--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六甲全山縦走に挑戦!~無事完遂~

2016年04月02日 13:51

3月31日に行ってきて、さすがにその日は疲れてupできず。
エイプリルフールな昨日は一応出勤。
で、今日にupしたいと思います。
もはや、六甲全縦ってのは、やってみて思ったけど、カテ【里山ハイキング】でいいんだろうかwといった感じです。
さて、下見として2回に分けて(西半分東半分)歩いてきたので、今回は単独で初の挑戦です。
1回目の時刻に摩耶山以降のタイムを計算しなおして、トータルを出すと940分(15時間以上)でした。
なんとか100分削って840分(14時間)を目標に行ってみることにしました。
GPSはiPhoneのが西半分の時、バカになってて嫌になったので、その後CANMORE製のGP-102というのを購入。
念のため、iPhoneのでもGPS作動させて歩いてみたら、今回は飛ぶこともなく記録できてました。
でも、iPhoneの方はトラックの打ち込みがよくわからんです。
GP-102の方は5秒ごととか10秒ごととか設定できるので、バッテリーのことも心配だったので10秒ごとに打つことにして歩いてきました。
今回も、写真はあちこち他のベテランさんらのブログやHPで上がっているので、記憶程度に。

カシミールでGPSを表示。
160331-GPSルート
歩いてる時はクネクネしながらも、地図で見ると「おお、縦走!」って感じですね。

高低差ですが累計高度の見方がわからんのと、カシミールで見てみると全行程44.4kmしかありませんでした。
160331-GPS高低差
公式では50km以上書かれているんですが、なんででしょうかね。

旗振茶屋ん所のアンテナ。
160331-R0018917
これを、今日も菊水から振り返れるかなぁ?と思いつつ出発。

実は寝坊したので、1時間遅れのスタート。
しかも、その時間は西半分をスタートさせた時よりも20分の遅れ。
ただでさえ7:20スタートででも、ゴールが23:00になっていたので、これはヤバい!とややスタコラサッサと歩くことに。

相変わらず、苦手で怖くて、怖じ気づいて、立って歩けず四つん這いなって通り過ぎた須磨アルプス、馬の背。
160331-R0018936
さすが、平日、だ~れもいない・・・と思ったらパパ、息子さん、娘さんの3人組とすれ違いました。

菊水山登る前にリュックに鳥の糞を落とされたのを発見、悔しい。
菊水山下山途中、滑落で指に擦り傷(→水場が無いので市ヶ原までそのまま
!次回からは簡易的な消毒液とか絆創膏くらいは必要!

場所は一気に飛んで、ここは鍋蓋山山頂付近から振り返った写真。
160331-R0018957
鍋蓋山でもなんかの伐採作業が進められていて(前回もチェーンソーの音が激しかった)、視界がとても開けており、今回はここから菊水山、高取山、横尾・栂尾山、鉄枴・旗振山を見渡すことが可能!で、これは嬉しい!!

また一気に六甲最高峰で、ここも勿論だ~れもいませんし、日没18時を過ぎてるから、暗くなり始めている(誰もいないと思ったら・・・
160331-R0018976
出発駅の塩屋でだいたい海抜2mかなぁと思って設定してここまで歩いて、誤差2mって優秀じゃない!

最高峰を後にしてヘッドランプ(ヘッデン?ヘドラン?ラテ?どれが一番格好いい呼び名かな)をつけて、東取り付き。
160331-R0018980
ピントが合わへんけど、まぁ、そんなことはさておき、とりあえずこの後、無事に宝塚に到着で、初縦走完遂の喜びを一人かみしめていました!

大谷乗越でリュックのバックルを途中で落としたことに気付いた、残念。

おまけ画像というか、栂尾山からジオラマ写真を撮ってみました。
160331-R0018927
いつものカメラじゃなくて、懐かしいカメラを今回は持っていったので、それの機能を使ってみたわけです。

そうです、今回はSONYのNEX-5Rではなく、RICOHCX4を持って行きました。
ところで、今PCモニターで見てみると、なんとなく、それにしても画質が悪すぎる。

う~ん、目がミラーレスやデジイチで慣れたから?それにしても酷すぎる、と思って、再確認してみたら・・・。
160331-IMG_1687b
ぬぉ~~っ、設定が一番画質に設定されとるゥゥッ(ま、これで設定を良いやつにして、もう一度行こう!という動機付けになりましたw

さて、では、振り返り作業をしたいと思います。
今回は、FC2ブログの高機能テキストエディタを使って表組みなんぞを作ってみました。

☆ポイント☆時刻実働(分)休憩(分)
JR塩屋駅07:40
旗振茶屋08:1737
鉄枴山頂08:2710
栂尾山頂09:0336
横尾山頂09:1613
馬の背09:3014
妙法寺10:0030
高取山頂10:4040
鵯越駅前11:3050
菊水山頂12:316113
天王吊橋13:0622
鍋蓋山頂13:3327
市ヶ原14:0734
摩耶山頂15:40935
アゴニー坂入口16:0015
記念碑台下17:0060
ガーデンテラス17:3333
六甲最高峰18:184510
船坂峠19:2658
大谷乗越20:0539
塩尾寺21:0055
阪急宝塚駅21:3535
★トータル★80728

