなどの甲殻類や、イカ・貝などの軟体動物の器官から抽出される天然の成分です。
生き物の免疫力の向上、細胞の活性化などを行います。
【海洋性珪藻土】
海洋性珪藻土は、あらゆる有効ミネラル・微量元素を含み、さらにビタミン・天然酵素の働きで、バクテリアを活性化します。

しかも、このサプリメントは、カルキ(塩素)も中和してくれるそうです。

開発者の方には申し訳ないですが、消費者としての純粋な感想を述べると・・・「説明文が長すぎる」です。
論文を作成する時、句点「。」までの一文が長いと、言いたい事が相手に伝わりにくくなるそうです。
そして、逆に液とか粉とかが好きで変態的な欲望のある小生みたいな消費者は、こういう説明文にイチコロですw
※ちなみに液肥と遊んでから「微量元素」って言葉にもイチコロでした(爆)

・・・と、率直な感想を述べたところで、この液のすごい所を教えてもらいました。

それは、このキトサンという物質のことです。
このキトサンという物体は水に溶けないそうです。
今、見てみるとキトサンWikipediaにも書かれてました。
要するに、水槽に添加しても水に溶けずに沈殿してしまうそうなんですね。
それを、液体に溶け込ませている(つまりえびちゃんたちが摂取しやすい!!)ところがミソだそうです。

水5㍑に対して10mlですから、水換えの時、バケツ1杯で10ml強を添加すればいいってことですね。
しかも塩素中和剤要らずですか。
こりゃ、次の水換えも楽しみになってきましたo(^o^)o ワクワク

売り場には、WATER SUPPLE(ウォーターサプリ) はエビ用以外にもカメ用とか熱帯魚用とか数種類のがありました。

簡易温室マンション完成

2010年11月19日 08:32

今日は朝から昨日買ってきた簡易温室を作ってみました。
しかも、お仕事お休みなのでのんびり更新していま~す。
たまにはお休みを貰わなければならないのです。

組み立ててみたところです。
101119-00
計ってませんが、箱には幅70㎝×奥行き50㎝×高さ120㎝と表記されてました。

現在のメンバーです。
101119-今いるメンバー01
寒い寒いと聞こえてくるのが何人かいます。

で、入れてみました。
101119-入れてみた
3段にしておいて良かったです。
3階の床を外さなければ入りませんでしたから。
1階に、左からカランコエ、クチナシ、ポインセチアです。
2階に、手前左から金のなる木(?)、クリスマス・ローズ、ガーベラ、奥にデンドロビウムです。

今回、簡易温室を買った理由は、この↓花の為です。
101119-デンドロビウム
デンドロビウムです。
冬場、室内管理したいんですが、あーさん(0歳児)にとって支柱がとっても危ないと判断しました。
えーさん(3歳)は理解してて、ひっくり返すとか抜くとか食べる(!)とかしませんが、あーさんはひっくり返すとか抜くとか食べるとかします。

ところで悲しいことに、デンドロビウムを入れる時。
101119-折れた
・・・折っちまったorz

ポインセチアですが、遮光とかしてないので紅く染まりません。
101119-ポインセチア
ああ、もう世の中、紅いポインセチアが出回っているというのに・・・。

これ↓が入れてみたところの全景です。
101119-01
こうして見てみると、改めて2段をやめて3段にしておいて良かったです。
ちょっとしたマンションみたいで楽しいですよ(*^ー゜)v

で、これ↓がカバー(フード)をかけたところです。
101119-03
うん!(^-^)温かそうですね(≧∇≦)b

この人たち↓は、今回残念ながら抽選から漏れたメンバーたちです。
101119-抽選漏れ01
頑張って、寒空の下・・・・

・・・・って、君たちはデカすぎます!!
101119-抽選漏れ02
縦も横もボリュームありすぎですね。
ローズマリーぐらいなら入れるかな(ま、別に入れるつもりありませんが・・・

そして、次の作業はこれ↓で~す。
101119-お次は
ちょっと前からフルイにかけて、日干しさせてます。
ってか、黒いビニールの重しに龍王石を使うこのリッチな気分!
改めて思うと、なぜアクア用に石をわざわざ買うのか、お金を出して買うのか!?
アクアをやらない人たちから見たら、訳わかんないでしょうねw



・・・・と。



ちょっと待って下さい。



別ページに移動する前に、もう一度、一番最初の写真を見て下さい。



あ!



