FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のベランダだより

2011年05月19日 21:13

4月30日に蒔いたニンジンの発芽が一通り揃ったような感じです。
110519-R0011941
乱れた所から生えてきたヤツだけ間引いて、他は暫く様子見します。

中には、双葉から本葉が展開している株もあったりします。
110519-R0011936
う~ん、ニンジン!!って感じの本葉が可愛いです!

デンドロビウムは依然(つぼみ)のままですが、その数がドンドン増えてきました。
110519-R0011939
背は低く、形もいびつですが、素人なので、これで許してつかぁさいm(_ _)m

そして、更に嬉しいことに、上の写真の右側の株の根元をよ~く見てみると!!
110519-R0011938
次のバルブが展開してきてます(これは、モーレツに嬉しいで~す!!

ゼラニウムも、株の形は悪いですが、次々と開花してきました。
110519-R0011942
花付きがよくなるように、明日にでもエードポトリンでもポチョポチョしてみようと思います。

クチナシも新芽がドンドン展開し始めました(葉の色が薄いのが全て新芽ですね
110519-R0011943
去年の開花は6月27日、果たして今年はどうでしょうか。

ただ、去年の開花の時にも呟いてますが、どうも小生が手に入れたい香りはプルメリアのようです。
プルメリアも欲しくなってきました。

デンドロ開花

2011年05月24日 21:43

今朝、ちょっと忙しくしていてベランダに出られませんでした。
夕方帰ってきて、早速ベランダへ出て、ハッピー気分です(*^ー゜)v

デンドロ去年の開花は屋内管理ということもあって、2月18日でした。
110524-デンドロ!
明日の朝、もう一度朝日の中で見たいです。

知人から借りている洋ランの本を繰り返し読んでて、いつも気になるのが、洋ランの用土は何がいいのか?ってことです。
今は、バークや軽石が混ざっているグリーンメール(コーナンのオリジナルブランド?)の「洋ランの培養土」という土を使っています。
ところが、本には水苔を使っているんですよね。
鉢からあふれんばかりにリードや根が出てたら、いろいろとチャレンジしてみたいんですが、如何せんショボイので、何もできませんw
しかし、本を読んでていつも見るのは、いつかはシンビジウム!いつかは胡蝶蘭!っていう妄想です。

今朝のベランダだより

2011年05月25日 06:52

4月30日に蒔いたニンジンから、本葉が1~2枚ほど出てきたので、株もとに土寄せしました。
110525-R0012062
もう少し育成を競わせてから間引きたいと思います。

朝日を浴びるデンドロで、右の方にも蕾があって楽しみです。
110525-R001206301
これを店に飾っても風格は出ませんw

えーさんのかすみ草ですが、全然ETMKしてくれません。
110525-R0012064
小生が水やってるんですが、発芽率もいまいちです。

種の袋の裏を読んで、育苗させなきゃならんかもと思って、こんな感じ↓でやってみてるんですが、それでもいまいちです。
110525-R0012065
やっぱ育苗トレーがいるのでしょうか。

落札物

2011年05月30日 22:14

先日、落札した物です。
110530-R0012151
オークションで落札したのは久しぶりで、「人生ゲーム」「F1個体か?」に続いて3つ目という奥手ぶりですw

先端部分からは葉らしきものが展開し始めています。
110530-R0012152
発根させる方が先なので葉を切り落とした方がいいとも聞いたんですが、これくらいなら大丈夫でしょうか。

末端部分で、既に乾燥し萎縮し始めています。
110530-R0012154
黒くグジュグジュしてなさそうだし、もう一度切り落とす必要は無さそうです。

下から11㎝の所に軽くボールペンで印を入れておきます。
110530-R0012163
この11㎝というのがミソだとか、Webを歩き回っている時に見ました。

軽く水に浸けて2~3日置いておきますが、ほぼ気休めです。
110530-R0012168
水に浸けるのは水分を吸わせる為じゃなく樹液を出し切る為、なんてのもWebで見ました。

土と肥料と鉢植えと

2011年05月31日 16:28

昨日、仕事の帰り道、本屋で立ち読みした本がとっても面白かったので紹介しておきます。


立ち読みせんと買え!とか、立ち読みした本を紹介すんな!とか、そういうのは許して下さいねw
昨日の落札物を育成するのに、パーライト、バーミキュライトなどが良いと聞ききました。
早速、土について学んでみようと思って立ち読みしていたら、肥料のところでグッと引き込まれてしまいました。
水草育成でも生かせそうな内容が盛りだくさんでしたから!
また、欲しい物リストが増えたmongyでした。

ちなみに「水草育成」と打ち込んだ時、「水くさい区政」と変換されましたw

ニンジン第1回間引き

2011年06月02日 20:53

ニンジンの本葉もそこそこかと思われましたので、今朝、第1回目の間引きを行いました。

間引き前です。
110602-間引き前
まぁ、まばらに育ってきているのは素人のことですからお許し下さい。

間引き後です。
110602-間引き後
間引いて状態を悪くさせたように見えますが、やはり素人のことですからお許し下さい。

今日は立て続けに日記をupします。

プルメリアの挿し木方法(11/07/09加筆)

