FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファレノプシスに手を出した

2011年06月27日 12:20

少し前にも書きましたが、思うところがあって子育てを楽しんでます。
まぁ実際には「子育て」というよりも一緒に遊んでるだけですがね。
土曜日は室内プールに行き、日曜日は9時から夕方6時まで遊びまくりました(両日ともえーさんとです
感じたのは、「子育て」の本当の意味は「子に育てられる」ということだったってことですね。
そんなわけで日曜日のブログ更新もまたまた止まってしまいました。
しかし、そのほとんど無い時間のわずかなすきまで一つの買い物をしました。
そのことを日記にしておきたいと思います。

デンドロビウムを育てて開花までとりあえず到達し、花が開花する楽しみを知りました。
110627-R0012589
そんなレベルの低い小生が、また無謀な育成にチャレンジしようと思いました。

ファレノプシス、通称、コチョウランです。
購入株は2株。
2株で600円と破格の値段の理由は、ご覧のとおり開花が終わったからです。
花のついてない方は、ラベンダーカラーの花がついてました。
ギフト用などのコチョウランは非常に高いですが、開花が終わり贈答品をばらしたヤツなら安いんです。
そんな情報を知人から聞き、贈答品がばらされるのを狙ってました。
忙しかった日曜日、えーさんとあーさんと狙っていた花屋の前を通った時にチェックしたら「あった!!」。
その時は勿論買えないので、後から妻と四人でスーパーに出かけた時、妻に頼んで買っといてもらいました。
昨日は忙しく子育てを楽しんでいたので、株元をチェックしただけです。
水ゴケが巻かれていました。
鉢と水ゴケを用意して、植え替えて来年の開花まで頑張ってみたいと思います。
ちなみに、コチョウランは屋内での育成になりますが、カテゴリーはこのまま「ベランダ緑化」で行きます。

アカンかった

2011年06月28日 04:27

娘の寝かしつけで久々、夜中の更新と相成りました。
こんばんは&おはようございます。

B-tankです。
110627-B-tank01
あきまへんでした。

この週末、かなりの気温だったので「ヤバイかなぁ」と思っていました。
去年、室温42℃を記録した部屋での飼育でした。
梅雨が明けたらクーラーをなんとかしたいと思っていたんですが、時既に遅しでした。
今朝、職場に来て一番にチェックしたら3尾とも落ちてました。
うち1尾は、さっきまで生きていたような発色でした。
539日で閉鎖ということにします。

ところで、この水槽の横にはもう一つのレッドビー水槽があります。
110627-B-tank02
左の水槽がそうです。

この水槽の中にはだーさん印のレッドビーが11尾います。
こちらは落ちていません。

理由は簡単!
110627-B-tank03
たかがファンですが、大したものです!

水槽内の環境はいたってシンプルです。
110627-R0012592

水槽:kotobukiプログレ600(60*30*36)
照明:NISSOカラーライト600(2灯)60Hz(西日本用)
濾過器:Tetraツインブリラントフィルター
底床:フルビックソイル01ノーマル

至ってシンプルです。
職場管理の水槽です。
職場には職場保持の水槽が3本と個人保持のが1本ありました(この1本がB-tankでした
職場保持の3本(厳密には他にもチマチマとありますが)は、小生の水草が元気に!水槽とこのレッドビー水槽、そして同僚の日淡水槽とがあります。
レッドビー水槽は、元々やるつもりはありませんでした。
ところが、日淡を飼ってる同僚がワラワラレッドビー水槽を見たいと言い出したのと、ちょうど自宅のD-tankがヤバイ時だったので隔離と言う理由で先月末に立ち上げていたんです。
まぁ室温42℃の部屋ですから隔離とは言えないかもしれませんが・・・・。
写真にあるように、5月20日に立ち上げて、今月17日に抱卵ママ1尾が出ています。

よれよれコチョウラン

2011年06月28日 05:11

洋ランづいてる週初めの小生です。
110625-R001259601
職場でふと見ると「お、洋ラン!」と。

支柱も無いし、風で負けて今にも倒れそうです。
110625-R0012598
オンシジウムですよね。

管理してそうな人に、持っていって「この洋ラン、誰が管理されてるんですか?」と尋ねました。
「それ、去年までいたК△Å※さんがやってたんやけど、もう(転勤したから)枯れていく一方やわ」との返事。
mongy心の声「お、無料株発見」
そして、その部屋の片隅に目をやると、そこにもなんと洋ランが!
しかも、この葉っぱはどう見てもファレノプシス!!
さらにその横にも洋ランらしき葉っぱが!

コチョウラン(ファレノプシス)と(その方曰く)オンシジウムです。
110625-R0012594
しかし、このコチョウラン、瀕死状態です。

葉っぱはよれよれ、根っこはスカスカ。
間違いなく枯れます。

オンシジウム(か?)の右隣にはデンドロもありました。
110625-R0012595
高芽出まくってますがww

転勤されたК△Å※さんと同じ部屋で勤めていたその方に、「洋ラン、やってんねんやったら復活させて!」と言われました。
え~と・・・、「やってません!」
けど、ここまでヨレヨレなら枯れても文句言われないか、とも思いました。
モン「ここまでヨレヨレだと、もう復活は無理っぽいですよ。だってコチョウラン、昨日買ったばっかりやもんw」
相手「でも、私よりも知識あるんやろ。私、何からやったらええんかさえわからん」
モン「う~ん・・・・」(だませるかもw)
相手「復活させて~な、お願いするわ」
・・・と、まぁこんな感じの会話で、ダメもとでやってみることになりました。

なんやろ、これ、カテゴリー「ベランダ緑化」と全然ちゃうねんけどw

これは爆殖と言っていいかも

2011年06月29日 05:21

行きつけショップに置いてある人任せ水槽、SSB水槽を見に、昨日の仕事からの帰路、少し立ち寄ってみました。
110629-SSB01
すげー数ではありませんか!!