ああ!!



なんてことでしょうかw
Fe Energyを仕舞い忘れてました。
101119-04
|ι´Д`|っ < オ~ノ~

えーさんの体操教室

2010年11月21日 13:07

いや~参りました。
高熱が出ちゃいまして・・・
38.9度も出ちゃって、インフルかとヒヤヒヤしましたが、違いました。

金曜日(2010.11.19)に簡易温室をupした後、えーさんの体操教室に行きました。
そこから帰ってきてから、体がおかしくなりました。
腰が痛い、肩が痛い、頭が痛い、こんな症状です。
鼻水、くしゃみ、咳、痰、のどの痛み、まったくありません。
なんか変だと思いつつも、出かけたい場所があったので大阪は梅田まで行きました。
要するに、金曜日は簡易温室を組み立てて、簡易ビニールハウスを作って、体操教室に行き、梅田に行ったのです。
帰ってきて、体温はかると38.9度!?
こりゃマズイってんで、すぐに寝ました。
でも、気管を痛める風邪っぽい症状がないので変な病気だと思ってました。

明くる日の土曜日(2010.11.20)は、月一恒例の心療内科でした。
心療内科の帰り道、内科にも行ってみました。
ところが臨時休診で、内科はお休みでした。
仕方なく、家でまた寝てました。
夜になり、妻も心配になり、やっぱり救急外来に行くことにしました。
行ってみて、インフルの検査(鼻に綿棒突っ込むヤツ)しましたが陰性でした。

今日は熱は治まったようですが、頭痛がするのと、ようやくのどに痛みが来ました(別に来なくてもいいのに・・・
そんなわけで寝床から以前購入したモバイルPCでのupとしゃれ込んでます。
また、返コメや皆さんのブログ訪問が、ちょっと滞ると思いますが、お許し下さいm(_ _)m



さて、本題です。
えーさんの体操教室を参観してきました。
仕事を休める時に行っておきたかったのです(せっかくの休みも高熱出ましたけどね(T_T)

これ↓が、教室の風景です。
101121-全景
なんか、いい雰囲気ですねぇ。
人数も程よい感じです。

ストレッチですか?
101121-柔軟
柔軟運動してますね。

ブリッジですね。
101121-ブリッヂ
これだけが束になってブリッジすると団子みたいで面白いですね。
ところがよく見ると、えーさん、ブリッジするのに手を使わず頭で支えてます。
彼女だけ、首を鍛えてるんでしょうかw

トランポリン、楽しそうです。
101121-トランポリン
後でえーさんに聞いてみたら、やっぱりトランポリンが楽しかったそうです。

今度は鉄棒ですね。
101121-鉄棒
首を鍛えて、腕を鍛えないから、腕がピンと伸びないんでしょうか(ブリッジ項参照w

お、これはなかなかの勇姿ショットです。
101121-勇姿
こういう時はデジイチの望遠レンズが役立つことを感じます。



帰宅後、クリスマス・ツリーを見つけたえーさんとあーさんです。
101121-ツリー
これ↑を早朝に押し入れの奥から引っ張り出しました。
そんなことを薄着でやったから風邪ひいたんでしょうね。

そして、クリスマス・ツリーと言えば、そろそろ年賀状の季節でもあります。
101121-年賀
今年もディズニーverですね。
去年もディズニーを使いました(記事はコチラ



