--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「満月の夕」

2011年04月25日 15:50

「満月の夕(ゆうべ)」という歌をご存じでしょうか。
震災と言えばこの曲、という程の定番曲でしょうか。
↑この表現、なんか不謹慎な感じがしてすみません。
いろいろと検索していると、アン・サリーという方がカバーしているのを見つけました。

東日本大震災画像に乗せた(おそらく)アン・サリーバージョンの満月の夕です。

まさに、ニッポン、頑張ろう!頑張ろう、俺たち!負けるな、人間!!です。

この「満月の夕」は元々は、ソウル・フラワー・ユニオンというグループ(ソウル・フラワー・モノノケ・サミット名義)の曲です。
ちとWebあちこちより抜粋してまとめてみました。
1995年1月の阪神淡路大震災の直後の2月、ソウル・フラワー・ユニオンの伊丹英子の発案で、避難所への慰問ライヴが始まります。
ライフラインが寸断された被災地で演奏する為、アコースティックな楽器を使い、非電化をメインにし、「どこでも演奏できる」をモットーにしたようです。
エレキ・ギターを三線に、ドラムをチンドンやチャンゴに、他のメンバーはそれぞれアコーディオンやクラリネットなどを持ち、マイクの替わりにメガホンや拡声器を使いました。
震災被災者の中でも特に年配のために、戦前戦後の流行り唄や壮士演歌、ヤマト民謡・沖縄民謡・朝鮮民謡・アイヌ民謡などをレパートリーにし、チンドン・アレンジで演奏しました。
この時の活動は、ソウル・フラワー・ユニオンではなく、別名義のソウル・フラワー・モノノケ・サミットでした。
この時に生まれた名曲が「満月の夕」です。
歌詞がすごい!

満月の夕 (ゆうべ)
<作詞 : 中川敬/作曲 : 中川敬 & 山口洋>

風が吹く 港の方から 焼けあとを包むようにおどす風
悲しくて すべてを笑う 乾く冬の夕

時を超え国境線から 幾千里のがれきの町に立つ
この胸の振り子は鳴らす “今”を刻むため

飼い主をなくした柴が 同胞とじゃれながら車道 (みち)をゆく
解き放たれ すべてを笑う 乾く冬の夕

 ヤサホーヤ 唄がきこえる 眠らずに朝まで踊る
 ヤサホーヤ 焚火を囲む 吐く息の白さが踊る
 解き放て いのちで笑え 満月の夕

星が降る 満月が笑う 焼けあとを包むようにおどす風
解き放たれ すべてを笑う 乾く冬の夕

 ヤサホーヤ 唄がきこえる 眠らずに朝まで踊る
 ヤサホーヤ 三線鳴らす 吐く息の白さが踊る
 解き放て いのちで笑え 満月の夕

 ヤサホーヤ 唄がきこえる 眠らずに朝まで踊る
 ヤサホーヤ 焚火を囲む 吐く息の白さが踊る
 解き放て いのちで笑え 満月の夕
 解き放て いのちで笑え 満月の夕

阪神淡路大震災当日は満月でした。
それからおよそ1ヶ月後の2月14日の慰問ライブの光景を元に、ソウル・フラワー・ユニオンの中川敬が、親交の深かったヒートウェイブの山口洋と一緒に、被災地で書き上げた曲です。
その日の神戸の空には満月が浮かんでおり、最大余震の到来が噂される中、ライヴを観る被災者たちが口々に「満月を見るの、怖いわ」と言っていたのを中川が耳にしたことから、この唄は産まれているそうです。

ちょっと歌以外も入ってますが、ご覧下さい。

これが本家の「満月の夕」です。

小生はこれを見るたびに、いろいろと思い出したりして号泣してしまいます。
そして、東北の被災地にいるアノ人やコノ人などを思い出し、「負けられねぇぞ!」と、奮い立たせています。
期間限定っぽいですが、コチラもどうぞ(>>>

余談ですが、ソウル・フラワー・ユニオンの伊丹英子は、ソウル・フラワー震災基金を設立しています。
ソウル・フラワー震災基金は、他の既成組織に基金を委ねません。
現地の実状をふまえ、直接、施設や現地ボランティア・スタッフに渡すという方法をとっています。
実際に今回の東日本大震災でも、伊丹英子の知人が数名、既に現地に入っているようです。

この「満月の夕」は、先にもupしたようにアン・サリーがカバーしたり、ガガガspがカバーしたりしていますが、小生は平安隆バージョンが好きです。

コチラ↓がそうです。

再生できませんでしたお分かりのように、ウチナーグチ(沖縄方言)バージョンです。



ソウル・フラワー・ユニオン(ソウル・フラワー・モノノケ・サミット)の曲、正確にはカバー曲で、「復興節」というのもあります。
これは、関東大震災直後に流行った曲を阪神淡路大震災の時に替え歌として歌われました。

これは兵庫県内の復興住宅でライブが行われた時の「復興節」の模様です。

この熱さがたまりません。

家(ウチ)は焼けても江戸ッ子の
意気は消えない見ておくれ
アラマ オヤマ
忽ち(たちまち)並んだバラックに
夜は寝ながらお月さま眺めて
エーゾエーゾ

帝都(江戸)復興
エーゾエーゾ

嬶(かぁちゃん)が亭主に言うようは
お前さん、しっかりしておくれ
アラマ オヤマ
今川焼さえ復興焼と
改名してるじゃないか
お前さんもしっかりして
エーゾエーゾ

亭主復興
エーゾエーゾ

東京の永田にゃ金がある
神戸の長田にゃ唄がある
アラマ オヤマ ほんまのまつりごと見せたれや
コリアンもヤマトンチュもアリラン峠を越えて行く
長田 ちんどん
エーゾエーゾ

家は焼けても神戸っ子の
意気は消えない見ててよネ
アラマ オヤマ
ホンマの人間ここにあり
笑って 怒って 涙はいらない でっかんしょ

阪神復興
エーゾエーゾ
淡路復興
エーゾエーゾ
日本解散
エーゾエーゾ


ニッポン、頑張ろう!
頑張ろう、俺たち!
負けるな、人間!!


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mongy60.blog14.fc2.com/tb.php/518-db9650d0
    この記事へのトラックバック


    更新情報


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。