--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラス-1の水草、その後(3/23

2010年03月23日 13:49

ひょっこり現れた黒Bee、ピーンと左右に開いて伸びた触角がけっこう格好いいですね。
おっす黒Bee

以前、赤Beeでもこんな写真を撮っていたので(ついでに)載せておきます。
こっちは「おっす!」って感じに見えます。
おっす赤Bee

さてA-tankの水草たちです。
モスがけっこう綺麗に密になってきました。
このまま置いておきたいところですが、そこをグッとこらえて近日中にトリミングをしたいと思います。
その方が、さらにフサフサするそうです。
モスとロータス
ロータスも投入当時は一枚、二枚…と溶けていましたが、それも収まりました。
環境に慣れてきたのでしょうか。

トニナが調子よくありません。
下葉が…
よく見ると脇芽も出てきているのですが、全体的に下の方の葉が枯れ始めています。
原因は何なんでしょうかね。

ヒドロコテリはとっても簡単に広がってきました。
一方の南米ミズハコベは、最近になってようやく活動開始といった感じです。
植えた株の半分くらいは既に無くなり、残っていた3株がボチボチ根付き始めた感じです。
CO2の効果なんでしょうか。
前景レイアウト
青のラインでヒドロコテリとミズハコベの境界線を作りたいですね。
でも、ご覧の通り、ミズハコベの勢いがまったくアカンです。

角度を変えて見てみました。
傘くらいの高さ
ヒドロコテリは傘を差した位の高さに葉を展開するんですね。
これは稚Beeが生まれたら隠れ家にはちょうど良いかもしれません。

このヒドロコテリですが、「ヒドロコテリ」ではググッても出ません。
「ヒドロコティレ」とググるとたくさん出るので、こっちでいいかなと思いました。
ちなみにこの「オーストラリア・ドワーフ・ヒドロコティレ」は「オーストラリアン・クローバー」、通称「オークロ」と呼ばれているのと同じみたいですね。

プラス-1購入の水草ではないですが、メモしておきたいと思います。
yamahiro1206さんのアドバイスどおりロターラはトリミングして差し戻して、密集させていこうと思います。
ブリクサ先端
ふと見ると、ブリクサの先端の形状が2枚だけちょっと変わっています。
何なんでしょうね。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mongy60.blog14.fc2.com/tb.php/176-ca9c09d1
    この記事へのトラックバック


    更新情報


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。