--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここからB-tankを復活させたい!

2010年06月16日 06:58

なかなか更新できそうにありません…と書きつつも、稚Beeの誕生となればわずかな隙間を狙ってログっておきたいですよね。
現在壊滅状態のB-tankです。
B-tankとは元々メインの熱帯魚とは別にBee専用に立ち上げた水槽でした(詳しい流れはコチラから)。
最初は5尾の赤Beeがいました(記事はコチラ)。
オスラ、ピノマル、ヒノママ、ファットママ、ビッグママの5尾でした。
その後、ピノマル、ファットママ、ビッグママと相次いで陥落、残されたのはオスラとヒノママでした。
ヒノママは以前一度抱卵孵化してますが、生まれたのは黒いBeeでした。
そして、今回の抱卵孵化です。

まずは生まれたての稚Beeです。
R0010369
写真ではわかりにくいんですが、赤と黒がいます(黒い方は前に生まれたやつです
そうなんです、赤の稚Beeが生まれたんです!!
ね!皆さん、これ、赤ですよね!?

赤Beeが残り2尾となっていたところ、ヒノママがバッチリやってくれました!
R0010370
パイプ部分にも赤稚Beeがいます。
赤ですよね!?ね!?
パイプの後ろでヒノママ、休憩中でしょうか。

お父ちゃんです。
R0010374
ぼやけて写っているのは、ガラス面の藻類のせいですm(_ _)m
購入から5ヶ月が経っていますが、平均寿命から考えたらまだまだ頑張ってほしいです。
ここからB-tankを復活させたいです。

こういう時に便利なのがブログなんですが、実は過去ログをさかのぼって見てみると、4月19日が抱卵確認になっています(コチラ)。
おそらくその時の子は黒い方なんでしょうね。
ワクワクドキドキの連続でLOWKEYSに行ってた頃に2回目の抱卵があったんですね。
緊張しすぎていて抱卵の確認を怠っていたようですil||li_| ̄|○il||li
折角のブログを有効利用できていない自分自身がちょっと情けない今回の孵化でしたf(^^;)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mongy60.blog14.fc2.com/tb.php/270-7c6017ec
    この記事へのトラックバック


    更新情報


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。