--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私見 「地震」を考える

2011年04月19日 16:35

東日本大震災から1ヶ月以上が経過しました。
今日は地震から以降、いろいろと思うことを書いておきたいと思います。
まず最初に断っておきますが、地震関連の日記はすごい自分勝手な内容かと思います。
ですので、今後このブログを離れる方も多数出るかと思います。
でも、今の本当の気持ちですから書いておきます。



まず地震です。
阪神淡路大震災を体験しました
阪神淡路大震災直後、ボランティアに2回行きました。
懐中電灯とラジオだけは常備しました。
生活も気持ちも落ち着いてから、淡路島の北淡震災記念公園や神戸の阪神・淡路大震災記念『人と防災未来センター』にも行きました。
そこで学ぶことも多かった、と言いたいところですが、正直『人と防災未来センター』の方は学ぶ以上に怖かったです。
そして天災に対しては何も出来ない自分自身を改めて感じました。
偶然立ち寄った本屋で売られていたコミック漫画『彼女を守る51の方法』を買って読みました。
記念公園に行ったり震災コミックを読んだりしてから周りを見て気付いたことは、「世の中、防災の色がほとんど無いなぁ」ということでした。
小生は毎年1月17日前後にNHKスペシャルなんかで放映される震災ものを録画して、あの時神戸で何が起こったのかを一応意識しています。
ですが、そんなドキュメンタリーなんかも年々風化していき、民放ではほとんど何も放映されなくなりました。
京都大学の飯尾先生は単独で小型の地震計を年間100個以上を設置しまくってます。
すんげーかっこいいと思います。
直接話したことありますが、とっても物静かな方でした。
その飯尾先生も出ていたNHKスペシャルでは、東北の地震の予知もやっていました。
「(ここ30年以内に東北に)来る、来る」と言われて、科学者は動いていたようですが、ニッポンは何かしていたのでしょうか。
飯尾先生らは、ずっと汗水流して防災、減災されていたんですね。
ホントすげーと思いました。

小生のできることって限られてます。
地震の予知、できません。
体力勝負のボランティア、できません。
できるのは、地域のネットワークを作ることくらいです。
地域ネットワークを作って、いざって時に協力し合える関係になっておかなければ、やばい時代です。
隣近所の人と当たり前のように挨拶を交わし、当たり前のように立ち話をし、仲良くなることくらいしかできません。
「地域」から「地域」が無くなったのは都会だけでしょうか。
大阪だけでしょうか。
地震に対して、小生ができるのってこれくらいしかありません。



次は「原発事故(仮題)」か「文明開発(仮題)」について書いてみたいと思います。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mongy60.blog14.fc2.com/tb.php/512-9a84aa53
    この記事へのトラックバック


    更新情報


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。