トータルで835分ですから、目標の840分よりも5分速く、目標クリア!です。
しかし、これ以上削るのは、小生的には非常に厳しいです。
参考までに、前回の2回に分けて行ったものも時間を合算して比較してみます。

☆ポイント☆前回時刻今回時刻
JR塩屋駅07:2007:40
旗振茶屋08:0008:17
鉄枴山頂08:1508:27
栂尾山頂08:5009:03
横尾山頂09:0509:16
馬の背09:2009:30
妙法寺10:00
高取山頂10:3010:40
鵯越駅前11:30
菊水山頂12:4012:31
天王吊橋13:1513:06
鍋蓋山頂13:4013:33
市ヶ原14:1514:07
摩耶山頂16:0015:40
アゴニー坂入口16:5016:00
記念碑台下18:0017:00
ガーデンテラス17:33
六甲最高峰19:4018:18
船坂峠20:5019:26
大谷乗越20:05
塩尾寺22:3021:00
阪急宝塚駅23:0021:35

出遅れた分を徐々に巻き返して菊水山頂で逆転、小生、頑張った!
次の目標は、7:40スタートなら菊水山12時通過、あるいは6:40スタートなら同11時通過ですかね。
きっとね、これ、小生、無理やと思う。

☆持参飲料
 900mlスポーツ飲料
☆購入飲料
 ・高取下山直後 500mlウーロン茶(伊藤園)
 ・大竜寺自販機 500ml水
 ・市ヶ原 500mlアミノバリュー + 伊藤園バナナオ~レ  
 ・掬星台 600mlむぎ茶(伊藤園)
 ・極楽茶屋 600mlスポーツ飲料(アサヒH2O)
☆食料
 出発前 ミニパン3ヶ
 行動中 ミニあんパン3ヶ(菊水山頂) ミニあんパン2ヶ、おにぎり(掬星台) ミニピーナツパン2ヶ(?)
☆補給
 塩尾寺後の急下りで アミノバイタル、1本満足バー(シリアルストロベリー)
☆トイレ休憩
 小便3回(おらが茶屋、市ヶ原、大平山付近?)
☆聴いた音楽
 CD19枚分
 ・Shh.Just Go With It / Every Avenue
 ・Picture Perfect / Every Avenue
 ・Nothing Personal / All Time Low
 ・Dirty Work / All Time Low
 ・Love Drunk II / Boys Like Gilrs
 ・Whisper War / The Cab
 ・Symphony Soldier / The Cab
 ・Underdog Alma Mater / Forever The Sickest Kids
 ・Can't Stop, Won't Stop / The Maine
 ・Black & White / The Maine
 ・Anywhere But Here / Mayday Parade
 ・A Lesson In Romantics / Mayday Parade
 ・Simple Plan III / Simple Plan
 ・Get Your Heart On ! / Simple Plan
 ・Get Your Heart On !- The Second Coming! / Simple Plan
 ・My Name Up In Lights / The Secret Handshake
 ・World War III / Madina Lake
 ・。Viva La Cobra! / Cobra Starship
 ・Hot Mess / Cobra Starship
 (全部、Emoばかり、恥ずかしい。iTunesで確認すると、CD1枚目の1曲目の再生時間07:41で、最後の曲21:37となっており、バッチリ時間通り)


さて、実は一つだけ気がかりなことがありまして、それは実はハイカーとほとんど合わなかった今回、唯一話した男性がいました。
その方は最初、掬星台で見かけて、その後アゴニー坂入口でも見かけ、追い越しました。
それからかなり経ち、六甲最高峰で再び再会し、ここで会話しました。
彼は以前2回チャレンジし、膝を痛めて断念(1回目は西からで摩耶山で、2回目は東からで摩耶山で)し、今回3回目。
「ここ(最高峰)まで来たら後は下るだけですからね。宝塚で会えたら・・・」と言って別れました。
小生も彼も、初縦走チャレンジ、しかも、こんな平日、誰もハイカーいない中w
大谷乗越で5~10分程度待ち、21時半頃に宝塚に着いてから、30~40分ほど彼を待ってましたが、現れず、帰ることにしました。
メアドの交換ぐらいしときゃ良かった。
会いたい!
今、そう思ってます。
彼は無事に下山できたんだろうか、途中道に迷ったりしてないだろうか(東半分を西から行ってないなら・・・)、結局膝を痛めたんだろうか、痛めてもエスケープルートが無いので、いろいろと心配です。
てめぇ自身、今回、初めての挑戦なのに人のこと、心配すんなって?
そう思わないで下さい。
小生にとったら、初の縦走で同じ日に縦走できた人って、きっと彼以外いないと思う。

ここまで読んで下さった方々も、きっと気がかりでしょう。
でも、この話にオチはありません。
一期一会(使い方、あってる?なんか違うねw
大切にしたいですね!
スポンサーサイト


更新情報


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。