FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おこしタイプの肥料

2010年07月06日 23:40

まず最初に前回記事のブセファランドラとハイグロについてです。

Rootsさんに質問メールを送ったところ親切丁寧なお返事をいただきました。
店長様、ありがとうございました。

まずブセの名前や入手ルートです。
名前は「Bucephalandra sp. Sintang(ブセファランドラ sp. シンタン)」です。
水上葉での入荷です。
採集者はチームボルネオさんです。

次にハイグロフィラの毒性についてです。
ここは素直にメールをペーストしておきます(一部略)。
ハイグロの毒性についてですが、(中略)数本をトリミングする程度では問題ないかと思います。
(中略)
基本的にどんな水草でも、なんらかの物質を放出すると思われますので、少ない水量の中で大量にトリミングを行った場合、ハイグロやルドが危険で、ロタラやリムノフィラが大丈夫という保証はありません。
水槽全部をハイグロにして一度に全部切り刻んだ場合は害を及ぼす蓋然性は高いと思われます。
10本程度を切ってエビが死ぬようでしたら、水草水槽にはハイグロやルドウィジアは使えないことになります。
ですので、基本的には程度の問題ではないでしょうか。

ご心配な場合は、トリミング後は必ず換水をする、本数を増やしすぎないなどの対処を行ってください。
また、実験としてプラケースやコップなどにビーを2~3匹入れて、そこに切り刻んだ茎や葉を入れて確認しておくのも一つの方法です。
その結果、様子がおかしくなったり、死んでしまった場合は今後のトリミング時に注意すれば良いことですし、平気であれば、密度が何十倍も低い水槽内では心配無用ということになります。
疑問に感じられたことは、1つずつ実践してつぶして行くことをお勧めいたします。

要するに、普通にやってれば大丈夫とのことです。
いや~、こういう親切なお店は、ホント、小生のようなズブ素人には助かります。
改めてRootsさんに感謝です。
ありがとうございます!

―――――――――――――――――――

水草肥料に着手しました。
まずは固形タイプの肥料です。
100706-おこし
一般的に「おこし」と言われているヤツです。

これをA-tankに植えていたブリクサに使いたいと思います。
100706-ブリクサに
こんな↑具合に、切り残された根にからませて埋めてみます。

これをD-tankに植えてみました。
100706-植えてみた
ブリクサ・ロングリーフです。
ブリクサってロゼット型と思ってましたが、有茎草なんですか!?
地味に茎が伸びている気がします。
今回の「これでもか!」と言わんばかりの施肥で、どう育つのか楽しみです。

ザッと全景でも残しておきます。
100706-D-tank全景
レイアウトは素直にスルーして下さいm(_ _)m
ダッセンは切って、差し戻しておきました。
アマニアも差し戻せそうですね。
アンブリアはそのうちA-tankからすべて移植したいと思います(アンブリアはCO2無しの方が綺麗に伸びますね
株分けしたロータスの葉がチラッと見えてます。

現在、D-tankにて抱卵ママを7尾確認しています。
なかなかのハイペースで涎がジュルジュル状態です。
この記事に載せた動画よりも、もっと激しい舞もしょちゅう見られます。
ところが、気になることが一点あります。
稚Beeの生存率です。
明らかに低いです。
一つはやはりバクテリアの問題です。
おそらくまだ水がこなれていないのでしょう。
しかし、☆を見る機会も減ってきています。
もう暫くで乗り越えてくれることを期待しましょう。
もう一つは、生い茂る水草(特にモス)の不足です。
A-tankはモス・マウンテンが、30Cはモスの森がすごい繁茂しています。
A-tankで魚と混泳しててもBeeが増えるのはモス・マウンテンのおかげと思います。
D-tankでのモスをなんとかしなければなりません(今、考え中です

ちなみに30Cは孵化継続中です。
現在、5尾中2尾が孵化完了しました。
100706-30C
まるで保育園みたいですw


コメント

  1. やま | URL | qjsITxmk

    おはようございます。

    モスボールを作るのに失敗してから
    しばらく水草から離れていました。

    おこし は以前、某通販のオマケでありましたね。懐かしいw
    ところで、デフューザーの水流で抜けたりしませんか?
    導入を考えているのですがどうなのでしょう?


    うんうん。BEEは凄い速度で増えているようで^^

  2. おこしタイプの肥料は、水飴がコーティングされてるみたいで、
    美味しそう!ですね。
    30Cは凄いねぇ 稚えびラッシュ!!
    何かD水槽は、水草水槽にBeeが居るみたいだなー。
    私もそれに見習って見るかなー。

  3. みゆきザンス | URL | UGOI75a2

    ブリクサ

    ブリクサは有茎草ですね。
    うちでは増えすぎてえらことになりました。

  4. mongy | URL | -

    やまさんへ

    ディフューザーの水流で「抜ける」ことはありませんが、若干「掘り起こされている」ようです。
    それから一定部分に水流が当たり続けるので、藻類、主に茶ゴケが発生してます。

    /__________________________

    だーさんさんへ

    とりあえず「水草を増やせ!」的に増やしてます。
    しかし、モスを増やさなければなりませんよね?
    頑張りますね。

    /__________________________

    みゆきザンスさんへ

    あ、やっぱり有茎草なんですか!
    と言うことは、伸び方はとっても地味~ですねw
    アドバ、ありがとうございます。

  5. 兄貴 | URL | a2H6GHBU

    こんちわぁ~

    ショップに質問メールを送って、ちゃんと返事が帰ってくるってイイお店ですね
    電話じゃ聞きにくいコトもありますし


    とは言ってる兄貴は良く電話してまーす(笑)


    mongyサンのブログはほんと勉強になります
    詳しくわかりやすく書いてあるので本などを買わなくてもイイかも

  6. mongy | URL | -

    兄貴さんへ

    こりゃ照れますがなw
    お役に立てて嬉しいです。
    小生自身、分からないことだらけです。
    ブログを進めながら、自分専用のアクア教科書を作ってるようなもんです。
    でも、兄貴さんや皆さんのブログで気づかされる事もかなり多いんですよね。
    皆さんのブログもとっても凄いですよね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongy60.blog14.fc2.com/tb.php/283-663ea153
この記事へのトラックバック


更新情報


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。