2011年06月06日 22:54

昨日梅田のJUNKUDOでチェックさせていただいた書籍は『Hawaiian Plumeria』と『ハワイの花のある暮らし』の2冊でした。
欲しかった情報は、ズバリ、プルメリア挿し木の方法です。
『Hawaiian Plumeria』は2800円で高いんですが、それ相当のめちゃくちゃ素敵な本でした。
プルメリアの写真集みたいで、ハワイ行った気分になれる本でした。
でも小生が欲しかったのは、全体の1割以下でした。
『ハワイの花のある暮らし』は安いんですが、タイトルどおりでした。
つまり「ハワイの花」ですからプルメリア以外にもハイビスカスやらブーゲンビレアやらがわんさか載ってます。
1500円にしては種類が多すぎる程で、値段相当の良い本でした。
でも、(今のところ?)不必要なページが多すぎました。
Webではパズーさんて方のパズーの望波亭やAloha shopさんの挿し木から育てるプルメリアやらを参考にしました。
それから苗木も売ってるいつもいつものグリーンバレィ神代の西川さんからもお話を聞き勉強させてもらいました。
こうして、本、Web、園芸店からの情報をまとめて(いいとこ取りして)小生の挿し木方法をupしておきます。
なお、もし「プルメリア 挿し木」や「プルメリア 育て方」などでヒットして来られた方がおられましても、この記事は参考になりませんからw
初めての挿し木でして開花まで行っておりませんのでw
では、挿し木方法備忘録の始まり始まりィ~(*^^)//。・:*:・゜'★,。・:*:♪・゜'☆パチパチ

―――――― 2011年6月5日 ――――――

まず用意したのは、こういう↓物です。
110604-挿し木01準備
6号鉢は駄温鉢で、テラコッタ鉢ではありません。

テラコッタ鉢の方がお洒落なんですがテラコッタ鉢は800℃で焼き、駄温鉢は1000℃で焼いてますから、強度が上です。
用土が水を含んだ時の重量などを考えると駄温鉢の方が割れにくいということで、こちらを選びました。
デメリットは、その分通気性や排水性がやや劣るという点です。
まぁ、デンドロするわけじゃないから、これで行きます。

パーライト、バーミキュライト、ピートモスを「3:1:1」の割合で人工培養土を作ります。
110604-挿し木02培養土
ザッとスコール降ってカラッと晴れるハワイの土を想像したら、水はけのいいパーライトが多いのが分かります。

ちなみにこの写真↑は、表面だけをわざと写真用に分けただけですw

やっぱりプルメリアは花が命なんでしょうか、マグァンプが良いそうです。
110604-挿し木03元肥
花ならリン酸、葉っぱならチッソ、根っこや病気に強くするならカリウムってところですか。

後はひたすらシェイクして混ぜ混ぜにします。
110604-挿し木04混ぜ混ぜ
駄温鉢にあらかじめビニール袋を入れておいたのはこのためです。

てみ、ふご、モッコなどはありません。
そんなのがあったとしても、6号鉢の土の量が分かりません。
そこで考えた案が、あらかじめビニール袋を入れておく案でした。
これは小生なりには結構なヒットなアイデアでした。
辺り一面が汚れることもないし、シェイクもしやすいし、量も完璧でした。

鉢底に鉢底ネットを敷いて、鉢底石をこの写真↓くらい入れました。
110604-挿し木05鉢底
そこに、さっきの人工培養土をドバーッと入れました。

いよいよ挿すんですが、1枚目の写真で忘れていた富士砂と歯ブラシを入れてもう一度撮影しておきます。
110604-挿し木06後半戦
輪ゴムが写ってますが、これはどの書籍にもWebにもなかったやり方で、後で使います。

パーライト、バーミキュライト、ピートモスは軽いので吹けば飛びますから覆土として富士砂を使います。
110604-挿し木07覆土
「覆土」も最初は「おおど」「おおつち」とか読むもんだとばかり思ってました(恥 (;・∀・)

富士砂って最初は何かと思ってましたが、火山礫ってことですから溶岩石に近いんでしょうか。
排水性やら通気性が良さそうです。
桐生砂との違いがいまいちわかりませんw
とりあえず富士砂で全体を覆ってから、シャワーノズルを「ミスト(霧)」にして鉢底から水が出るまでたっぷり水を入れました。
ノズルをミストにしないと覆土と培養土が混ざりそうでしたから。

歯ブラシを使って挿す穴を開けるやり方はいいのかどうか分かりませんが、そうしたかったからそうしました(割り箸でもいいと思います
110604-挿し木08穴
プルメリア本体でやる人もおられるとは思いますが、小生は何となく可哀想な気がしました。

少し湿らせたプルメリアの底部をルートン本体に直接突っ込みました(ピンぼけはお許し下さい
110604-挿し木09ルー01
深く薄く塗りたかったんですが、浅く厚く塗れてしまいましたorz

段々と時間が経ち、屋内に入って娘らの相手をしなくてはならなくなってきたので、適当にルートンを振りかけました(ピンぼけはお許し下さい
110604-挿し木10ルー02
水苔を濡らして用意してますが、もっと前から濡らしておけば良かったです。

ここで登場の水苔と輪ゴムです(急いでたから、ピンぼけはお許し下さいw
110604-挿し木11水苔
ルートンを塗った(乗せた)部分を濡れた水苔で巻いて、輪ゴムで止めます。

この方法は、(小生が見た)どの本にもどのWebにも書いていなかった方法です。
グリーンバレィ神代の西川さんから直接聞いた方法です。
西川さん曰く「プルメリアは発根までが大切。よくある失敗が発根した短い根っこを鉢の移動などで抜いてしまうこと。これを防ぐのは水苔で巻いて輪ゴムで固定させること」とのことでした。
輪ゴムはその内、劣化して千切れるから心配いらないそうです。
・・・ってか、劣化する前に千切るくらいの元気良い根っこ出てきてくれ!って感じです。

さっき開けた穴にプルメリアを挿して、周囲から土寄せして終わりです。
110604-挿し木12完成
ここで水やりをするとルートンとかが流れてしまうから、水はやってません。

