アンパンマン列車

2014年04月02日 06:25

先日のアンパンマン列車をupしておきます。
鉄の浅い小生には不思議に感じた車両編成ですが、これが普通なんでしょうか。
・・・と申しますのは、次の写真を見てください。

一番手前が1号車ですが、ラッピングも何も無い車両で、前から見た絵は3/25にupした普通の車両です。
140402-IMG_1991
その向こうに見える2号車からラッピングが始まるんですが、実は特別なアンパンマンシートはこの1号車にしかありません。

2号車以降、このようにアンパンマンがいい具合にラッピングされてます。
140402-IMG_1978
でも、ちらりと見えますか、車内の普通のシートが。

この写真でも、車内のシートが確認できます。
140402-IMG_1984
ま確かに、乗るまで楽しむなら2号車以降、乗ってから楽しむなら1号車のアンパンマン室なのかもしれません。

予約して乗った1号車のアンパンマン列車(アンパンマン室)のシートはこんな具合です。
140402-IMG_1974
ワクワク感がたまりませんでしょ!

カーテンも壁も、そして天井までもがアンパンマン一色です!
140402-IMG_2000j
1号車にはこのようにアンパンマンの部屋と、その向こうにグリーン車があり1両を2部屋にしてるので空間的には多少圧迫感がありました(アンパンマンのシートは全部でわずか16席だけ

いや~、それにしても車内もラッピングもアンパンマンだらけと思ったら、車内とラッピングがちぐはぐって。
いや、でも、確かに通勤や出張などの勤務でも使われてる方も多そうなので、この方が理にかなってるのかもしれませんね。


コメント

  1. まいんど | URL | 8inODeFM

    東京の京急電鉄ではアンパンマン列車を走らせず、代わりに美少女戦士セーラームーンや、フレッシュ・ハートキャッチ・スイート・スマイル・ドキドキ・ハピネスチャージの各プリキュアの描かれた電車を走らせるそうで、該当する電車の車内にはセーラームーンシートやプリキュアシートが設置されるそうです(大阪府の京阪電鉄と山梨県の富士急行との間での機関車のトーマスの東西対決はあるが、アンパンマンの対決はない。1994年と1995年に東京の京王帝都電鉄(現・京王電鉄)で8000系や今は無き6000系を使ってセーラームーンエクスプレスを走らせていたが、京急がアンパンマン列車を走らせることは無い)。
    理由として、東日本大震災の影響やアンパンマンの作者のやなせたかしさんがなくなられたとかでアンパンマンの人気が減少傾向にあることと、京急はだいぶ分の区間で海の近くを走っており、アンパンマンのアニメで「顔がぬれて力が」というシーンがかつて横須賀市内で脱線事故に遭遇し、その後廃車になってしまった京急1500形電車や東日本大震災で被災廃車になってしまった仙石線・石巻線・気仙沼線の列車を連想させて不吉・不適切なことと、京急沿線にはアンパンマンがきらいでセーラームーンやプリキュアが好きな人が多いためです。

  2. mongy | URL | -

    まいんどさんへ

    はじめまして!
    いろいろめちゃくちゃお詳しいんですね!
    小生は、超のつくド素人ですが、いろいろな経緯があるってわかりました!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongy60.blog14.fc2.com/tb.php/985-dc123bf9
この記事へのトラックバック


更新情報