--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エビストへの道 ~悩み~

2009年12月09日 22:00

昨日、購入したレッドビーシュリンプの飼育本をおおよそ読んでみました。
とっても気になることが出てきました。
それは夏場対策です。
どうやら水温は24℃が適温で、繁殖する時でも25℃とのこと。
小生は2本目を職場で展開しようと考えているのですが、この職場が厄介なんですよねぇ。
屋根はトタン板で夏場の焼けること焼けること。
さらに造りはプレハブですからクーラーが効かない。
おそらく夏場の室温は尋常じゃないと思います。
そんな所で水槽を24~25℃に保つには、さらなる出費が必要なのでしょうか…。 

 テトラ クールタワー CR―3
ちょっとこういうのが気になりました。
値段が(例の)チャームで壱萬円前後也。
もし、これを購入することになれば、さらなる出費がかさんできそうです。
そこで、小生ははたと気が付きました。
そう言えば小生がブログを通してお知り合いになりつつあるエビストの皆さん方は北海道が多かった!?と。
北海道なら夏場の水温上昇対策もバッチリなのか?と。

やっぱり大阪(のプレハブでトタン板の屋根の職場)でエビストになるのには、かなりハードルが高いのでしょうかね。
高くない → 


PS.タイトル「エビストへの道」は決して、エビストへの道を保証してません(できませんw)。



コメント

  1. 庵 | URL | -

    こんにちはぁ

    関西でトタン屋根の室内でビーさん飼育ですか・・・・
    経験ないけどかなり厳しい気がします。
    庵の住む十勝なら冷却ファンで十分なんだけどね。。。
    クーラーの効かない室内でクールボックス使ってもそれほど水温は下がらない気がするなぁ・・・

  2. mongy | URL | SFo5/nok

    アドバイスありがとうです

    …orz
    やっぱ…厳しいですよね…

    助言、ありがとうございます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongy60.blog14.fc2.com/tb.php/54-6d495a4b
この記事へのトラックバック


更新情報


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。