これから先1ヶ月は本などの情報どおり土が乾いてから水を入れることにします。
ルートンを流してもいけないし根腐れさせてもいけないし、きっとそれくらいのペースでいいんだと思います。
でも富士砂の表面なんか見てもいまいち分からないので、駄温鉢の表面を参考にします。



2011年7月9日加筆→一ヶ月後の様子はコチラ

高芽

2011年06月09日 21:27

梅雨だというのにデンドロが咲いております。
110609-R0012268
デンドロの開花時期って普通は冬から5月くらいまででしょうか。

まぁ、いくら簡易温室とは言え戸外で管理したから、ちょっと錯覚しているのかもしれませんね。
今年は、時期はおかしいけど去年のへなちょこな咲き方に比べたら立派に咲いて、ちょっとは育成の腕も上がったかな?
去年は下向きに咲いたり茎がグニャグニャだったりしてたんですよねぇw
去年の開花記事の中で「本当は凛と咲いてる写真をupしたい」と書いたんですが、どうですか、今年は一応凛と咲いてますか?
来年は、世間一般で言う、いわゆる「洋ラン!」って咲き方をさせてみたいです。
あの、花がズラズラズラ~ッと縦に並んで咲いてる、あの咲き方です!!
来年は無理やな・・・、い・・・いつか!!

このデンドロビウムは、もともと妻が貰ってきた株です。
いただいた当時は、小生はこれが何なのかさえ知りませんでした。
洋ランというのも知りませんでした。
毎年咲くものだとも知りませんでした。
ところが、あるきっかけで洋ランの本をお借りして、それを参考にここまで来ました。
おそらくいただいてから、3~4年は経っていると思います。
年を重ねるごとに面白くなってきました。
そして、それは洋ランだけでなく、他の花木にも興味を持つようになりました。
それが、盆栽であったりプルメリアであったりです。
デンドロは毎年の開花が楽しみです。
プルメリアも、難易度の高い管理と、更に難易度の高い開花と、そして開花時のあの香りが楽しみです!
そして、盆栽は数年後にどんな姿にするか想像しながら芽や枝を見つめたりするのが楽しいです!!

さて、タイトルの高芽ですが、これはデンドロの管理の何かが影響して出てくる芽のことです。
そのきっかけは温度とか施肥だとか、借りた本には書かれてました。
本をいつまでも借りてないで、自分で買いたいです。
余裕があったら買いたいのはこの本↓です。
 洋ランの育て方完全ガイド (別冊NHK趣味の園芸)←クリックでAmazonへジャンプ。NHK出版のサイトはコチラ
でも買いませんw
なぜなら、デンドロ以外の洋ラン(シンビジウムやコチョウラン、カトレアなど)がいっぱい載っていて、きっと必要なのは一部だと思うからです。
だったらデンドロオンリーのこんな本↓もあるんです。
 デンドロビューム (NHK趣味の園芸・よくわかる栽培12か月)←クリックでAmazonへジャンプ。NHK出版のサイトはコチラ
でも買いませんw
だって1000円近くするかですw

あ、高芽の話ですが、実は本を借りてから一度株分けしてます。
開花していない方の株に高芽ってのが出ました。

高芽ってこんなん↓です。
110609-R0012271
すでに(この写真では)3カ所出てます。

借りた本には、ここから株を増やせると書かれてました。
というわけで、久々に3150円の送料無料の間にチャームをポチしました。
今回は、このデンドロの高芽のための2号弱の素焼き鉢や切れたT5管などを買いました。

ずんださんがきっと喜ぶ写真を一葉

2011年06月11日 22:42

今朝、FC2の管理画面などで出てくるPRについてブログアップしました
他にも危険な落とし穴的なPRがありました。

3ヶ月で100万以上!?
PR01
かなりヤバイでしょw

そんなのあったらみんなやってるってのw
「お金の無い人生でも幸せ?」それはただの負け惜しみ!?
って、小生をバカにしとるのか!と言いたくなりましたw
「悪銭身につかず」ってPRも同時に書いて、知的なサイトを目指してくれ!

こういうの↓なら許せます。
PR02
まぁ、無料でブログ書かせてもらってるから別にいいんですけど、無料だからこそ気を遣ってほしい場面もあったりします。

要するに、「無料→金のない人が集まる→(搾取するような危険な匂いのするPRは控えて)被害者を減らす」とか、「無料→金のない人が使う→中学生や高校生もいるかもしれない→(レベルの高いPRを導入して)将来の日本や世界に役立つ人材を増やす」とか。
なんかそういうハイセンスなデジタルライフを堪能したいですね。



閑話休題。

なぜか説明不要。
1106101-R0012278
先日(6月5日)行った養庄園に今日も行ってきました。

ipodの音楽を聴くのに利用しているのはBOSEのスピーカーなんですが、一度壊れて今は二代目を使っています。
二代目を購入したのが去年の9月なんですが、今回は自然故障したようで音が出なくなりました。
保証期間内だったので、昼過ぎに梅田のBOSEセレクトショップ(うめだ阪急店)に持ち込んできました、えーさんと一緒に。
帰ってきてからどうしても盆栽を見たくて養庄園に行きました、えーさんと一緒に。
小生は土とかが欲しかったんですが、買えませんでした、えーさんのおかげでw

先ほどの写真で彼女が手にしていた姫みかんです。
1106101-R0012285
う~ん、これ↑を買いに行ったわけではないのに・・・orz

どうしても欲しいと言い張るので、「本当に水をやるのか!?」と問うたところ「早起きして水やりする」と言って聞かないので買ってやりました。
まぁ、起きて水をやるのは小生でしょう。

サツマイモの苗植え

2011年06月21日 22:12

サツマイモの苗をいただきました。
110621-R0012544
実は昨日頂いていて、水揚げをしていたので、なんとか今日中に植えたかったんです。

歯医者が終わって、ホームセンターへ走り、ちょっと深型のプランターを用意して植えました。
110621-R0012549
こんな植え方でいいんでしょうか。

時間が遅かったので暗い写真しか撮れませんでした(2枚目はストロボ撮影
日没のやや暗い中、えーさんと大急ぎでやりました。
サンクス、えーさん!

