--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六甲山 トゥエンティクロス~石楠花山

2016年01月11日 13:15

昨日も山、行ってきました。
昨日は六甲の一部でした。
トゥエンティクロス~石楠花山というコースです。

新神戸駅から歩いて、相変わらず整備された綺麗な道を登りますと、布引の滝が見えます。
160110-DSC01978
とっても優雅でした。

雄滝とか雌滝、夫婦滝とあるそうですが、これ(↑)は雌滝ではないことは確かですが、何滝でしょうかねw

↓おそらく、市ヶ原周辺かと思いますが、こういうなんでもない山の景色がいいもんですね。
160110-DSC01988
この辺は、六甲全山縦走路を一瞬かすめるので、その気分だけでも味わっておきましたw

いつか、3~4回に分けて、六甲全山縦走に行きたいですね。

トゥエンティクロスというのは沢を何回かクロス(渡る)します。
160110-DSC01998
かつては20程クロスしてたのかもしれませんが、今や堰堤が何個も何個も出来、渡って1桁ですね。

ちなみに堰堤(砂防)の度に、急に登って急に降りるの繰り返しで、それが気持ちをゲンナリさせてくれますw
また、国交省などがやってるのと市レベルでやってるのとも全然違っていて、それを見るのも面白いですね。
「さすが国交省!防御レベルがすげーっ!」とか友人と言いながら、歩いてました。

まぁ、そんな気分も天狗岩で吹っ飛びました。
160110-DSC02011
あまり地図にもルートがありませんが、道すがら手書きのプレートを発見し、行ってみるとなんと絶景!

石楠花山では展望台があるんですが、そんなに望めません。
展望台で昼食を摂った後、山頂を目指したんですが、その折り、たまたま天狗岩に行ってみると、↑このような景色に出会えた訳です。
石楠花山 天狗岩」でググってみると、ボチボチ出てきますが、あまりメジャーにしたくない、混雑させたくないポイントですね。
さて、この辺りからは裏六甲に入っていきます。
炭ヶ谷などのルートは、それはそれは静かで人ともほとんど出くわすこともなく、いい道ですが、整備がほとんどされてない感じです。
いや、されてるんですけど、表に比べると、って意味です。
小生個人的には裏的な整備具合が最適です。
双子山の山頂が全然分からなかったんですが、周辺の見た感じの高さからして、ここかなぁ?と友人で語りながら、下山しました。
花山方面に出るも良かったんですが、電車のことや呑みのことを考えると、谷上からにしようということになり、谷上方面に降りました。

使用機器:
 SONY NEX-5R  E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS クリック拡大あり

簡易GPSによるルートと高低差。
160110-ルート.jpg

160110-高低差.jpg


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mongy60.blog14.fc2.com/tb.php/1017-74ceae77
    この記事へのトラックバック


    更新情報


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。