餌付近の様子です。
110629-SSB02
中堅サイズの連中の食いつきが良さそうです。

昨日目視した段階では、抱卵個体は1尾もいませんでした。
しかしもう1陣来て、この小型から中堅サイズが1.5㎝を越してきたら、電気代くらいは狙えるかも、と相談してきました。

コチョウランを植え替えました

2011年06月29日 05:36

2株600円で手を出してしまったファレノプシスコチョウランをようやく植え付けました。
昨日、人任せなSSB水槽を見て家に帰ってからの作業でした。
本を見ながらの作業でしたが、一応備忘録兼ねて記録しておきます。

花芽は下から3節を残してカットしました。
110629-01
伏し目狙いです。

水ゴケをほぐしてみましたが、状態が非常に悪いです。
110629-02
使えそうな根っこがほとんどなかったので、この株はダメかもしれません。

白くてスカスカだったり不健康っぽい根っこをカットしたら、ここまで↓小さくなってしまいました。
110629-03
う~ん、ホント無理な気がします。

使った鉢は3.5号鉢です。
110629-04
鉢底の穴が小さいので鉢底ネットは面倒なので使わず、直接発泡スチロールを敷いて、ギュッギュと詰め込みました。

一応それなりに見えますw
110629-05
このまま1週間は水をあげないで置いておくそうです。

ところで水ゴケって、カラカラに乾かした状態で使うのが正解なんでしょうか。
圧縮されて売られているタイプと、ふかふかで売られているタイプと2種類ありますよね。
小生が買ったはふかふかタイプでした。
よくわからんのでバケツに水を入れて、そこに水ゴケを入れて、巻き付ける分だけを絞って巻きました。
要するに、カラカラに乾いた状態ではなく、多少水気を拭くんだ状態で使ったわけです。
どなたか洋ラン、水ゴケに詳しい方がおられたらアドバイスを下さいm(_ _)m

もう1つの方の株ですが、おっと、こちらの方は根っこの状態が健康です!
110629-06
こちらは水ゴケをあまりほぐさずに手頃なサイズの鉢(おそらく4号かと)に鉢上げ感覚で植えました。

左がやや根っこ健康な方の株、右が「う~ん、どうかなぁ?」な株。
110629-07
あまり屋外に置きたくないですが、仕方ないので(あーさんが何をしでかすかわからんので)ベランダの比較的日陰な所に置いておくことにします。

抱卵ママ4尾キタ━━(゜∀゜)━━ヨ

2011年06月29日 11:43

先日の舞のおかげか、ようやくD-tankにも抱卵ママがお目見えし始めました。
110629-D-tank抱卵
丸で囲んだ所以外にあと1尾確認したので、合計4尾のママです!

暑さよりも以前の底床イジリすぎ事件からの蓄積疲労でか、時々落ちているのを見ます(昨日も実は1尾
でも、確実に安定してきているようですし、1ヶ月後に堪能できるように水温管理や水換えなどをしっかりしたいと思います。

久々のA-tank

2011年06月29日 22:29

嬉しいこともあれば苦もあります。
前の日記で、抱卵個体ぃ~とか喜んでましたが、今日、帰宅後見てみると1尾の☆が出てまして、よりによって抱卵ママでした。
くっそ~。
やっぱり蓄積疲労が溜まってるんでしょうか。
水はボチボチいいとは思うんですが・・・・。



ところでカテゴリー見てみると、メインのA-tankの日記数がD-tankに追い抜かれそうです。
元々のアクアライフの中心水槽ですから、たまには姿を。

ちょっと気取ってハイコントラスト白黒モードで撮影です。
110629-R0012621
なかなかの雰囲気です。

ダッセンアマニアピンナティフィダが水面に到達し、フロッグピットもD-tankと違って根っこが元気です。
110629-R0012623
しかし、他のサイトでよく見るピンナティフィダのロゼット型っぽい成長のさせ方が知りたいです。



さて今日は久々、ホムセンに立ち寄りました。

購入品目は、素焼き鉢3.5号5ポット、水ゴケ、遮光ネットです。
110629-R0012625
時間ができれば、これら(遮光ネットは除く)で職場の洋ランに着手したいです。

マルタの玉肥

2011年06月30日 15:49

盆栽クロマツをスタートさせてから2週間が経過しました。
今日6月30日は置き肥(追肥)を開始する日です。
そこで先日、いつもの養庄園で買ってきた肥料を置くことにします。

盆栽用の肥料とか全然詳しくないんですが、置いてあったマルタの玉肥というのを購入しました。
110630-R0012629
公式サイトはコチラになります。

成分は窒素5.3、リン酸4.0、カリ1.0となっています。
葉っぱ中心と言うか、ほぼ葉っぱオンリーの植物ですから窒素多いめのこれでいいんでしょう。
買う時に養庄園店主さんに「置き肥は1個でええんでしょうか」と尋ねると「豪勢に2~3個、行けやぁ」とのことでした。

では、5号浅鉢ですが遠慮無く三方に1個ずつ置かせてもらいます。
110630-R0012630
ちょっとひび割れてますけど、ま、気にせずクロマツちゃんに頑張ってもらいましょう!

【備忘録】
・7月10日 来店すること 芽切り(芽刈り?)の方法を教えてもらう


更新情報


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。