ちなみに昨日、コケ掃除で頑張ってくれたのでレッドビーらには葉物野菜をあげました。
110621-R0012550
自家製小松菜です。

ファレノプシスに手を出した

2011年06月27日 12:20

少し前にも書きましたが、思うところがあって子育てを楽しんでます。
まぁ実際には「子育て」というよりも一緒に遊んでるだけですがね。
土曜日は室内プールに行き、日曜日は9時から夕方6時まで遊びまくりました(両日ともえーさんとです
感じたのは、「子育て」の本当の意味は「子に育てられる」ということだったってことですね。
そんなわけで日曜日のブログ更新もまたまた止まってしまいました。
しかし、そのほとんど無い時間のわずかなすきまで一つの買い物をしました。
そのことを日記にしておきたいと思います。

デンドロビウムを育てて開花までとりあえず到達し、花が開花する楽しみを知りました。
110627-R0012589
そんなレベルの低い小生が、また無謀な育成にチャレンジしようと思いました。

ファレノプシス、通称、コチョウランです。
購入株は2株。
2株で600円と破格の値段の理由は、ご覧のとおり開花が終わったからです。
花のついてない方は、ラベンダーカラーの花がついてました。
ギフト用などのコチョウランは非常に高いですが、開花が終わり贈答品をばらしたヤツなら安いんです。
そんな情報を知人から聞き、贈答品がばらされるのを狙ってました。
忙しかった日曜日、えーさんとあーさんと狙っていた花屋の前を通った時にチェックしたら「あった!!」。
その時は勿論買えないので、後から妻と四人でスーパーに出かけた時、妻に頼んで買っといてもらいました。
昨日は忙しく子育てを楽しんでいたので、株元をチェックしただけです。
水ゴケが巻かれていました。
鉢と水ゴケを用意して、植え替えて来年の開花まで頑張ってみたいと思います。
ちなみに、コチョウランは屋内での育成になりますが、カテゴリーはこのまま「ベランダ緑化」で行きます。

よれよれコチョウラン

2011年06月28日 05:11

洋ランづいてる週初めの小生です。
110625-R001259601
職場でふと見ると「お、洋ラン!」と。

支柱も無いし、風で負けて今にも倒れそうです。
110625-R0012598
オンシジウムですよね。

管理してそうな人に、持っていって「この洋ラン、誰が管理されてるんですか?」と尋ねました。
「それ、去年までいたК△Å※さんがやってたんやけど、もう(転勤したから)枯れていく一方やわ」との返事。
mongy心の声「お、無料株発見」
そして、その部屋の片隅に目をやると、そこにもなんと洋ランが!
しかも、この葉っぱはどう見てもファレノプシス!!
さらにその横にも洋ランらしき葉っぱが!

コチョウラン(ファレノプシス)と(その方曰く)オンシジウムです。
110625-R0012594
しかし、このコチョウラン、瀕死状態です。

葉っぱはよれよれ、根っこはスカスカ。
間違いなく枯れます。

オンシジウム(か?)の右隣にはデンドロもありました。
110625-R0012595
高芽出まくってますがww

転勤されたК△Å※さんと同じ部屋で勤めていたその方に、「洋ラン、やってんねんやったら復活させて!」と言われました。
え~と・・・、「やってません!」
けど、ここまでヨレヨレなら枯れても文句言われないか、とも思いました。
モン「ここまでヨレヨレだと、もう復活は無理っぽいですよ。だってコチョウラン、昨日買ったばっかりやもんw」
相手「でも、私よりも知識あるんやろ。私、何からやったらええんかさえわからん」
モン「う~ん・・・・」(だませるかもw)
相手「復活させて~な、お願いするわ」
・・・と、まぁこんな感じの会話で、ダメもとでやってみることになりました。

なんやろ、これ、カテゴリー「ベランダ緑化」と全然ちゃうねんけどw

コチョウランを植え替えました

2011年06月29日 05:36

2株600円で手を出してしまったファレノプシスコチョウランをようやく植え付けました。
昨日、人任せなSSB水槽を見て家に帰ってからの作業でした。
本を見ながらの作業でしたが、一応備忘録兼ねて記録しておきます。

花芽は下から3節を残してカットしました。
110629-01
伏し目狙いです。

水ゴケをほぐしてみましたが、状態が非常に悪いです。
110629-02
使えそうな根っこがほとんどなかったので、この株はダメかもしれません。

白くてスカスカだったり不健康っぽい根っこをカットしたら、ここまで↓小さくなってしまいました。
110629-03
う~ん、ホント無理な気がします。

使った鉢は3.5号鉢です。
110629-04
鉢底の穴が小さいので鉢底ネットは面倒なので使わず、直接発泡スチロールを敷いて、ギュッギュと詰め込みました。

一応それなりに見えますw
110629-05
このまま1週間は水をあげないで置いておくそうです。

ところで水ゴケって、カラカラに乾かした状態で使うのが正解なんでしょうか。
圧縮されて売られているタイプと、ふかふかで売られているタイプと2種類ありますよね。
小生が買ったはふかふかタイプでした。
よくわからんのでバケツに水を入れて、そこに水ゴケを入れて、巻き付ける分だけを絞って巻きました。
要するに、カラカラに乾いた状態ではなく、多少水気を拭くんだ状態で使ったわけです。
どなたか洋ラン、水ゴケに詳しい方がおられたらアドバイスを下さいm(_ _)m

