--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドワーフ・フロッグピットの根

2010年11月18日 03:48

アマゾン・フロッグピットという浮き草をよく聞きますが、小生はドワーフ・フロッグピットを浮かせてます。
ところが、この水草の生長も千差万別で面白いです。

今、A-tank(アマゾニア・メタハラ・CO2添加)、D-tank(FULVIC soil・T5管×2・CO2無し)、ベランダバケツ(太陽光・ベア底・CO2自然界)の3カ所に浮かせてます。
D-tankのが最も綺麗に成長し、条件的には程よいと思われるA-tankのはショボイです。

これがD-tankのドワーフです。
101117-R1016770
根っこがかなり伸びてきて、とっても綺麗です。

A-tankのは、どこにあるのかも分かりにくいので丸で囲っておきました。
101117-R1016771
やっぱりショボイです。
ショボイと浮く位置も、(自ら!?)移動するのでしょうかww
D-tankの立派なのは照明の真下でスポットライトを浴び、A-tankのは水槽の最も暗い隅っこであたかもいじけているようです(笑)
ちなみにベランダバケツは、この秋口まで調子良かったですが、気温が下がってから葉が小さくなってきました。
そろそろ限界でしょうかね。

ところで、このD-tank(1枚目の写真)の根っこ、とっても長いじゃないですか。
これは要するに、水中の富栄養分を吸い取ってくれているってことですかね。
だとするとA-tankの黒ヒゲ苔なども理由がわかる気がします。

水草の順調な育成

水中の富栄養分を吸収

コケ(藻類)の発生を軽減

水草の順調な育成





と、良い循環が進みそうです。
A-tankの黒ヒゲ苔は、以前のように繁殖は進んでません。
・・・と言うことは、後は水草のスイッチが入れば・・・そう願っています。


コメント

  1. みちのく ずんだ | URL | -

    これまた舌を噛みそうな名前ですよねぇ
    火星人じゃだめですかねぇ

  2. まるびえび彦 | URL | -

    エーハイムのシャワーパイプって、外径何ミリだっけ?
    アクリルパイプで作ってみようと思っているのですが、汚れが見えて
    しまうのではと心配しています。

    結構汚れるからな・・・。

  3. mongy | URL | -

    ずんださんへ

    ドワーフって、どういう意味なんでしょうかね。
    なんかファンタジーゲームに出てきてたような記憶はあるんですが、何の意味か知りません。
    多分、「小さい」とかそんな意味じゃないでしょうか。

    /______________________________________

    えび彦さんへ

    なんと浮き草の根っこの記事にエーハのシャワーパイプのコメント!!
    さすが、Bee NUTS組ですね!
    火星人とかシャワーパイプとか、話題の広がり具合が最高に面白いですね(グピィー orz

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongy60.blog14.fc2.com/tb.php/423-93f2e729
この記事へのトラックバック


更新情報


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。