--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B-tankが帰ってきた

2010年09月01日 10:50

皆さん、9月に入りましたね。
まだ家のあちこちの片づけが完了していないmongyです。

さて、皆さん、B-tankという屋号を持った水槽があったのをご存じですか?
カラム(横の枠)ん所に、アクア歴を載せています。
今日の時点でこんな感じです。
100901-アクア歴
職場に置いてあるB-tankで、214日目にしてたたんだんですが、今日見てみると、「!?」と目を疑いました。
職場に置いてて、仕事に追われて、実は放置状態だったんですね。

ま、結論から見ていただきましょう。
100901-B-tank01
!?

ググッと!
100901-B-tank02
おおっ!!

なんとビース㈱印のBeeの生き残りがいたんですねぇ。
ビース㈱って何?って方は、コチラ→ついにB-tank解禁!をクリックして下さい。
最初に購入した親Bee5尾は、もう今はいません。
何度かの抱卵をくり返したものの、生まれたのは黒いのばかりでした(黒Beeと共存していました
そして最後の最後に赤い卵を抱え、レッドビーが生まれたのでした。
一時期はとってもワクワクしていたんですが、やがて高温との闘いが始まったのです。
職場は、軽量鉄骨っぽい作りで屋根はトタンっぽい薄いやつです(室温42度に到達した記事はコチラ
そして、7月23日の時点で、水槽の中の生体が確認できなくなりましたので、この記事中でたたんだ宣言をしました。
このクソの付く暑さの中で、すべて☆となったと思っていました。
この時、しっかりと見たつもりだったんですが、稚Beeがいたんでしょうねぇ。

実は、たたんだ宣言をした後も、マツモやアンブリアなどの水草が入ってましたし、レッドビー以外にオトシンが1尾いましたので、フィルターは回していました。
水も適度に減ったら何も考えずに足してました。
照明は点けたことありません。
餌も与えてもいません。
そんな中、奇跡的に生き残っていたレッドビーがいたんですね。
今日は、しっかりと見ました。
そしたら、もう1尾いて、計2尾のようです(実は1枚目のウェンディロヴのポットの下にいます
この2尾が♂♀のペアだったら・・・o(^ー^)oワクワク

奇跡のB-tank復活です!
とは言うものの、家さえ片づいてないのに、職場のB-tankをメンテする時間もありません。
一応、職場には働きに行ってますし・・・w


コメント

  1. 暑さに耐えて 頑張った!

    感動した!      

  2. 黒猫あくあ | URL | Cijmh//g

    稚エビすげぇ・・・
    室温42℃ってちょっとしたサウナじゃないですか~^^;
    でも人間の赤ちゃんでもそのような過酷な環境において
    大人よりも生き残ったりもしますから稚エビも実は
    環境適応能力は高いのかもしれませんね。
    照明をつけなかった事で水温が低く保たれたのかも
    しれないですね@@
    そのエビがペアで繁殖したらとんでもない
    強さのエビちゃんが産まれてきそうですね(笑
    楽しみです^^

  3. マルビえび彦 | URL | -

    そうなんです・・・。
    何故か、今年は稚ビーが生き残り、親が☆となる・・・。

    寒さに強かった黒ビーは、壊滅しました!
    残るは1匹のみ。
    どうなることやら・・・。

  4. t-t-c | URL | 8iCOsRG2

    な、何と言う奇跡っ!?Σ( ̄◇ ̄*)エェッ

    うちのBeeは水温30℃手前で全滅したと言うのに・・・・・・


    ヤマトとミナミを超える耐久性を持ったBeeの子孫が産まれてくれると良いですなぁ(^-^)b

  5. mongy | URL | -

    だーさんさんへ

    お、懐かしの純さんですか。
    小泉だー一郎さん、今回のMin党の・・・いやいや、政治はよく分かりませんw
    しかし、初代若親方、あまり知りませんが、すごい人だったんですってね。

    /__________________________

    黒猫あくあさんへ

    次はこの2尾がペアであることを、どうしても期待してしまいます。
    熱に強いBeeが固定できれば・・・って、そんなの小生には無理です。
    よく耐えてくれたので、しっかりと見てあげたいです。

    /__________________________

    マルビえび彦さんへ

    Beeも種類によって、親が強いのと仔が強いのとがいるんですかね。
    聞いたところではシャドーなんて、仔がすごい弱いらしいですね。
    ゆうたさんと会って、シャドーの魅力がupしました。

    /__________________________

    t-t-cさんへ

    子孫が生まれるには、この二尾がペアであることが条件ですw
    それに60センチで飼ってて出会う可能性もあるのかどうか・・・。
    仕事の合間に考えたいと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongy60.blog14.fc2.com/tb.php/331-ddcf3457
この記事へのトラックバック


更新情報


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。