もう1つの方の株ですが、おっと、こちらの方は根っこの状態が健康です!
110629-06
こちらは水ゴケをあまりほぐさずに手頃なサイズの鉢(おそらく4号かと)に鉢上げ感覚で植えました。

左がやや根っこ健康な方の株、右が「う~ん、どうかなぁ?」な株。
110629-07
あまり屋外に置きたくないですが、仕方ないので(あーさんが何をしでかすかわからんので)ベランダの比較的日陰な所に置いておくことにします。

プルメリア発根っぽい

2011年07月09日 17:15

職場に小さな畑があります。
この小さな畑で、以前はタマネギなんかを育てたこともありました。

今の様子です。
110709-R0012673
手前からキュウリ、トマト、ナス、ピーマン、オクラを育てているところです。

上の写真の右端に切れかかって写っているプランターですが、サツマイモを育てています。
110709-R0012675
両端のプランターには苗がそれぞれ3株、中央はガラ入れ袋(土のう袋?)1つに1株、入ってます。



さて、表題のプルメリアですが、どうやら鉢の中での発根がうまく行ったように感じられる発見をしました。

なんとなくに息吹を感じます。
110709-R0012679
特に中央のが元気な感じがします。

ちょっとアップで見てみても、やっぱり「来たかな?」って思えます。
110709-R0012676
挿し木をしたのが6月上旬ですから、やっぱりちょうど1ヶ月ってとこでしょうか。

ちなみにこれ↓が入手当時のの様子です(記事はコチラ
110530-R0012152
うむ、こうして見てみると、中央だけじゃなく外側のも調子あがってる感じがしますね。

このまま定着して、大きく育って、いつか開花を見たいです!
いや絶対に開花させたいです。

一方、コチラのファレノプシスは、葉焼けでしょうか・・・。
110709-R0012680
遮光ネットをしているんですが、やっぱり屋外管理は厳しいんでしょうか。

シェフレラ鉢上げ(?)

2011年07月10日 21:48

小生宅のベランダでは古株のシェフレラを、鉢上げするか、寄せなおすか、ずっと悩んでました。
一回り大きな鉢や支柱を入手し、どうするかずっと考えてました。

今日もベランダで考えてました。
110710-シェフレラ01
右から6号、8号、空の10号です。

8号のを10号に、6号のを空いた8号に・・・と考えていたんですが、最終的には6号のも8号のも一緒に10号にぶち込むことにしました。
シェフレラって、一つの鉢から2~3本ヒョロヒョロ~と伸びてる勝手なイメージもあったので(勝手すぎるw

まずは6号のを鉢から引っこ抜いてみました。
110710-シェフレラ02
まぁまぁ健全な根っこのようです。

続いて8号のも抜きました。
110710-シェフレラ03
こちらの方が更に健全に見えました。

しかしどちらの根っこもサークリング現象が起こってます。
ツイッタもしたんですが、このサークリング現象が起きない鉢がスリット鉢っ!なんですよね!

今回使用する土はPROTOLEAFって会社の観葉植物の土というヤツです。
110710-シェフレラ04
特にこの土の理由はなく、10号鉢やから12㍑くらいかと踏んで、パッケージが格好良いから選んだだけです。

6号のも8号のも絡みついた鉢底石を落として、ある程度根っこをほぐしました。
この辺りからえーさんが「手伝いたい」と言って、そばで助手をしてくれてました。
8号の方の根っこの一部がごぼうみたく立派なのを見て「立派な根っこやなぁ」と言うと、他にもあったごぼうライクな根っこを見て「立派やねぇ」と言ってましたw
うむ、頼もしい(・・・と、親バカまっしぐらw
10号鉢の底に鉢底石を軽く敷いて、先ほどの土を1/3ほど入れました。
小生が6号のと8号の古株を手で支えて、土を入れました。
ここから、助手の本領発揮です。

土を注ぎ込むのを手伝う、と言ってくれました。
110710-シェフレラ05
さて、どうなることやら!!

すまん、小生が土入れを用意してあげればよかったね・・・orz
110710-シェフレラ06
スコップじゃ、3歳児には難しかったねぇw

でも、えーさんの左腕などご覧の通り、腕も脚も服も土まみれになって入れてくれたおかげで寄せ植え(って言うの?)が立派に出来ました!
110710-シェフレラ07
目指すは2㍍クラスのシェフレラです!

スリット鉢ゲット!

2011年07月10日 23:09

つぶやきどおり、スリット鉢を買いに出掛けました(ピンは買えませんでしたorz
ま、その前にスリット鉢についてちょっとだけ紹介しておきます。
スリット鉢って言うのは兼弥産業という会社のすごい鉢(らしい)ですw
コチラをクリックすると一般の鉢とスリット鉢の根の張り方の違いがよく分かると思います。
他にもググってみるとすぐ分かると思います(コチラをどうぞ→「スリット鉢」)が、簡単に言うと、水はけがいいので根が自然に近い状態で育ち、水と酸素の供給がバッチリだってことだそうです。

ところがそんな素晴らしいスリット鉢、どこに行けば売ってるのか、全然わかりません。
大阪 スリット鉢 販売」とかでロボット検索かけてもヒットしません。
通販なら楽天やAmazonでも売られてるようですが、「実物を見てみたい」「100円前後の物に送料600円?」と合点がいきません。
いつものグリーンバレーにも置いてませんでした。
ふと思い出したのが、兵庫県の宝塚周辺の植木エリアです。
Webで行き着いたのが宝塚の朝日園というお店(?)だったんですが、HPを見てみるとどうも売ってる気配がありません(通販だけやってる?
そこからリンク先の陽春園を知りました。
ところが陽春園もHP上ではスリット鉢のことなどどこにも書かれてません。
う~ん、と思いましたが、それこそ「陽春園 スリット鉢」のググりで何か売られてそうな気配を感じ、狙いを定めて行くことにしました。