さて、週末といえば楽しみの水換えなんですが、風邪気味ですから休みそうです。
ベランダに出る機会も増えますし、それが原因で悪化させたくないですからね。
魚ちゃん、水草さん、えびちゃん、もうちょっと待っててね~。

ショック、アルアナ・・・orz

2010年11月21日 17:15

今日は前記事でも書いたように大事をとって水換えをしてません。
案の定、1週間分の水の蒸発で水面がオーバーフロウパイプを下回り始めてますorz
1011211-蒸発
足し水ではなく、今は水換えをしたい気分です。
明日・・・いや、体調が戻れば火曜日にも休日が来ますから、その時にでも!と思います。

ですから水槽を眺める時間はあります。
そこで、辛いものを見てしまいました。

ごめすさん、すみません。

これ↓です。
101121-アルアナさん
アルアナの夕焼けが溶けてしまったようです。
難しい水草なんでしょうか。
2本あったのですが1本しか見あたらないということは、既に1本は溶けたのでしょうか。
なんかピンちゃんを思い出します。
今日は元気がないので、また明日か明後日に水槽内をチェックしたいと思います。
ごめすさん、本当にごめんなさい(まだ、何のお返しも出来ていないのに・・・・・・(;´Д`)ウウッ…

ごめすさんは、水質やら何やら本当に丁寧にチェック&管理されている方です。
ごめすさんが「簡単ですよ」と仰っても、小生にはとても届かないレベルだったんだと痛感しました。
これはじょえさんの時もそうでした。
じょえさんが「ピンナティフィダ、簡単ですよ」と仰っても、それはじょえさんだから簡単なんですよねぇ。

ごめすさんが運営されているブログ「初心者AQUA」は、コチラです。
じょえさんが運営されているブログ「ネイチャーアクアリウム的生活」はコチラです。

ちなみにいただいた記事はコチラです。
11月3日にいただいたということは、1ヶ月も保ちませんでした(T^T)クゥー

こ・・・これがフルボパワーか!?

2010年11月21日 22:31

今日のご飯はFULVIC 02でした。
食いつき、相変わらずいいですよ!
稚えびちゃんも寄ってきます。
1011211-R1016826
そんな食事風景から、1尾に着目!

この↓レッドビーで、クイズ写真「まちがいさがし(?)」です(別に「まちがい」じゃないんですけどね・・・
1011211-?01
なぜ、この子に着目か、お分かりでしょうか?

ちょっと分かりやすく、FULVICをカジカジしている横ショットでどうぞ!
1011211-?04
もう、お分かりですよね。

答え↓
1011211-?04-02
正直、「痛そう~(∋_∈)」です!
殻が割れてますでしょ。
平気なんでしょうか?

脱皮途中でちょっと失敗しましたか?
これ雌だと思うんですが、雄にイタズラされたんでしょうか?
それともフルボパワーで、いつもより多く抱卵して、殻が割れたんでしょうか?
確かに、稚えびを目測で数えてみると70尾ほどいるD-tankです。

しかも、まだ抱卵ママも最低6尾は確認できています。
1011211-抱卵ママ01
出産を繰り返すと殻の白が薄くなるってこういうことなんですね。

これ↓、上↑のと同じ個体ですが、こういう角度から見る卵のボリューム感も好きです!
1011211-抱卵ママ04
今はまず「生かす」「増やす」のレベルですから、「柄を良くする」のは後です。
だから、多少、殻が薄くなっても元気だったらいいんです!
   でも、戻し交配はちょっとやってみようと計画中です(-。-) ボソッ
   それから、個体数が増えすぎて濾過能力がスペックオーバーしたら水槽増設か?とワクワク計画中ですo(^o^)o ワクワク



ま、どうでもいいんですが、もう一丁!クイズ写真「かくれんぼ」です。
1011211-暗闇01
最初、小生自身はちょっとギョッとしましたw


更新情報


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。