--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五分がゆから全がゆ

2015年04月06日 21:38

昨日の昼食から食事が始まり、今日の昼からは普通のお粥になりました。
空きっ腹の胃や腸に、食べ物が入るからか、キリキリと痛みます。
これ、今回の炎症の方の痛みじゃなくて、内臓の活動による痛みならいいんだけど、違ったら嫌だな。
で、まぁ、一応順調に進んでいるので、明日には退院ですね。
そんな入院生活と並行して、実は子らも体調を崩している最近なのです。
振り返ると、4/1の昼には妻が、夕方にはえーさんが嘔吐。
翌朝4/2に小生の腹痛が始まり入院とあいなった訳ですが、その時、とんくんも嘔吐。
で、明日の退院を前にして、今日4/6、4~5日遅れであーさんが嘔吐。
我がmon家では、1入院4嘔吐という1週間でしたね。
ソロモンも読み終えました。
4/2の備忘録。
6時頃
 腹痛が始まる。いつもの下痢かと判断。いつもの下痢ならトイレで3~4回くだせば復活する。
 トイレへこもる。吐き気もあるものの、とんくんらと違い嘔吐は無し。
 一家そろって感染性胃腸炎だと思っていた。
 やがて下痢が出なくなってくる。しかし、下痢の痛みが治まらないし、まだ出そうな違和感あり。
 一度、血のような物が便器内で飛び散っているのを確認。しかし、元々痔持ちなのでガスと一緒に、と思っていた。
 腹痛は、よじれる痛さ。冷や汗からか、寒さも感じる。
 医者へ行くことを決める。内科ではなく、胃腸肛門科の町医者を選択。
12時頃?
 町医者、午前最終組で診てもらう。待っている間もたまらん痛さ。
 血液検査とCTの必要性を言われ、大きな病院を紹介される。立ってられない痛み。
 一度、トイレに行くが、この時下血していたかどうか覚えていない。
 救急科への紹介状を持って、タクシーにて移動。移動後もよじれる痛みが治まらない。
午後
 救急を待つ間にトイレへ。血便が出ていた。
 救急にて血液検査とCT。点滴開始。絶食も必至なので入院を勧められ、入院。
 病室まで歩いていけず、車いすで移動。
 病室に着いてからレントゲンのために、もう一度検査へ。やはり車いすで移動。
 口の中が気持ち悪い。水分、お茶、清涼飲料水、あめの許可をもらう。
 絶食と点滴のみの行動。テレビを見たりする元気もない。腹痛の時にトイレに行くくらい。
 便は完全に下血。
 水分の点滴以外に、痛み止めの点滴を1袋、痛み止めの錠剤(カロナール)を1錠。

あれ?下血、いつ治まったか忘れてしまった。
4日か5日か、どちらかに下血が治まった。
痛み止めの点滴は3日に1回あった。
4日の夕方4時に点滴終了。
4/6(今日)の夕方の便で、普通の便が出た。
あれ~?下血が止んだ時、思い出したいのになぁ。
たしか、終わるまではおしりを拭くとペーパーに血が付いてたんだよ。
それが、いつから普通の下痢の時みたいな体液色になったんだったかな、いかんなぁ。
ま、もともと4/2の備忘録だから、いっか。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mongy60.blog14.fc2.com/tb.php/1001-5b66d3f9
    この記事へのトラックバック


    更新情報


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。