ま~、着いてビックリ!です。
広い!
広すぎます!!
久々、怒濤の店内写真でもお届けするとします。
ゲップが出ますよ、きっとw

駐車場です。
110710-陽春園01
まだまだ左側にも続いてまして、勿論駐車無料です。

いかにも!って感じの苗物のゾーンです。
110710-陽春園02
「やっぱいいなぁ、庭付き一戸建て欲しいなぁ」と軽くスルー。

植木ゾーンです。
110710-陽春園03
「やっぱいいなぁ、庭付き一戸建て欲しいなぁ」と我慢してスルー。

モデル庭園ゾーンです。
110710-陽春園04
さすがえーさん、食らいついたら放さない勢いで遊んでましたが、小生は「やっぱいいなぁ、庭付き一戸建て欲しいなぁ」と見て見ぬふりしてスルー。

資材売り場ゾーンには、山と積まれた素焼き鉢や培養土などが!!
110710-陽春園05
「やっぱいいなぁ、洋ラン用の温室付き一戸建て欲しいなぁ」と唾を飲み込んでスルー。

資材売り場の背後には喫茶店が用意されてました(2階が事務所
110710-陽春園06
妻が「ケーキがなんとかかんとか(後半は聞こえてないw」と言ってましたが、きっぱりスルー(「シフォンケーキが美味しそうだったけど、4時半で終わってた」だったそうです(^。^;)ホッ!

楽しくて店内をウロウロしていたら、やっぱり見つけてしまいました、盆栽!です。
110710-陽春園07
「本当は今日は養庄園に行って芽切りやなぁ。鋏、4000円かぁ」と気分が落ち込んできたのでスルー。

苗物のコーナーでは、異種なプルメリアがありました。
110710-陽春園でプル
「これ買いたいけど、お母ちゃん、怒るやろなぁ」と悩む間もなく「買いたいわあ」とつぶやくと、案の定「いくつ鉢を増やすんですか」とのレスポンスで、「やっぱ庭付き一戸建てしかないなぁ」と更に落ち込んできたのでスルー。

そこでふと見上げると、陽春園のシンボルツリーのメタセコイヤが!
110710-陽春園00
さすがに、こ・・・これはでかすぎて「庭付き一戸建て欲しいなぁ」とは思いませんでしたw

閑話休題。
スリット鉢です。

ありました、ありました、在庫豊富なスリット鉢が!!
110710-スリット01
まずは「これかぁ」と、いくつかの鉢を手に取り、ずっと眺め続けること15~20分。

ちなみに、鉢の前で20分じっとしている客は他には一人もいるわけがありませんでしたw
皆様、花や植木を吟味したり、店員さんと談笑したりと、優雅に見えましたw
ほいでもって、4鉢買うことにしました。

お店を出るとこんな↓看板が!
110710-山本の紹介
山本駅周辺って結構有名な植木の町っぽいですよ。

ゲップが出てきたので、とりあえず購入鉢の紹介だけしておきます。
110710-スリット02
左から5号(CSC-50)147円、5号深(CSM-150L)178円、6号(CSC-60)199円なり。

5号、5号深を比べると、容量は1.5㍑と1.9㍑となっていて、スリットの形状も違います。
110710-スリット03
5号浅の方が、見た目がシャープで格好良いでしょうか。

まず、なんでこのスリット鉢が欲しかったか、と言うと、一番はクリスマスローズを移植したかったからです。
水はけや根張りなど、クリスマスローズにスリット鉢がいいと聞き、ミーハーな気持ち丸出しですがねw
しかし、陽春園店内に置いてあったクリスマスローズは、綺麗にほとんどがスリット鉢に植えられてました。
で、実際店員さんに聞いたら「生産者もスリット鉢を使ってる人が多いです」とのことでした。
これで開花してほしいなぁ( TДT)

今朝のベランダだより

2011年07月30日 07:41

6月21日に植えたサツマイモが、ここまで立派に育ちました。
110730-R0012852
ベランダなので支柱を立てて麻ひもで誘引し、光量を補ってます。

コチラ↓はこの時(6/10)に買ったテラコッタ鉢に植えたデンドロの高芽です。
110730-R0012854
根付いてくれたら、高芽からの鉢分け成功となるはずなんですが・・・・(^_^; アハハ…

盆栽三姉妹(三兄弟?)です。
110730-R0012855
クロマツは早く芽切りをしなければなりません!!

前のup(7/9)からわずか二十日ほどですが、プルメリアが元気盛り盛りです!
110730-R0012856
葉っぱの展開は今までにありませんでした。

使い回しの写真ですが、これ↓が7月9日の時点です。
110709-R0012676

それからこれ↓が入手時(6/6)の時点です。
110530-R0012152

コチョウラン、ファレノプシスにも新展開でしょうか!?
110730-R0012857
青い丸で囲んだところは、伏芽ねらいで残しておいた花芽です。

寄って見てみると、オヤオヤ~w
110730-R0012858
手元にある本には、うまく行けばここから花か葉が展開されるとのことで、楽しみです。

今朝(もはや昨日の朝)のベランダだより

2011年08月21日 04:54

伏芽狙いで3節残したコチョウランですが、立派な脇芽が出てきました!
110821-R0013279
6月下旬に植え替えして、7月下旬にそれっぽいのが出てきて、今回の展開は嬉しい限りです!

いいことばかりじゃないのが、mongyブログですよね!
110821-R0013278
サツマイモがなんかしおれてますが!!

