--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半リセットのB-tank

2010年04月30日 20:38

______________________________________________

前半は自分自身のための記録です。
______________________________________________

今日B-tankを半リセットしました。
旧tankでのアオミドロの攻撃が止まらないからです。
さっさとやったから写真はありません。

①用意した別水槽(同じ型)にソイル(マスターソイル・スーパーパウダー)を敷きました。
②フィルター(エココン)を止めて、吸水側のホースから水をバケツに汲み出しました。
 吸水側にはP-1があるのでアオミドロの侵入は無いと信じてます(・_・)......ン~?
③その水を新tankに注ぎ、それを繰り返しました(・・◣д◢)・・オリャ
④赤Bee3尾とF1の計4尾を移動させました( -_-)ソ~ットね
 同じ水を使ってるので水合わせはしてません。
⑤フィルターはtottoを使用しました。
 クサ━━━━━(`Д´)━━━━━ッ!!!
 なぜか稼働当初メチャクチャ異臭がひどかったので活性炭を入れました。
⑥旧tankの水草はアオミドロで全滅でした。
 il||li_| ̄|○il||li
⑦そんな中、なんとか使えそうなのを選りました。
 グロッソ1株、クリプト1株、ピグミー1株だけでした(ToT)ダ-
 それでもアオミドロが付いてたので頑張って取り除きました。
 流木についているモス類はあきらめて旧tankに入れたままです。
 グロッソなどはすべて撤去しました。
⑧その後、旧tankは段ボールで遮光しました。

赤Beeは1尾が☆となり、残りは4尾です。
1尾が☆になった理由もわかりました。
フィルターがA-tankと同じ状況、すなわちゴミだらけでした。
うまく濾過できていなかったようです(ごめんなさい、エビさんたち…m(_ _)m
残り4尾のうち1尾が抱卵中で、抱卵中のは旧tankにいます。
移動させない方がいいかな?と判断しました。
うまく行けば産卵後に移動させます。
新たに設置した場所は若干部屋の奥側なので直射日光から遠くはなりました。
移動させた後、新tankをくまなく見てアオミドロがわずかでも無いかチェックしたつもりです。

GW明けに、新tankでアオミドロが発生していないか、Beeの調子と共にチェックします。
また、遮光した旧tankでアオミドロが減っていることを望みます。

______________________________________________

しょーもない記録におつき合い頂きすみません。
後半は写真付きの若干マシな記録です。
______________________________________________

素敵な気泡群です。
100430-ミクロソリウム
ウェンディロヴってこんなに光合成するんですか?
よく知りませんが、左の方を漂っている気泡は紛れもなくCO2です。
綺麗ですねぇ。
拡散筒、綺麗にして良かったぁと思った瞬間でした。

自宅にあるA-tankと30Cのツーショットをレタッチソフトで加工してみました。
100430-二つのtank
特に意味はありません。
単なる記録画像…ならぬ、記憶画像ですw


コメント

  1. 菜都 | URL | -

    お疲れさまでした!
    これでアオミドロの発生がおさまるといいですね!

    抱卵中のママBeeですが、移動しても大丈夫だと思うんですが・・・
    私なら平気で移しちゃいます、きっと(笑)

    孵化したらしたで、稚Beeを掬うのは大変ですよ~!

  2. みちのく ずんだ | URL | -

    こちらも色々大変ですねぇ
    ここを頑張って越えましょうね

    最後の写真がすてきです
    加工もいいねぇ
    今度勉強してみようかな

  3. mongy | URL | -

    菜都さんへ

    >抱卵中のママBeeですが…
    実はちょっとやましい事を考えていたりします。
    稚Beeがはっきりと赤Beeと分かっていれば移すんですが、黒だと厄介だなぁ…と。
    かと言って稚Beeが黒だったとしても見捨てるつもりは毛頭ありません。
    別のゆりかごを用意してます。
    …しかし、その時、確かに稚Beeを掬うのはヘビーだなぁと思いました。
    貴重なアドバイスありがとうございましたm(_ _)m

    /______________________________

    みちのく ずんださんへ

    ずんださんもBee飼育では艱難辛苦があったんですよね。
    いや~先輩飼育者から「乗り越えよう!」と励まされると勇気が出てきます。
    はい、頑張ります!

    最後の写真は、勉強という程の勉強ではないですよ。
    暗闇に浮かび上がる水槽にしてみたかったので、部屋の照明を消して撮影し、コントラストと明るさをさわっただけです。
    周囲の異物が消えるとかっこうよく見えますね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongy60.blog14.fc2.com/tb.php/214-dc89a4f1
この記事へのトラックバック


更新情報


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。