コチョウランはやる気あるみたいです

2011年09月17日 15:13

水槽と打って変わってコチョウランちゃんはやる気あるようです。

伏芽の所から出てきているのは花芽ではなく脇芽でしょうか?
110916-R0013339
もし脇芽だったら、株分けできるからこりゃラッキーですが・・・

立派な葉っぱが展開されているんですよね。
ファレノプシスに詳しい方、おられたらコレ教えて下さいm(_ _)m

株もとに目をやると、こちらも新しい根っこが3本出てきています!
110916-R0013338
元気もりもり感がありますねぇ!!

ベランダのサツマイモ

2011年10月15日 20:46

6月に植えたサツマイモですが、試し掘りしてみました(ち・・・小さいし・・・
111015-R0013617
途中まで小生がまさぐって、後はえーさんに抜いてもらいました。

手で探ってみた感じでは、さすがベランダ、ほとんど出てきていない感じでした(;´д`)トホホ

小さいですが、ラッピングしてレンジで1分半チンして、食べてみましたら、まぁ美味しい。
111015-R0013625
えーさんがあっと言う間に喰っちゃいました。

※明日はupできんかもしれんですから、今日、勢いで2つもupしちゃいましたとさ。

またしてもショボい収穫

2011年11月13日 11:14

6月21日に植えたサツマイモの収穫をしました。

・・・結果から申し上げますと、本当に情けないって感じでした(ま、当然ですね(;´д`)トホホ

一応、葉っぱがここまで展開してきたし、いいかなぁ?と思ってあーさんえーさんと3人で掘り起こしました。
111113-R0013938
株もとから切って、新聞紙の上に土ごとドバーと広げて芋探しです。

・・・結果は。











こ・・・これだけ・・・il||li_| ̄|○il||li
111113-R0013946
えーさんが持つ2個、あーさんが持つ1個・・・。

非常に悔しいんですが、えーさんが「ワーイワーイ」と喜んでくれる事がせめてもの救いでした。
す、すまん、えーさん、父ちゃんもっと勉強してまだまだ頑張るからな!
あーさんはなんで、よその方、向いてんの?w

-感じたこと-
・根っこの張り具合はいいかなぁ?と思ったんですが、なんとなく土が硬い感じがしました。
もっと砂っぽい土の方がいいのでしょうかね。

・それから、日当たりは当然マンションのベランダですから悪いんですが、そう考えるともう少し収穫を後にしても良かったのかもしれません。

・土の量(プランターの大きさ)に対して、株が多すぎたかもしれません。
ジャガイモの収穫体験とか畑の畝では一つの株から広範囲にかけてイモを収穫した記憶があります。
来年はでっかいプランターに対して株1つでやってみるのもありかと思っています。



ちなみに4月に蒔いたニンジンの方も全然アカン結果でした。

シャーペン以下(゚〇゚;)グェッ
111113-R0013950
花、野菜、水草、レッドビー、どれもこれも難しいものばかりです・・・orz

プルメリアと洋ラン関係を部屋に入れました

2011年12月19日 21:36

mongy家は、なかなか流行とかに疎い一家でして、今頃になって食べるラー油シリーズを楽しんでますw
111219-R0014330
先日、妻がふと興味を持ったらしく買ってみたら、小生がえらく気に入ってしまったというわけですw

さて、ベランダに置いてある植物ですが、週末にいくつかを屋内に入れました(かなり遅いんですが・・・orz
111219-R0014332
プルメリアと洋ラン関係ですが、ち~とどれもやばい雰囲気プンプンします(;´д`)トホホ

プルメリア冬眠!?

2011年12月27日 23:28

ついに葉っぱが全部落ちてしまいました。
111225-R0014409
冬眠ならいいんですが、お仕舞いだったらどうしよう・・・orz



根茎から再出発をかけたミクロソが育ち、ついに獅子葉まで出てきたウィンドナローKですが、すっかり獅子葉が一人前に!
111226-R0014436
ついでに、21日にぶっかけた竹酢液のおかげか、溶岩石にまとわりついていた黒ヒゲもかなり駆除できました。

そこで・・・。
111226-R0014439
次のターゲット黒ヒゲは、この↑ムラウィに付いてる黒ヒゲをロックオン!

今回は、竹酢液をスプレーでかけた後、すぐに水中に戻さずに暫く(2~3分)おいてから水中へ入れました。
111226-R0014443
暫くおいたからか、赤くなるまでの時間が短かったような気がしました。

デンドロビウムの蕾

2012年01月29日 18:21

改めて洋ランは難しいです。
ファレノプシス、通称コチョウランは2株とも、もう末期的です。
デンドロビウムも1株を残して、壊滅的です。
まぁ、その残り1株もじり貧ですけど。

これ↓がその残りの1株なんですが、そんな中でも(つぼみ)をつけてくれてるんですねぇ!
120129-R0014810
いや~、可愛いヤツです、ハイ、愛おしいヤツです、ハイ~(^-^)

ちょっと振り返ってみるに、水ゴケよりも洋ラン用の培養土系で管理する方がいい感じがします。
水ゴケで管理している株は、要するに小生みたいな素人には水の量の管理などが非常に難しい、と。
どっかで時間でも作って、瀕死の連中を培養土に植え替えた方がいいかな。

新芽とあきら芽(諦め)

2012年02月13日 10:31

いや~添い寝しちゃって、昨日のupができませんでしたm(_ _)m



これ↓、何芽やと思います?
120212-R0015096
花芽だったら、めちゃ嬉しいけど・・・・、違うんやろうなぁ(自信ありません

こっちはまだ自信ありますよ!
120212-R0015097
デンドロに新バルブが見えました!!

諦めモードなのは、こちらのコチョウランです。
120212-R0015100
これは終焉と言って良いかと思います。

コチョウランは終わりでいいんですが、今回のコチョウラン育成でいくつか感じたことを書き残しておきます。
本とかを読むと、水ゴケが一番管理しやすいと書かれてます。
しかし、水草育成と同じで一度自分でやってみないと何もわからないんだと思いました(水草育成も全然ですけど・・・orz
と申しますのは、現在そこそこで育っている洋ランは、砂利系デンドロだけだからです。
マンションのベランダという環境、東向きとは言え午前の前半しか陽があたりません。
鉢内の水はけを考えたら、水ゴケよりも砂利系の方が向いていると感じました。
水ゴケは硬く埋め込むと水はけが良くなり、柔らかく埋めると水はけが悪くなる、保肥力もあって万能選手だと本に書かれてます。
けど、それは玄人が扱った時の場合なんじゃないでしょうか。
小生の様に、硬さがどれくらいか?が分からない素人は砂利系で攻めた方が無難な気がします。
株分けした水ゴケ植えデンドロ、水ゴケ植えコチョウランは終わりました。
水ゴケ植えコチョウランもやや硬めに植えた方が長持ちしたようです。
高芽だけを水ゴケに1本ずつ入れたデンドロは、今は枯れてはいませんが、この先どうなるかわかりません。
mongy家ベランダでの洋ラン育成に関しては水はけ優先で考えた方がいいような気がします。
今度激安でコチョウランが売られていたら、砂利系に植えてみようかと思いました。

デンドロ開花~2012

2012年02月19日 09:00

デンドロビウムの開花、2010年は2月18日2011年は5月24日、今年2012年は2月17日の開花でした(撮影は昨日
120218-R0015154
mongy家に久々に花が咲きました。

クリローは・・・・、これは・・・・、花芽じゃなく普通の新芽っぽい嫌な予感がします。
120218-R0015156
ううう・・・il||li_| ̄|○il||li

3.11だからこそ

2012年03月11日 10:59

今日は多くの意味を持っている3月11日です。
きっとあちこちでいろいろな話題やコメントが上がると思います。
ですが、小生としてはあっさりと明るい日記のupだけにしておきたいと思います。

明るい話題とは、実はクリスマス・ローズのことです。
デンドロの開花の今年分は以前にもお伝えしたように順調です。
クリスマス・ローズに出た新芽は何芽なのか?普通の新芽か?というのを以前upしました。
王虎さん、どうやら、王虎さんの仰ったとおりになってきましたよ!!

ジャジャ~ン!
120311-RIMG5230
花芽ですねぇ、これは!

密かに見えます花びらの色を見る限り、渋い紫というか茶色というか、ダーク系な色のようです!!
120311-RIMG5234
大人な雰囲気満タンな花が咲けば嬉しいな!

最後に鉢と株、葉っぱや花芽の大きさ比較ですけど、えらい花、小さいんですね。
120311-RIMG5233
こんなもんなんでしょうかw

3.11だからこそ、ちょっと明るい話題でup、頑張ってみました。

プルメリアの春

2012年04月17日 03:00

去年の暮れ12月27日にすべての葉っぱが落ちて冬眠状態に入ったプルメリアに変化が見られます。
120417-R0015355
この写真↑でもわかりますが、寄ってみます。

春ですねぇ、新芽が来ました!!
120417-R0015354
過去のプルメリア関係の日記はコチラです。

こちら↓はカトレアです。
120417-R0015353
洋ラン下手な小生が、行きつけのお店の店長が増やされた株を一つ、お裾分けで頂きました。

咲かせてみたい!

デンドロの株分けを悩む

2012年06月03日 21:28

とりあえず6月ですね。
最近、悩んでるのが、デンドロの株分けについてです。

これ↓が現在のデンドロ鉢の状態です。
120603-R0015488
ちょっと混み合ってきている気がするんですが、比較対象がないので、よくわかりません。

上から見るとこんな感じです。
120603-R0015489
新バルブは3本、これから来そうなのが2本ほどあります。

この週末、子らと遊んでる隙間で、分けるなら3株かなぁ?なんて考えてました。
問題は分けた先の鉢と植え込み材の組み合わせです。
現在は釉薬のかかった焼き鉢に砂利系で一応順調に来てます。
一応というのは、一応開花はするけど、葉っぱや茎につややはり、元気があんまり無いからです。
一度、釉薬付き焼き鉢と砂利系、プラ鉢と砂利系とに株分けしてどちらも一応枯らさずに来ました。
調子に乗って、素焼き鉢と水ゴケの組み合わせをして枯らしてしまってます。
もし3株に分けるとしたら、さきの素焼き鉢を使うことになります。
素焼き鉢は駄音鉢ではなく、テラコッタ風なやつです。
さて、この素焼き鉢に、砂利系を入れるか、水ゴケで行くか、ここが悩みどころです。
このデンドロは妻の、いつぞやの退職祝いの株なので、枯らすわけにはいきません。
小生の所のマンションという周辺環境からだと、やはり釉薬鉢と砂利の組み合わせがいいのか?
それとも、水ゴケをガチガチに入れて(乾きやすくして)素焼き鉢に挑戦か?

花と蕾でワクワク

2012年06月04日 17:00

なかなか更新できないだろうから、予約更新で昨日のベランダ事情の続きです。

ゼラニウムが今年も咲いてます。
120603-R0015495
なんとも丈夫な品種ですね。

となりを見下ろすと、ようやく!待ちに待った!クチナシの蕾が来ました!
120603-R0015493
こんなかわいい蕾が4~5は見られます!

あああ、プルメリアが咲くまでこのクチナシ(ガルディニア)でハワイ気分を我慢じゃ!
ところで予約投稿ですが、今夜(4日)は月食、見れるんやろか?


更新情報


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。